はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:三遊亭圓生

皆様には色々とご心配をおかけして申し訳ありません。何とか更新してみました。そこで今日は「お化け長屋」です。 「原話」 江戸後期の滑稽本作者、滝亭鯉丈が文政6年(1823)に出版した「和合人」初編の一部をもとにして、自ら作った噺とされます。 上方落語では、「借家怪談…
>>続きを読む

実は体調が悪くタイピングもうまく出来ない状態です。記事の内容は以前のものを踏襲しました。その点は申し訳ありません。 という訳で梅雨は明けませんがこの噺です! 『唐茄子屋政談』 今日は夏の人情噺の傑作です。好きな噺です。 【原話】 古い噺で、講釈からの落語にな…
>>続きを読む

『紙入れ』  え〜令和最初の噺がバレ噺という、何とも落語らしいブログですね。 【原話】 原話は安永三年の「豆談義」に収録されている「かみいれ」で昔からこの手の話はあると言う言う事ですね。 【ストーリー】 貸本屋の新吉は出入り先のおかみさんに誘惑され、旦那の留…
>>続きを読む

『百川』  やっと良い陽気になってきました。春盛りですが、噺の方ではこんなのも良いのではないかと思い取り上げました。 今日は、CM落語の原点ともいう噺の「百川」(ももかわ)です。 【原話】 実在の江戸懐石料理の名店・百川が宣伝のため、実際に店で起こった事件を落…
>>続きを読む

『三人旅』 今日は旅の噺です。春の噺だと思うのですが……。 【原話】 上方落語の「東の旅」「西の旅」シリーズに相当する、江戸っ子の「三人旅」シリーズです。 記録的には十返舎一九の「東海道中膝栗毛」が出た後から、旅ものの滑稽噺が語られるようになったそうです。上…
>>続きを読む