らくご はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:三遊亭圓生

e5174115【双蝶々】
(双蝶々雪の子別れ)
今日はこの噺です。夏の噺でも秋の噺でもありませんね。すみません。

「原話」
三遊亭圓朝作と言われていますが、それ以前からあったとも言われます。道具仕立てで演じられました。歌舞伎の同名の話とは違います。

「演者」
一朝老人から教わった圓生師や正蔵師が高座に掛けました。特に正蔵師は道具自仕立てで演じました。他には歌丸氏師も演じています。

「ストーリー」
長い噺なので、大雑把に粗筋を書いてみます。
長吉は幼い頃から悪さばかりしていたため、早くに奉公に出されます。
長吉は生来の小狡さから、奉公先では気が利く者として溶け込みます。
しかし長吉は裏では盗みを働いており、盗みの現場を店の番頭に見られてしまいます。
長吉の盗みを目撃した番頭は店へ戻って長吉の部屋を調べたところ、高価な品が多数出てきたので驚きます。
番頭は帰ってきた長吉を呼びつけ、盗みを働いていることを白状させます。
長吉が盗みを白状するや、番頭は花魁の身請けをするために大金が必要だからと、長吉に店の百両を盗むよう強要すします。

長吉はしかたなく言われた通りに、仮病を使い奥に入り込み、タンスの薬箱ならぬお金を引き抜き、薬をもらって引き下がってきます。
盗んだ金を番頭にむざむざ持っていかれるのが惜しくなり、待ち合せの場所で番頭を殺し、奥州路に逃げようかと独り言を言っているのを小僧の定吉に聞かれてしまいました。
口封じのために、定吉を首を絞めて殺してしまいます。その後番頭との約束の九つの鐘を聞いて逐電してしまいます。

正直・長兵衛夫婦は倅の悪事を知り、世間に顔向けが出来ないと、長屋を引き払って流転の日々を送る日々です。
遂に長兵衛は腰が立たない病になってしまい、内職だけでは病人を養っていけず、お光は内緒で袖乞いをして一文二文の銭を稼ぎ、なんとか食い繋いで生きます。
そこへ、たまたま奥州石巻から父の様子を探しに出てきた長吉の袖を引き、二人はひさびさの対面を果しますす。
長吉は子供の時分、お前に辛く当たったのも親父を取られたように思ったからで、今では申し訳無いと思っているんだ、と話します。
腰の立たない父を見舞い、50両の金を渡し元気で暮らすように言いますが、長兵衛は悪事から手を洗えと言葉を重ねたが、最後は長吉をゆるし、涙ながらに今生の別れを告げます。
長兵衛はもらい物の羽織を渡し、江戸から無事出られるようにと願うのでした。
雪の降る中、後ろ髪を引かれる思いで長屋を去った長吉は、吾妻橋を渡るところでついに追手に取り囲まれ、御用となるのでした。

「注目点」
談志師は生前「長吉」にも感情移入できる余地はある」と語っていました。

「ネタ」
 当時の資料によると、湯島大根畠(文京区2丁目)には陰間茶屋が多かったそうです。(参考までに)

「能書」
 現役では雲助師と弟子の馬石さん、それに正蔵師の芝居噺を受けつだ、正雀師が演じています。
喬太郎師や若手なども演じています

3fa61767【位牌屋】

 今日は久しぶりにこの噺です。最近は余り聴く機会が少なくなりました。
「原話」
元は上方落語「位牌丁稚」が東京に移されたものとみられますが、詳細は不明です。
後半の、位牌を買いに行くくだりの原話は、文政7年刊行の「新作咄土産」中の「律義者」です。

前半は各地のケチの民話や小咄えお取り入れたそうです。
この噺から「しわいや」等が生まれました。

「演者」
昭和以後では、円生師や、三代目小円朝師などが演じました

「ストーリー」
 ケチでは人後に落ちない赤螺屋のだんな。子どもが生まれ、番頭の久兵衛が祝いに来ても、経費がかかるのに何がめでたいと、小言を言います。
八百屋が摘まみ菜を売りに来ると、八貫五百の値段を、八貫を負けて五百で売れと言って怒らせ、
帰ると、こぼれた菜を小僧に拾わせて味噌漉しいっぱいにしてしまい、喜ぶ始末。
芋屋が来ると、イモをただで三本も騙し取ったりという具合です。
 小僧の定吉に、注文しておいた位牌を取りに仏師屋へやります。
それも裸足で行かせ、向こうにいい下駄があったら履いて帰ってこい、と言いつけるものすごさ。その定吉が、先方で、先ほどの芋屋とのやり取りをそっくり真似をして、タバコをくすねたり、下駄を履いて帰ったり、位牌までおまけに貰って来ます。
「こんな小さな位牌、何にするんだ」
「同じオマケなら、なぜ大きいのを分捕ってこない、」
「へー、今度生まれたお坊ちゃんのになさいまし」

