はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

三遊亭圓生

「夏の医者」は腹に障る?

ff0c420c『夏の医者』
今日は真夏に相応しいお噺です。
私なんか、これはもう圓生師以外考えられないのですが、上方の方は枝雀師なんでしょうね。残された動画を見ると、あのパワフルさは「夏の医者」とも思えぬ程ですね。

【原話】
原話は、明和2年(1765年)に出版された笑話本・「軽口独狂言」の一遍である『蛇(うわばみ)の毒あたり』だそうです

【ストーリー】
ある暑い夏の日に、鹿島村の勘太もダウンしたのか、ご飯を茶碗に七、八杯しか食べることが出来ないと言う。「もう歳だから」と息子が心配していると、見舞いに来たおじさんが「隣の一本松村の玄伯先生に往診してもらえば」と言う。
それを聞いた息子はおじさんに留守を頼み、ばっちょう笠に襦袢一枚、山すそを回って六里の道を呼びに行った。

汗だくになって訪ねてみると、玄白先生は畑で草取りの真っ最中。早速頼み込み、息子が薬籠を背負って二人で村を出発した。
「山越えのほうが近道だべ」 先生がそう言うので、二人で山の中をテクテク。山頂に着いたときには二人とも汗びっしょりになっていた。
そこでしばらく休憩し、さぁでかけよう…とした所で、なぜかあたりが真っ暗になった。周囲はなぜか温かい、はておかしいと考えて…。
「こりゃいかねえ。この山には、年古く住むウワバミがいるてえことは聞いちゃいたが、こりゃ、飲まれたかな?」
「どうするだ、先生」
「どうするだっちって、こうしていると、じわじわ溶けていくべえ」
うっかり脇差を忘れてしまい、腹を裂いて出ることもできない。

どうしようかと考えている先生の頭に、あるひらめきが舞い降りた。
息子に預けた薬籠を渡してもらい、中から大黄の粉末を取り出すと、ウワバミの腹の中へパラパラ…。『初体験』の大黄に、ウワバミは七転八倒…ドターンバターン!
「薬が効いてきたな。向こうに灯が見えるべえ、あれが尻の穴だ」
ようやく二人は下されて、草の中に放り出された。

転がるように山を下り、先生、さっそく診察すると、ただの食あたりとわかった。
「なんぞ、えかく食ったじゃねえけ?」
「あ、そうだ。チシャの胡麻よごし食いました。とっつぁま、えかく好物だで」
「それはいかねえ。夏のチシャは腹へ障(さわ)ることあるだで」
薬を調合しようとすると、薬籠はうわばみの腹の中に忘れてきてない。

困った先生、もう一度飲まれて取ってこようと、再び山の上へ登っていく。

一方…こちらは山頂のウワバミさん。下剤のせいですっかりグロッキーになってしまい、松の大木に首をダランと掛けてあえいでいた。
「あんたに飲まれた医者だがな、腹ん中へ忘れ物をしたで、もういっぺん飲んでもれえてえがな」
ウワバミは首を横に振っていやいや。
「もういやだ。夏の医者は腹へ障る」

【演者】
個人的には六代目圓生師ですが、上方では枝雀師が有名ですね。
今では多くの噺家が演じています。
東京では、四代目橘家円蔵師から六代目三遊亭圓生師に直伝で継承されました。

【注目点】
やはり、田舎ののんびりとした風景を感じられれば良いと思います。

『能書』
「ちしゃ」と言う野菜が良く判らないのですが、「葉萵苣」と言う名前の野菜の事だそうで、西洋ではレタス、日本では小松菜が同族の品種だそうです。
「大黄」と言うのは今でも漢方薬に使われていますね。

『ネタ』
このお医者さんは、普段は農業をしていて、病人が出た時だけ医者として活動するのでしょうね。
患者の具合より、作物の出来が心配なくらいのお医者さんですから、きっと息子さんも、「たいした事は無いかもしれないが、一応見てもらおう。何でもなかったら安心だから」位の感覚だったのでしょうね。

らくだは役に立たないものの代名詞?

