はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

三遊亭小圓朝

「権助提灯」という噺

6ce27971『権助提灯』
今回はこの噺です。風が強い晩の噺ということですが、朝が明けるのが早いということもあり、秋口の台風が近づいている夜と考えることも出来ると考え、取り上げる事にしました。
「悋気の提灯」という別名でも呼ばれてるようです

【原話】
かなり古い噺で出処は良く判っていませんが初代圓遊師や遊三師の速記が残っています。

【ストーリー】
 さるご大家の旦那ですが、妾を囲っているのですが、お内儀さんがいたって物分かりがよく、
またお妾の方も本妻を立てるので、家内は円満で、だんなは本宅と妾宅に交互にお泊り
という、大変にうらやましい環境です。(一見w)
 ある夜、旦那が本宅に帰ると、お内儀さんが、
「今夜は火のもとが心配だから、あちらに行っておやりなさい」
と言うので、旦那はその言葉に甘えて、飯炊きの権助に提灯を付けさせて供をさせ、
妾宅に引き返しました。
 するとお妾の方でも、本妻に義理を立てて、お内儀さんに済まないから今夜は帰ってくれと、言うのです。
またも本宅へ引き返すと、お内儀さんが承知せず、こうして何度も本宅と妾宅を行ったり来たりするうち、提灯の火が消えました。

「おい、権助、提灯に火を入れな」
「それには及ばねえ。もう夜が明けちまっただ」

【演者】
三代目小圓朝師や六代目圓生師など色々な噺家さんが演じています。
今でも寄席などで良く聴く事が出来ます。

【注目点】
落語に出て来る、権助、ですが、特に飯炊き専門に雇われた男の総称で地方出身の商家の使用人の総称です。
落語の田舎言葉は架空のもので、何処の地方だか特定出来ない様になってます。
権助も田舎に帰れば地方の有力者の次男三男ということもありました。

『能書』
江戸時代には、妾を商売とする女性もいたそうです。
享保あらいから、江戸でも武士・町人・僧侶など、階級を問わず、富裕な者は妾を持つことが一般化しました。
安政大地震(1855)以後、下級武士や町家の娘が、生活の助けに妾として身を売るケースが増え、
今で言う契約愛人が成り立つようになったそうです。
愛人契約にも、さまざまなオプションがありました。安囲いといい、一月または二月契約で、
月二〜五両の手当ての者は、旦那が通ってくる日数まで、契約で決まっていたそうです。
中には複数の女性を同じ所に住まわせていた者もいたそうです。

『ネタ』
三代目小圓朝師は放送の録音でこの噺を収録したそうですが、うっかり妾の方の家でサゲてしまった事があるそうです。気がついた時は後の祭りだったとか。

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!

皆様、あけましておめでとう御座います。本年も宜しくお願い致します。
と言う事で、お目出度い噺を。

837cca0f今日は「一目上がり」です。この噺は別名「七福神」とも言われています。

隠居の家に年始の挨拶に訪れた八五郎。
建て増しをした部屋を見せてもらうと、書や色紙が掛けてありまる。
誉め方を知らない八五郎に隠居は「これはいい賛(さん)ですな」といって誉めれば周りが尊敬してくれると教えてくれました。

早速大家のところに行って試してみるが、賛ではなく詩(し)だという。
続いて医者の先生のところに行っていい詩だと誉めると「これは一休禅師の悟(ご)」だと言われます。
さん・し・ごと来たから次は六だと先回りをしてみたのたが、芳公のところで一本しかない掛け軸が出ました。
「賑やかな絵だな。男の中に女が一人混じっているが、間違いはないだろうな。」「バカ言うなよ」。
「なんて書いてあるんだ」、「上から読んでも、下から読んでも同じめでたい文なのだ。”ながき夜の とをの眠りの みなめざめ 波のり舟の 音のよきかな”」。「結構な六だな」と言うと「いいや、これは七福神の宝船だ」。

ここでは七までで終わっていますが、そのあと芭蕉の掛け軸を「結構な八で」と誉めると「いや、これは芭蕉の句(九)だ」と続くやり方もあります。

文字で表してしまうと賛・詩・悟・句と明白ですが、そこを話芸で聴かせるのが落語の面白いところですね。
いかにも「落語らしい落語」で、しかもおめでたい噺なので、初席等によく掛かります。続きを読む

お正月しか聴けない噺?

