はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

三遊亭圓遊

「堀の内」と言う噺

99dd89c506ef8a680f11903b1d772320ここの所、体調は崩すわ、仕事以外の用事が重なるわで更新できずにいました。お詫び申し上げます。
で、今日は、兎に角笑って貰おうと「堀の内」を取り上げました。

古くからある噺で、大元は宝暦2年(1752)刊の笑話本「軽口福徳利」や寛政10(1798)年刊「無事志有意」等にも見られます。上方では「いらちの愛宕詣り」と言いまして「いらち」とは「あわてもの」の意味です。

下駄と草履を片っ方ずつ履いて、足の長さが変わったと騒ぐあわて者が、お祖師様に願をかけると粗忽が治ると聞いて歩いてお参りに行くことにし、カミさんに弁当を作って貰い、お賽銭も用意して出掛けます。
 しばらく歩いて、お祖師様は何処かと聞くと、ここは両国だ、神田から来たならまるで反対だと教えられ、
やっとのことでお祖師様に着いて賽銭を投げ入れたが、財布ごと投げて一文無しに。弁当を食べようと広げてみるとカミさんの腰巻きで包んだ枕と言う有様。
 家に辿り着いて文句を言うと、なんと隣の家。
伜の金坊を連れて湯に行けと言われ、おぶってやろう、やけに重いな、あたしだよ。
 子供をおぶって歩いていると、おとっつぁん湯屋を通り過ぎたよ。湯に浸かって尻を掻いても感じないと思ったら、隣の男が誰だい人の尻をいじっているのは、という始末。
 伜の背中を流してやろう、やけに広い背中だな。おとっつぁん、風呂場の腰板だよ。

十代目文治師は「あわてもの」の題でお詣り先を浅草の浅草寺として話していました。
もうね、伸治時代の爆笑編が忘れられません。
可笑しくて、可笑しくて、本当にお腹かが痛くなりました。
文治になってからは落ち着いて仕舞いましたね。

上方は噺の筋そのものが違っていて、前半は東京と少し違っていて、
いらちの喜六が京の愛宕山へ参詣に行くのに、正反対の北野天満宮に着いてしまったりのドタバタの後、
賽銭は三文だけあげるようにと女房に言い含められたのに、間違えて三文残して
あと全部やってしまう、というように細かくなっています。
最後は女房に「不調法いたしました」と謝るところで終わらせます。

堀の内と言うのは、現・東京都杉並区堀の内3丁目の日円山妙法寺の事で、日蓮宗の名刹で、
「お祖師さま」と古くから云われ、江戸っ子は「おそっさま」と言います。

湯に行く途中に間違えて八百屋に入り、着物を脱いでしまうくすぐりや朝起きて、笊で水を汲んだり、猫で顔を拭いたり、電柱に挨拶したり、ストーリーにあまり関係ないを入れることもあります。
伸縮自在なので、時間がないときにはサゲまでいかず、途中で切ることもよくあります。
ですから今でも寄席でよく掛かる演目の一つです。

※……アクセス解析に表示されない怪しいコメントは削除させて戴きます。続きを読む

一晩中歩かされた男

05-a0e8dここの処、仕事に追われて更新出来ませんでした。この後も多分更新が滞りがちになると思います。すいません。
で、今日は今日は「権助提灯」です。「悋気の提灯」という別名でも呼ばれてるようです

さるご大家の旦那ですが、妾を囲っているのですが、お内儀さんがいたって物分かりがよく、
またお妾の方も本妻を立てるので、家内は円満で、だんなは本宅と妾宅に交互にお泊り
という、大変にうらやましい環境です。(一見w)

ある夜、旦那が本宅に帰ると、お内儀さんが、
「今夜は火のもとが心配だから、あちらに行っておやりなさい」
と言うので、旦那はその言葉に甘えて、飯炊きの権助に提灯を付けさせて供をさせ、
妾宅に引き返しました。

するとお妾の方でも、本妻に義理を立てて、お内儀さんに済まないから今夜は帰ってくれ
と、言うのです。
またも本宅へ引き返すと、お内儀さんが承知せず、
こうして何度も本宅と妾宅を行ったり来たりするうち、
提灯の火が消えました。

「おい、権助、提灯に火を入れな」
「それには及ばねえ。もう夜が明けちまっただ」

落語に出て来る、権助、ですが、特に飯炊き専門に雇われた男の総称で地方出身の商家の使用人の総称です。
落語の田舎言葉は架空のもので、何処の地方だか特定出来ない様になってます。