ph_01『らくだ』
今日は「らくだ」です

【原話】
もとは上方落語の「らくだの葬礼」言う噺です。
三代目小さん師が東京に移植したものです。

【ストーリー】
乱暴者で町内の鼻つまみ者のらくだの馬がフグに当たってあえない最期を遂げた。
兄弟分の、これまた似たような男がらくだの死体を発見し、葬式を出してやろうというわけで、らくだの家にあった一切合切の物を売り飛ばして早桶代にすることに決めた。
そこに通りかかった紙屑屋を呼び込んで買わせようとしたが、一文にもならないと言われる。

そこで、長屋の連中に香典を出させようと思い立ち、紙屑屋を脅し、月番のところへ行かせた。
みんならくだが死んだと聞いて万々歳だが、香典を出さないとなると、らくだに輪をかけたような凶暴な男のこと、何をするかわからないのでしぶしぶ、赤飯でも炊いたつもりでいくらか包む。

それに味をしめた兄弟分、いやがる紙屑屋を、今度は大家のところに、
今夜通夜をするから、酒と肴と飯を出してくれと言いに行かせたが、
「店賃を一度も払わなかったあんなゴクツブシの通夜に、そんなものは出せねえ」
と突っぱねられる。
「嫌だと言ったら、
らくだの死骸にかんかんのうを踊らせに来るそうです」と言っても
「ぜひ一度見てえもんだ」と、大家は一向に動じない。

紙屑屋の報告を聞いて怒った男、それじゃあというので、紙屑屋にむりやり死骸を背負わせ、
大家の家に運び込んだので、さすがにけちな大家も降参し、酒と飯を出す。

横町の漬物屋を同じ手口で脅迫し、早桶代わりに営業用の四斗樽をぶんどってくると、
紙屑屋、もうご用済だろうと期待するが、なかなか帰してくれない。
酒をのんでいけと言う。
女房子供が待っているから帰してくれと頼んでも、俺の酒がのめねえかと、すごむ。

モウ一杯、モウ一杯とのまされるうち、だんだん紙屑屋の目がすわってきて、逆に、
「やい注げ、注がねえとぬかしゃァ」と酒乱の気が出たので、さしものらくだの兄弟分もビビりだし、
立場は完全に逆転。

完全に酒が回った紙屑屋が「らくだの死骸をこのままにしておくのは心持ちが悪いから、
俺の知り合いの落合の安公に焼いてもらいに行こうじゃねえか。
その後は田んぼへでも骨をおっぽり込んでくればいい」

相談がまとまり、死骸の髪を引っこ抜いて丸めた上、樽に押し込んで、
二人差しにないで高田馬場を経て落合の火葬場へ。

いざ火葬場に着くと、死骸がない。
どこかへ落としたのかともと来た道をよろよろと引き返す。
途中で、願人坊主が一人、酔って寝込んでいたから、死骸と間違えて桶に入れ、
焼き場で火を付けると、坊主が目を覚ました。
「アツツツ、ここはどこだ」
「ここは火屋(ひや)だ」
「冷酒(ひや)でいいから、もう一杯くれ」

【演者】
三笑亭可楽師や古今亭志ん生師、三遊亭圓生師が有名ですね。

【注目点】
上方版では登場人物に名前がちゃんとあり、死人は「らくだの卯之助」、兄弟分は「脳天熊」です。
屑屋さんは名前は久六だそうです。(教えて戴きました)
大抵は前半の屑屋さんが酒を飲んで、立場が逆転する処で切ります。

『能書』
噺の中に登場する、”かんかんのう”は「かんかん踊り」ともいい、清国のわらべ唄「九連環」が元唄です。
九連環は「知恵の輪」のこと。
文政3年(1820)から翌年にかけ、江戸と大坂で大流行。
飴屋が面白おかしく町内を踊り歩き、禁止令が出たほどです。

『ネタ』
上方では何と言っても松鶴師でしょうね。志ん朝師と談志師が若い頃、松鶴師の「らくだ」を見て、
あまりの凄さに絶句したという有名な事がありました。
ちなみに、終盤に登場する火屋(火葬場)の所在地は、江戸では落合、上方では千日前となっています。
落合の博善社の火葬場には皇室専用の所もあります。