「ネタ」
位牌というのは亡くなった人が出た時に作る物ですから、赤ちゃんのにしなさい。とは、赤ちゃんが亡くなる事を言ってる訳で、かなり強烈なブラックユーモアですね。

「能書き」
位牌屋=仏師屋さんですが、東京では稲荷町に並んでいますね。
こう云う仏具は法事や盂蘭盆会、お彼岸等、仏教的行事の時でないと買い替えるてはイケないと言われています。こう云うのって結構大事なんですよ。
そんな事を知ってオチを考えると、少し涼しくなります。

20150701214715『酢豆腐』
 今日は夏の噺の「酢豆腐」です。
 尤も最近では本当にそういう名の豆腐料理があるかの如く扱う所がありますが、本来はそんな料理はありません。ある辞典にはちゃんと載ってしまっていますが、これは編集者が石頭なのでしょうね。

『原話』
原話は、1763年(宝暦13年)に発行された『軽口太平楽』の一遍の「酢豆腐」と言う話。
これを、初代柳家小せん師、(あの盲の小せんですね)が落語として完成させました。
ですので、この噺を大正の初め頃だという方もいます。
歴史家の方によれば、庶民の生活は関東大震災までは、電気が点いても、汽車が走っても、
そう変わり無かったそうです。のんびりとした時代だったのですね。

『演者』
小せん学校に通っていた六代目圓生師や黒門町、志ん朝師などに引き継がれました。今では多くの噺家さんが演じています。

『ストーリー』
ある夏の昼下がり。暇な若い衆が寄り集まり暑気払いの相談をしていますが、江戸っ子たちには金がありません。
 困った一同、酒はどうにか都合するとしても(これもいいかげん)、ツマミになる肴が欲しいので必死に考えますが良いアイデアが浮かびません。知恵者が「糠味噌桶の糠床の底に、古漬けがあるだろう。そいつを刻んで、かくやの香こはどうだい?」
と妙案を出しますが、古漬けを引き上げる者は誰もいません。
 困ってしまった時に運良く(悪く)たまたま通りかかった半公をおだてて古漬けを取らせようとしますが、結局駄目ですが肴を買う金銭を巻き上げます。
 その時、与太郎が昨夜豆腐を買ってあったのを出して来ます。でも豆腐は夏場にもかかわらず、鼠入らずの中にしまったせいで、腐ってしまっていました。手遅れの豆腐を前に頭をかかえる一同。
 と、家の前を伊勢屋の若旦那が通りかかります。この若旦那、知ったかぶりの通人気取り、気障で嫌らしくて界隈の江戸っ子達からは嫌われ者。シャクだからこの腐った豆腐を食わせてしまおうと一計を案じます。
 呼び止めておだて上げて引き入れ、
「舶来物の珍味なんだが、何だかわからねえ。若旦那ならご存知でしょう」
 と腐った豆腐を出します。すると若旦那は知らないとも言えず
「これは酢豆腐でげしょう」
 と知ったかぶる。うまいこともちあげられた末に食べることになります。もう目はぴりぴり、鼻にはツンとしながらとうとう食べます。何とも言い難い表情。
「いや食べたね。偉いね若旦那、もう一口如何ですか?」
「いや、酢豆腐は一口に限りやす」

【注目点】
この噺に出てくる「かくやのこうこ」は美味しいですよね。
飯に良くて酒に良い!と文句はありません。
糠だって、ちゃんとかき混ぜていれば、臭く無いんですよ。
私なんか商売上、糠味噌は別にイヤじゃ無いので、ここまで嫌われると、
糠味噌が可哀そうに思えてきます。
 この噺を聴いていて思うのは、のんびりとした時代だったと言う事ですねえ。
我々が忘れてしまった世界なのかも知れません。