江戸時代には、妾を商売とする女性もいたそうです。
享保あらいから、江戸でも武士・町人・僧侶など、階級を問わず、富裕な者は妾を持つことが一般化しました。
安政大地震(1855)以後、下級武士や町家の娘が、生活の助けに妾として身を売るケースが増え、
今で言う契約愛人が成り立つようになったそうです。
愛人契約にも、さまざまなオプションがありました。安囲いといい、一月または二月契約で、
月二〜五両の手当ての者は、旦那が通ってくる日数まで、契約で決まっていたそうです。
中には複数の女性を同じ所に住まわせていた者もいたそうです。
え?羨ましい!・・・う〜ん最近はそうは思わなくなりましたね(^^)



続きを読む

風の強い晩は羽も伸ばせない

b0017215_1994737今日は「味噌蔵」です。
少し時期が早いかもしれませんが、冬の噺なので・・・

驚異的なしみったれで名高い、味噌屋の主人の吝嗇(しわい)屋ケチ兵衛さん。
嫁などもらって、まして子供ができれば経費がかかってしかたがないと、いまだに独り身。

心配した親類一同が、どうしてもお内儀さんを持たないなら、今後一切付き合いを断る、商売の取引もしない
と脅したので、泣く泣く嫁を取りました。
赤ん坊ができるのが嫌さに、婚礼の晩から新妻を二階に上げっぱなしで、自分は冬の最中だというのに、
薄っぺらい掛け蒲団一枚で震えながら寝ります。
が、どうにもがまんできなくなり、二階の嫁さんのところに温まりに通ったのが運の尽き。
たちまち腹の中に、その温まりの塊ができてしまいました。

 妊娠した嫁を里に返し、出産費用を節約する等をして節約します。
やがて男の子が生まれ、嫁の里に行くことになりました。
火の始末にはくれぐれも注意し、貰い火を受けたら味噌で目張りをしてでも、財産の味噌蔵だけは
守るようにと言い残して出掛けます。

旦那が泊まりの隙に、帳簿をごまかして宴会をやろうと皆で番頭に言って、刺身や寿司などを取り寄せます。
近所の豆腐屋には、冷めると不味いから、焼けた順に少しずつ持って来るように味噌焼き田楽を注文します。

 宴たけなわの所へ、旦那が戻って来たからたまりません。カンカンに怒り、全員生涯無給で奉公させると言い、酔っ払いを寝かせます。
 そこへドンドンと戸を叩く音。外から「焼けて来ました」の声。「え、火事だよ、どこだい」「横町の豆腐屋です四、五丁焼けましたが、あとどんどん参ります」驚いて旦那が戸を開けると、プーンと味噌の焼ける匂い。
「こりゃいかん、味噌蔵に火が入った」

田楽 は、中世の田楽法師が、サオの上で踊る形に似ているところから。
武士が大小を差した姿を「田楽串」、槍でくし刺しになるのを「田楽刺し」といいました。
どちらもその形状からです。
室町時代からあったといわれ、朝廷では、大晦日のすす払いの日に田楽を酒の肴にする習慣がありました。
「寄合酒」(ん回し)にも登場しますね。でもあちらは冷めてると思いますが・・・

この噺は三代目三木助師が有名ですね。噺の中に現代的なクスグリを入れて、受けました
噺の中で、火事の時、味噌で蔵に目塗りをすると言う下りですが、非常時には実際あったそうです。
最も後でそれを剥がしてオカズにする事は無かったそうですが・・・当たり前ですね。(^^)

口うるさい上司にその言うことを聞かなければならない部下という風に設定を置き換えて聞けば、身にしみて感じる人も多いかも知れませんね。
日頃の鬱憤を晴らす部下の抵抗は、どの時代にでもあったと言う事ですね。続きを読む

妙法寺に行こう!

99dd89c506ef8a680f11903b1d772320今日は「堀の内」です。

古くからある噺で、元は宝暦2年(1752)刊の笑話本「軽口福徳利」や寛政10(1798)年刊「無事志有意」等にも見られます。
上方では「いらちの愛宕詣り」と言いまして「いらち」とは「あわてもの」の意味です。

噺は病気の様な粗忽者がなんとか直そうと、堀の内のお祖師様に歩いてお参りに行くという噺です。
まあ、その慌てモノぶりが半端ではありません。
「粗忽の釘」の亭主といい勝負かも知れません。もしかしたら本人か?
ちなみに、江戸っ子は「おそっさま」と言います。