「鼠穴」をもう一度考える

1115『鼠穴』
今日は古典落語の中でも一風変わった噺です。

【原話】
元は上方落語です。それが大正の始めに三代目三遊亭圓馬師が東京に持ち込みました。
兄弟の噺です。

【ストーリー】
江戸の兄を頼って、越後から弟が職探しに来ました。兄は、商いの元にと銭をくれたが、開けてみると三文しか入っていないません。
 馬鹿にするなと、一旦は腹を立てますが、思い留まり、これでさんだらぼっちを買ってサシを作って売り、
その利益で草鞋を作り、昼も夜も働き詰めで、十年後には店を構えるまでになりました。
三文の礼を言うために兄の元を訪れ、十年目の事を言うと、実は・・・・と訳を知り、二人で苦労話で盛り上がり、泊まることになりました。
 深夜、店が火事だとの知らせで慌てて帰ると、店が焼けています。
せめて蔵が残ってくれればと念じていたが、鼠穴から火が入ってすっかり焼けてしまいました。
兄にお金を借りに行きますが、相手にしてくれません。
「やはり兄は人の皮を被った鬼だ・・・」
 一文なしになった親に、娘のお花が「あたいを吉原に売って金を作れ」という。涙を流しながら金を借りたが、家に帰る途中掏摸にあって、持ち金をすっかり取られてしまった。
 途方に暮れて木の枝に帯をかけて自殺しようと・・・・・
「武、武、うなされてどうした」
「あ、夢か、おら鼠穴が気になって」
「無理もねえ、夢は土蔵(五臓)の疲れだ」

【演者】
やはり六代目圓生師が特筆されます。現役では小三治師ですね。個人的には立川談志師も良いと思います。

【注目点】
演じていていつも思うのは、兄の性格でしょうねえ。
三文しか弟に貸しませんでしたが、本当はどうだったのか?
それから、夢の中で借金を断ると言う事。
このあたりをどう表現するかで変わってきますね。
私は、三文のことはそのまま弟が納得してしまうこと等から思うに、かっては本当にそう云う事を平気でしていた人だったのだと思います。
借金を申し込まれても絶対に応じなかったのだと思います。
志の輔師等は、「自分はお前にいくら渡すべきか迷いに迷った。気がついたら3文渡していた」と言わせていて、
かなり迷った様な演出をしています。
大方は、「文句を言って来たら・・・」となっていますが、ここに嘘があるかも知れません。

『能書』
三戸前とは・・・
「戸前」は、土蔵の入口の戸を立てる場所の事で、蔵の数を数える数詞になりました。
「三戸前(みとまえ)」は蔵を三つ持つこと。蔵の数は金持ちの証でした。

『ネタ』
圓生師のを聴いてると兄は完全には弟を許していない感じがします。
談志師のは、そこまでは行かなくて、焦点が弟に合わされていることもあり、かなり情が有るように感じます。小三治師も同じ感じですね。
そんな処も聴きどころです。

「やかん」という噺

20110821133209940今日は「根問いもの」の一つ「やかん」です。

落語のには「根問いもの」と呼ばれるジャンルがあります。
大抵は、八五郎が隠居の処に行き、色々な事を聞くという設定です。
問われた隠居は、、実は知らないのにさも知っていたかのように話すという具合です。
代表的な噺に「千早ふる」「浮世根問」「恋根問」それに「商売根問」なんてのもあります。
それから「絵根問」なんてのも有るみたいです。