『能書』
この噺が初代柳家小はんと言う方が上方へ持って行って「ちりとてちん」が生まれました。
でも私はは「ちりとてちん」よりこちらの方が好きです。
夏の暑い盛り、いい若者が皆で集まってクダまいててという設定からして好きですね。
それに最後は若旦那を仲間として認める処が好きですね。
若旦那も「「いやあ、酢豆腐は一口にかぎる」と粋に言って逃げるのも上手いですね。
長屋の皆も「若旦那大した者だ!」と言って褒めていますね。
きっと、これで若旦那は皆の仲間になれたと思うのです。
皆も認めたと言う意味でですね。

『ネタ』
落語を解説しているサイトでもこの噺と「寄合酒」を混同している所がありますが、
元々の噺が違うので、間違いですね。
「寄合酒」は「ん廻し」(田楽喰い)に繋がる噺ですからね。

個人的にはこの後「羽織の遊び」に繋がると思っています。

87304『木乃伊取り』
 今日はこの噺です

『原話』
舞台が吉原なので古くからの江戸落語ですね。

『演者』
正蔵師や圓生師が得意にしていました。
談志師や小三治師等も高座に掛けていました。

『ストーリー』
道楽者の若だんなが、今日でもう四日も帰りません。
心配した大旦那、番頭の佐兵衛を吉原にやって探らせると、江戸町一丁目の「角海老」に居続けしていることが判明。番頭が
「何とかお連れしてきます」
 と出ていったがそれっきり。五日たっても音沙汰なし。大旦那は
「あの番頭、せがれと一緒に遊んでるんだ。誰が何と言っても勘当する」
 と怒ると、お内儀が
「一人のせがれを勘当してどうするんです。鳶頭ならああいう場所もわかっているから、頼みましょう」
 ととりなすので呼びにやります。鳶頭は、
「何なら腕の一本もへし折って」と威勢よく出かけるのですが、途中で幇間の一八につかまり、しつこく取り巻くのを振り切って角海老へ。
若旦那に
「どうかあっしの顔を立てて」
と掛け合っているところへ一八が
「よッ、かしら、どうも先ほどは」
 あとはドガチャカで、これも五日も帰ってこないと言う有様。
「どいつもこいつも、みいら取りがみいらになっちまやがって。今度はどうしても勘当だ」
と大旦那はカンカンになります。
「だいたい、おまえがあんな馬鹿をこさえたからいけないんです」と、夫婦でもめていると、そこに現れたのが飯炊きの清蔵。
「おらがお迎えに行ってみるべえ」と言いだします。
「おまえは飯が焦げないようにしてりゃいい」と言っても
「仮に泥棒が入ってだんながおっ殺されるちゅうとき、台所でつくばってるわけにはいかなかんべえ」
と聞き入れません。
「首に縄つけてもしょっぴいてくるだ」と、手織り木綿のゴツゴツした着物に色の褪めた帯、熊の革の煙草入れといういでたちで勇んで出発します。
吉原へやって来ると、若い衆の喜助を「若だんなに取りつがねえと、この野郎、ぶっ張りけえすぞ」
と脅しつけ、二階の座敷に乗り込みます。
「番頭さん、あんだ。このざまは。われァ、白ねずみじゃなくてどぶねずみだ。
鳶頭もそうだ。この芋頭」と毒づき、
「こりゃあ、お袋さまのお巾着だ。勘定が足りないことがあったら渡してくんろ、
せがれに帰るように言ってくんろと、寝る目も寝ねえで泣いていなさるだよ」
と泣くものだから、若だんなも大弱り。
 あまり云うので、「何を言ってやがる。てめえがぐずぐず言ってると酒がまずくなる。帰れ。暇出すぞ」
と意地になってタンカを切ると、清蔵怒って
「暇が出たら主人でも家来でもねえ。腕づくでもしょっぴいていくからそう思え。こんでもはァ、村相撲で大関張った男だ」と腕を捲くる始末です。そこまで云われたら若旦那は降参です。
 一杯呑んで機嫌良く引き揚げようと、清蔵に酒をのませます。
もう一杯、もう一杯と勧められるうちに、酒は浴びる方の清蔵、すっかりご機嫌。
頃合いを見て、若旦那の情婦のかしく花魁がお酌に出ます。
「おまえの敵娼に出したんだ。帰るまではおまえの女房なんだから、可愛がってやんな」と若旦那。
花魁は「こんな堅いお客さまに出られて、あたしうれしいの。ね、あたしの手を握ってくださいよ」
としなだれかかってくすぐるので、
清蔵はもうデレデレ。
「おい番頭、かしくと清蔵が並んだところは、似合いだな」
「まったくでげすよ。鳶頭、どうです?」
「まったくだ。握ってやれ握ってやれ」
三人でけしかけるから、
「へえ、若旦那がいいちいなら、オラ、握ってやるべ。ははあ、こんだなアマっ子と野良ァこいてるだな、帰れっちゅうおらの方が無理かもすんねえ」
「おいおい、清蔵、そろそろ支度して帰ろう」
「あんだ? 帰るって? 帰るならあんた、先ィお帰んなせえ。おらもう二、三日ここにいるだよ」