今日は「一目上がり」です。
この噺も今やらないと時期が無くなりますのでね。

shichihukujinこの噺は別名「七福神」とも言われています。
隠居の家に年始の挨拶に訪れた八五郎。
建て増しをした部屋を見せてもらうと、書や色紙が掛けてあります。
誉め方を知らない八五郎に隠居は「これはいい賛(さん)ですな」といって誉めれば周りが尊敬してくれると教えてくれました。

早速大家のところに行って試してみるが、賛ではなく詩(し)だという。
続いて医者の先生のところに行っていい詩だと誉めると「これは一休禅師の悟(ご)」だと言われます。
さん・し・ごと来たから次は六だと先回りをしてみたのたが、芳公のところで一本しかない掛け軸が出ました。
「賑やかな絵だな。男の中に女が一人混じっているが、間違いはないだろうな。」「バカ言うなよ」。
「なんて書いてあるんだ」、「上から読んでも、下から読んでも同じめでたい文なのだ。”ながき夜の とをの眠りの みなめざめ 波のり舟の 音のよきかな”」。「結構な六だな」と言うと「いいや、これは七福神の宝船だ」。

ここでは七までで終わっていますが、そのあと芭蕉の掛け軸を「結構な八で」と誉めると「いや、これは芭蕉の句(九)だ」と続くやり方もあります。

文字で表してしまうと賛・詩・悟・句と明白ですが、そこを話芸で聴かせるのが落語の面白いところですね。
いかにも「落語らしい落語」で、しかもおめでたい噺なので、初席等によく掛かります。続きを読む

お正月しか聴けない噺?

shichihukujin今日は「一目上がり」です。
この噺は別名「七福神」とも言われています。
隠居の家に年始の挨拶に訪れた八五郎。
建て増しをした部屋を見せてもらうと、書や色紙が掛けてありまる。
誉め方を知らない八五郎に隠居は「これはいい賛(さん)ですな」といって誉めれば周りが尊敬してくれると教えてくれました。

早速大家のところに行って試してみるが、賛ではなく詩(し)だという。
続いて医者の先生のところに行っていい詩だと誉めると「これは一休禅師の悟(ご)」だと言われます。
さん・し・ごと来たから次は六だと先回りをしてみたのたが、芳公のところで一本しかない掛け軸が出ました。
「賑やかな絵だな。男の中に女が一人混じっているが、間違いはないだろうな。」「バカ言うなよ」。
「なんて書いてあるんだ」、「上から読んでも、下から読んでも同じめでたい文なのだ。”ながき夜の とをの眠りの みなめざめ 波のり舟の 音のよきかな”」。「結構な六だな」と言うと「いいや、これは七福神の宝船だ」。

ここでは七までで終わっていますが、そのあと芭蕉の掛け軸を「結構な八で」と誉めると「いや、これは芭蕉の句(九)だ」と続くやり方もあります。

文字で表してしまうと賛・詩・悟・句と明白ですが、そこを話芸で聴かせるのが落語の面白いところですね。
いかにも「落語らしい落語」で、しかもおめでたい噺なので、初席等によく掛かります。続きを読む

あまり縁起ばかり担いでもねえ・・・

yume今日は七草なので、「七福神(かつぎや)」です。

原典は、寛永5(1628)年刊の安楽庵策伝著「醒睡笑」巻一の、「祝ひ過ぎるも異なもの」と題した一連の小咄とみられます。
古くは、円朝師の速記もあります。明治22年の二代目柳家小さん師の速記では「かつぎや五平」と題していますが、これは、「御幣かつぎ(=縁起かつぎ)」のシャレでしょう。
上方では「正月丁稚」と言います。