原話は、明和9年(1772年)に刊行された『鹿の子餅』の一遍である「薬罐」という話です。

この世に知らないものはないと広言する隠居。
長屋の八五郎が訪ねるたびに、別に何も潰れていないが、愚者、愚者と言うので、一度へこましてやろうと物の名の由来を次から次へと訪ねます。
ところが隠居もさるもの、妙てけれんなこじつけで逃げていきます。
色々な事を聞いたのですが、中々埒があかないので、とうとう薬缶の由来について訪ねます。
少々戸惑った隠居でしたが、ひらめくと滔々と語ります。
 やかんは、昔は軍用に使い、本来は水沸かしというべきもので、もっと大きかった。
 戦の最中大雨の夜、油断をして酒に酔っていると、突然の襲撃に、夜討ちでござる、夜討ちだぁと叫んでみんな大慌て。
 具足を付けたまま寝ていたひとりの若大将が、ガバッと跳ね起きたが兜がない。近くにあった大きな水沸かしの湯を空けて頭に被ると、馬の蹄を蹴立てて敵陣に切込む。敵方は雨のように矢が射るが、当たっても矢がカーン、当たっても矢カーンと跳ね返される。それでやかんという。また、熱いまま被ったので蒸れて毛がすっかり抜けてしまい、それから禿頭をやかん頭という。
 ツルは顎紐に、蓋は口にくわえて面の代わり、口は敵の名乗りを聞くための耳だ、
耳が下を向いているのは雨が入らないように。
 どうして耳が片方しかないんだい?
 片方がないのは、寝る時に枕をあてるため・・・・・

その昔は知ったかぶりをする人を「やかん」と呼んだそうです。(実は聴いた事ありません)
続きを読む

このお殿様は何処の国の方だろう?

jpg今日は「盃の殿様」です。

生粋の江戸落語ですが、原話その他、がハッキリとは分かってないそうです。
二代目柳家(禽語楼)小さん師の明治23年の速記(「殿様の廓通ひ」)を参考に、
六代目三遊亭円生師が、十八番に仕上げた噺です。

今では、小満ん師や喜多八師等数多くの噺家さんが手がけますね。

心の病に臥せった大名が、花魁のの錦絵に興味を示しました。
大名が吉原に行くのは如何なものかと重役が協議をした結果、病気治癒のためなら止むを得ないということになり、三百人の行列で繰り出しました。
冷やかしのはずだったですが、殿様が花扇花魁に夢中になってしまい、それから、毎日のように吉原に通いましたが、ついに国表に戻る日が来ました。
 
国表に戻っても、花扇のことが忘れられず、江戸までの三百里を十日で往復するという藩内一番の速足、
足軽の早見東作に命じて、江戸の花扇に七合盃の使いに出しました。
 花扇は快く飲んで盃を返してくれました。
国に帰る途中で早見は、さる大名行列を妨げた廉で捕らわれ、詮議の結果、話を聞いた大名が感銘して、盃を空けて主君に返すように命じました。

国元に戻って子細を説明すると、殿様は「お手元が見事じゃ。もう一献と申してこい」と、殿様が盃を空け、
その大名に返盃をするように命じたのですが・・・・
 返盃を命じられても、どこの大名か分からず、早見は未だに日本中を探しているという・・・・

このお殿様のお国ですが、足の早い者で片道五日で江戸迄行けるという範囲ですから。九州というほど遠くは無いと思うのです。
北だと仙台あたりでしょうか?西だと大阪あたりですかねえ?
噺を聞きながらそんな事を想像して仕舞います。

ところで、遊女の最高位である太夫は、松の位、大名道具などと呼ばれ、
一目顔を拝むだけでも十両はかかりました。
太夫は、享保年間(1716〜36)、吉原の遊女が三千人と言われた時代でも六,七人に過ぎません。

太夫に次ぐのが格子女郎で、元々この二つを併せた尊称が「花魁」と呼ばれました。
これは、禿が自分が付いている姉女郎を「おいらの姉さま」の意味で
「おいらん」と呼んだことからだとか。

ところが、宝暦7年ごろ、太夫も格子も絶えてしまい、繰り上がってその下だった散茶女郎が
トップに出て、昼三といって昼夜各三分、計一両二分の揚げ代で花魁と呼ばれるようになったそうです。

「遊女」という言葉は幕府公認の遊郭のいる女郎の事で、「遊郭」は幕府公許の遊里のみを指すので、
江戸では吉原以外にこの名称は許されなかったそうです。
続きを読む
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