【注目点】
何しろ登場人物が多いので演者は大変です。そこを上手く演じ分け出来ているかですね。
圓生師は全て演じ分けていたので感心されたそうです。

『能書』
落語にしばしば登場する「角海老(かどえび)」は、江戸時代は「海老屋」と言い、吉原でも屈指の大見世で、
有名な見世でした。
「角海老」と称するようになったのは明治からです。
今でも色々とその名前のついたのがありますね。

『ネタ』
途中で頭が一八と会うのが日本堤でして、これは江戸を洪水から守る為に、
日本中の大名を動員して作らせた堤防でした。

hirosige都市部を除く地域では緊急事態宣言が解除されたようですが、皆様のところは如何ですか? 東京は未だ続いています。寄席も休みが続きます。

『文違い』
そこで今日は、内藤新宿を舞台にした噺「文違い」です。

【原話】
新宿の遊郭で実際にあった出来事を噺にしたと言われています。
四代目圓生師や圓喬師、それに二代目小圓朝師らによって受け継がれて来ました。

【ストーリー】
 父娘の手切金として五十両を工面して、夫婦になろうと花魁(お杉)に持ちかけられた半ちゃんは、走り回ったが二十両しか作れなかった。
 それではと、花魁(お杉)が、病気の母の薬代として三十両欲しいと向かいの部屋の田舎おやじ客、角さんの馬の買付金をだまし取った。
 合わせて五十両を母に渡して来ると出ていった花魁(お杉)は、その金を若い男に眼病の治療費として渡した。
 男が落としていった(忘れて行った)手紙を読むと、新宿女郎(お杉)を騙して五十両を作ってもらうとの内容で、女に対しての返事だった。お杉は騙されていたことを知る。
 一人部屋に残された半ちゃんが箪笥からはみ出した手紙を読むと、半ちゃんを騙して五十両を作り、その金を男に貢ぐ内容。そこへ花魁が戻ると、よくも騙したなと叩く。
 向かいの部屋で聞いていた角さんが、店の者を呼び付け
「大金とか色男とか騒いでいるが、ワシが母親の薬代としてやった金だから心配するなと止めてくれ。いや待て、それではワシが色男だとバレてしまう」

最初の花魁がつく嘘ですが父親ではなく母親として演じるときもあります。

【演者】
これは圓生師や馬生師などが有名ですね。四代目によると三代目金馬師はこの噺をやらなかったと語っていますが、若い頃の速記があるようです。当代はこの噺を圓生師から稽古をつけて貰い色々な事を教わり演じます。また志ん生師も演じています。

【注目点】
落語で新宿を舞台にした噺は珍しく、「四宿の屁」「縮みあがり」くらいしかありません。珍しいと言えますね。

『能書』
新宿は、正式には「内藤新宿」と呼ばれ、信濃高遠三万三千石・内藤駿河守の下屋敷があったことからこう呼ばれました。また、甲州街道の起点から親宿(最初の宿場)で、女郎屋は、名目上は旅籠屋でした。
 元禄11年(1698)に設置され、享保3年(1718)に一度お取りつぶし。明和9年(1772)に復興しました。
 一度廃止されたのは遊郭として栄えすぎた為と言われています。遊郭と言えば、志ん朝師が「うちのオヤジは貸座敷といつも言っていた」と言っていましたね。本来はこう呼ぶのだそうです。

『ネタ』
 今は繁華街になって、ビルの群れですが、明治の頃はかの圓朝師の家もありました。花園公園の中に碑が立っています。明治21年から28(1888−1895)まで住んでいたそうです。
 かなり大きな家だったらしく、この公園と隣の花園小学校を合わせた敷地だったそうです。今度、末広亭に行く時にでも観ておきましょうね。

今でこそ西新宿は高層ビルが立ち並んで都会になっていますが、
かの圓生師が柏木(西新宿)に住んでいた時、贔屓から「可哀想に」とか「大変ですね」とかかなりの田舎に住んでいたと思われたそうです。

このページのトップヘ