このお祖師様こと妙法寺ですが、正式には「厄よけ祖師 堀之内 妙法寺」というそうです。
山号寺号は、日円山妙法寺となります。
何でも由来は、1261年(弘長元年)、日蓮聖人が伊豆に流された時のこと。
お供を許されなかった弟子の日朗上人が、師を慕って像を彫りました。
2年後に戻った日蓮聖人が、その像に魂を入れたのですが、その時、聖人が42歳の厄年だったので、
像は「厄よけ祖師(日蓮大菩薩(ぼさつ))」といわれるようになった、と伝えられています。
今は、妙法寺の祖師堂の厨子(ずし)にまつられており、境内に入るだけで厄よけになるという、有り難さです。

今の住所は、東京都 杉並区堀ノ内3の48の8ですね。環七に面しています。
20101026-330422-1-Lこの地図に「清水屋」と書いてありますが、この店は揚げ饅頭が有名です。
注文してから揚げてくれるので、熱々が食べられます。つぶあん、こしあんが各130円、カボチャあん150円
妙法寺に行きましたら是非!

十代目文治師は「あわてもの」の題でお詣り先を浅草の浅草寺として話していました。
もうね、伸治時代の爆笑編が忘れられません。
可笑しくて、可笑しくて、本当にお腹かが痛くなりました。
文治になってからは落ち着いて仕舞いましたね。
やはり上り坂が一番良いのでしょうかねえ。

上方は噺の筋そのものが違っていて、前半は東京と少し違っていて、
いらちの喜六が京の愛宕山へ参詣に行くのに、正反対の北野天満宮に着いてしまったりのドタバタの後、
賽銭は三文だけあげるようにと女房に言い含められたのに、間違えて三文残して
あと全部やってしまう、というように細かくなっています。
最後は女房に「不調法いたしました」と謝るところで終わらせます。

湯に行く途中に間違えて八百屋に入り、着物を脱いでしまうくすぐりや朝起きて、笊で水を汲んだり、猫で顔を拭いたり、電柱に挨拶したり、ストーリーにあまり関係ないを入れることもあります。
伸縮自在なので、時間がないときにはサゲまでいかず、途中で切ることもよくあります。
ですから今でも寄席でよく掛かる演目の一つです。
続きを読む

ちゃんと練習しておきましょうね!

38120-1今日は目立たい様で不思議な噺「松竹梅」です。

原話は、初代三笑亭可楽が出版した「江戸自慢」の一遍である「春の花むこ」とも、初代松富久亭松竹師の作とも言われています。
元々は上方落語の演目で、明治30年ごろに4代目柳亭左楽師が東京に移植したと言われてます。

松五郎、梅吉、竹蔵という出入りの三人が、「名前がめでたい」と言う理由で店のお嬢さまの婚礼に招かれました。
ところが、三人とも、どうして良いか解らず、隠居の処に教わりに行きます。

隠居は、「ただ飲み食いするだけじゃ失礼だ」といい、何か余興をやってあげたらどうかと勧めます。
「例えば、こんなのはどうだ。挨拶をしたら、三人並んでぱっと扇子を広げ、まず松さんが『なったあ、なったあ、蛇になった、当家の婿殿蛇になった』。次に竹さんが『なに蛇になあられた』。最後に梅さんが『長者になぁられた』」
と演ればめでたくて良いし、喜ばれると云うので、早速練習をしますが、上手く行きません。

何とか言える様になりましたが、梅さんは「そんなの出来る」と言って練習しませんでした。
そしてイザ婚礼の段になりまして、松さんと竹さんは何とか切り抜けたが、肝心の梅吉が案の定、言葉を忘れて固まってしまいまい、しどろもどろです。
「風邪……いや番茶……大蛇……」と、とんでもないことを言いだし、その都度やり直しです。
とうとう最後に「何の蛇になあられた」
「亡者になあられた」とやって仕舞いました。

三人が隠居に報告に来て「これこれで、開き損なっちまいまして」
「ふーん、えらいことを言ったな。それで梅さんはどうしてる」
「決まり悪そうにグルグル回って、床の間に飛び込んで、
隅の方で小さくなってしおれてました」
「ああ、それは心配ない!梅さんはそのうち、お開きとなって帰るだろう」

大抵は亡者の下りで切って仕舞います。下げまでは余りやりませんね。
この演目はかっては、芸協の柳橋先生の十八番で、謡を稽古する場面はクスグリが炸裂して、飄々とした感じでありながら爆笑ものだったそうです。

今でも寄席で多く掛かりますが、ちゃんと下げまで演じて欲しいです。

続きを読む
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