呉服屋の五兵衛だんなは、大変な縁起かつぎ。正月元旦ともなると、縁起かつぎもすさまじいです。
下働きの清蔵を呼ぶと「まずは井戸神様にダイダイを入れて和歌を供えて若水を汲んでおくれ」と言いつけ和歌を教えます。
「新玉の 年とちかえる あしたより 若柳水を 汲み初めにけり。これはわざっと お年玉。」こう教えられた清蔵は、「目の玉の でんぐり返る あしたより 末期の水を 汲み初めにけり。 これは、わざっとお人魂。」とやらかす。
怒った五兵衛は清蔵にクビを言い渡す。清蔵は「ついでだから後9日置いてれ、丁度35日になるから・・・」。
庭に降りて頭を下げる清蔵に、五兵衛が「お前は何をしてるんだ。」と聞くと、「草葉の陰から手を合わせている。」

 早桶屋の白兵衛がやってきた。「正月はそんなにめでたくはないよ、一休さんも『門松は 冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし』と言ってる」。縁起の悪い事をさんざん言って、歌を唄った「五兵衛さんの家の周りを福の神が取り巻いた」。
機嫌を直したが、これには下の句があるという「これじゃぁ〜、貧乏神が出られない〜」。
 店の者とお雑煮を食べ始めると餅の中から釘が出た。「旦那、縁起がいいです。餅の中からカネが出たので金持ちになります」。
小遣いを増やしてもらう定どんに清蔵は「身代は持ちかねる」と悪態をついた。

 さて、そうこうするうち、二日の晩、お宝船売りがやってくる。
番頭に声をかけさせ、お宝船売りを呼び込むと、一枚四(し)文、十枚で四十(しじゅう)文というので、縁起でもないといって追い返す。
 次にやってきた宝船売りに番頭が、「うちの旦那は大変な縁起かつぎだから…。」と言って入れ知恵をする。宝船売りは、店に入るやいなや、「お宝の入り船です」と言う。
五兵衛は喜んで、全部買うという。「何枚あるんだ」と聞くと、「へい、旦那の年ほどもございます。」
「何枚だ。」「千万枚でございます。」
 五兵衛は、縁起がいいと大喜び、しかも酒をを勧めると「亀の子のように・・・」。酒を注ぐと「黄金色のよう・・・」。「こんなイイ酒で酔うと宝船に乗っているようだ」
喜んだ五兵衛さん、いつでも遊びにおいで、で、何処に住んでいますか。「本郷の蓬莱町にいましたが浅草寿町に、そこから下谷の長者町に移りましたが、それ以上引越させないでください」
その都度ご祝儀をはずんでもらい、反物までもらった。
 宝船売りは、ご機嫌になり「旦那の姿は大黒様、美しいお嬢様は弁天様。七福神がお揃いで、おめでとうございます」と帰りかけた。五兵衛が「それじゃぁ、二福じゃないか。」と言うと、「いいえ、それでよろしいのです。ご商売が、呉服(五福)でございます。」

江戸には古くから、元旦には箒(ほうき)を持たない(=掃除をしない)慣習がありました。
明和2(1765)年刊のの「川柳評万句合勝句刷」に「箒持つ下女は叱られはじめをし」とあります。

その昔は正月になると、宝船売りが、七福神の乗った船の図に、廻文歌
「長き夜のとをのねぶりの皆目覚め波のりぶねの音のよきかな」を書き添えた刷り物を売り歩きました。
上から読んでも下から読んでも同じですね。
正月二日の夜、これを枕の下に引き、吉夢の初夢を見るようにとのまじないでした。


続きを読む
月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

hajime

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