らくご はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:三遊亭圓生

20150701214715『酢豆腐』
 今日は夏の噺の「酢豆腐」です。
 尤も最近では本当にそういう名の豆腐料理があるかの如く扱う所がありますが、本来はそんな料理はありません。ある辞典にはちゃんと載ってしまっていますが、これは編集者が石頭なのでしょうね。

『原話』
原話は、1763年(宝暦13年)に発行された『軽口太平楽』の一遍の「酢豆腐」と言う話。
これを、初代柳家小せん師、(あの盲の小せんですね)が落語として完成させました。
ですので、この噺を大正の初め頃だという方もいます。
歴史家の方によれば、庶民の生活は関東大震災までは、電気が点いても、汽車が走っても、
そう変わり無かったそうです。のんびりとした時代だったのですね。

『演者』
小せん学校に通っていた六代目圓生師や黒門町、志ん朝師などに引き継がれました。今では多くの噺家さんが演じています。

『ストーリー』
ある夏の昼下がり。暇な若い衆が寄り集まり暑気払いの相談をしていますが、江戸っ子たちには金がありません。
 困った一同、酒はどうにか都合するとしても(これもいいかげん)、ツマミになる肴が欲しいので必死に考えますが良いアイデアが浮かびません。知恵者が「糠味噌桶の糠床の底に、古漬けがあるだろう。そいつを刻んで、かくやの香こはどうだい?」
と妙案を出しますが、古漬けを引き上げる者は誰もいません。
 困ってしまった時に運良く(悪く)たまたま通りかかった半公をおだてて古漬けを取らせようとしますが、結局駄目ですが肴を買う金銭を巻き上げます。
 その時、与太郎が昨夜豆腐を買ってあったのを出して来ます。でも豆腐は夏場にもかかわらず、鼠入らずの中にしまったせいで、腐ってしまっていました。手遅れの豆腐を前に頭をかかえる一同。
 と、家の前を伊勢屋の若旦那が通りかかります。この若旦那、知ったかぶりの通人気取り、気障で嫌らしくて界隈の江戸っ子達からは嫌われ者。シャクだからこの腐った豆腐を食わせてしまおうと一計を案じます。
 呼び止めておだて上げて引き入れ、
「舶来物の珍味なんだが、何だかわからねえ。若旦那ならご存知でしょう」
 と腐った豆腐を出します。すると若旦那は知らないとも言えず
「これは酢豆腐でげしょう」
 と知ったかぶる。うまいこともちあげられた末に食べることになります。もう目はぴりぴり、鼻にはツンとしながらとうとう食べます。何とも言い難い表情。
「いや食べたね。偉いね若旦那、もう一口如何ですか?」
「いや、酢豆腐は一口に限りやす」

【注目点】
この噺に出てくる「かくやのこうこ」は美味しいですよね。
飯に良くて酒に良い!と文句はありません。
糠だって、ちゃんとかき混ぜていれば、臭く無いんですよ。
私なんか商売上、糠味噌は別にイヤじゃ無いので、ここまで嫌われると、
糠味噌が可哀そうに思えてきます。
 この噺を聴いていて思うのは、のんびりとした時代だったと言う事ですねえ。
我々が忘れてしまった世界なのかも知れません。

『能書』
この噺が初代柳家小はんと言う方が上方へ持って行って「ちりとてちん」が生まれました。
でも私はは「ちりとてちん」よりこちらの方が好きです。
夏の暑い盛り、いい若者が皆で集まってクダまいててという設定からして好きですね。
それに最後は若旦那を仲間として認める処が好きですね。
若旦那も「「いやあ、酢豆腐は一口にかぎる」と粋に言って逃げるのも上手いですね。
長屋の皆も「若旦那大した者だ!」と言って褒めていますね。
きっと、これで若旦那は皆の仲間になれたと思うのです。
皆も認めたと言う意味でですね。

『ネタ』
落語を解説しているサイトでもこの噺と「寄合酒」を混同している所がありますが、
元々の噺が違うので、間違いですね。
「寄合酒」は「ん廻し」(田楽喰い)に繋がる噺ですからね。

個人的にはこの後「羽織の遊び」に繋がると思っています。

87304『木乃伊取り』
 今日はこの噺です

『原話』
舞台が吉原なので古くからの江戸落語ですね。

『演者』
正蔵師や圓生師が得意にしていました。
談志師や小三治師等も高座に掛けていました。

『ストーリー』
道楽者の若だんなが、今日でもう四日も帰りません。
心配した大旦那、番頭の佐兵衛を吉原にやって探らせると、江戸町一丁目の「角海老」に居続けしていることが判明。番頭が
「何とかお連れしてきます」
 と出ていったがそれっきり。五日たっても音沙汰なし。大旦那は
「あの番頭、せがれと一緒に遊んでるんだ。誰が何と言っても勘当する」
 と怒ると、お内儀が
「一人のせがれを勘当してどうするんです。鳶頭ならああいう場所もわかっているから、頼みましょう」
 ととりなすので呼びにやります。鳶頭は、
「何なら腕の一本もへし折って」と威勢よく出かけるのですが、途中で幇間の一八につかまり、しつこく取り巻くのを振り切って角海老へ。
若旦那に
「どうかあっしの顔を立てて」
と掛け合っているところへ一八が
「よッ、かしら、どうも先ほどは」
 あとはドガチャカで、これも五日も帰ってこないと言う有様。
「どいつもこいつも、みいら取りがみいらになっちまやがって。今度はどうしても勘当だ」
と大旦那はカンカンになります。
「だいたい、おまえがあんな馬鹿をこさえたからいけないんです」と、夫婦でもめていると、そこに現れたのが飯炊きの清蔵。
「おらがお迎えに行ってみるべえ」と言いだします。
「おまえは飯が焦げないようにしてりゃいい」と言っても
「仮に泥棒が入ってだんながおっ殺されるちゅうとき、台所でつくばってるわけにはいかなかんべえ」
と聞き入れません。
「首に縄つけてもしょっぴいてくるだ」と、手織り木綿のゴツゴツした着物に色の褪めた帯、熊の革の煙草入れといういでたちで勇んで出発します。
吉原へやって来ると、若い衆の喜助を「若だんなに取りつがねえと、この野郎、ぶっ張りけえすぞ」
と脅しつけ、二階の座敷に乗り込みます。
「番頭さん、あんだ。このざまは。われァ、白ねずみじゃなくてどぶねずみだ。
鳶頭もそうだ。この芋頭」と毒づき、
「こりゃあ、お袋さまのお巾着だ。勘定が足りないことがあったら渡してくんろ、
せがれに帰るように言ってくんろと、寝る目も寝ねえで泣いていなさるだよ」
と泣くものだから、若だんなも大弱り。
 あまり云うので、「何を言ってやがる。てめえがぐずぐず言ってると酒がまずくなる。帰れ。暇出すぞ」
と意地になってタンカを切ると、清蔵怒って
「暇が出たら主人でも家来でもねえ。腕づくでもしょっぴいていくからそう思え。こんでもはァ、村相撲で大関張った男だ」と腕を捲くる始末です。そこまで云われたら若旦那は降参です。
 一杯呑んで機嫌良く引き揚げようと、清蔵に酒をのませます。
もう一杯、もう一杯と勧められるうちに、酒は浴びる方の清蔵、すっかりご機嫌。
頃合いを見て、若旦那の情婦のかしく花魁がお酌に出ます。
「おまえの敵娼に出したんだ。帰るまではおまえの女房なんだから、可愛がってやんな」と若旦那。
花魁は「こんな堅いお客さまに出られて、あたしうれしいの。ね、あたしの手を握ってくださいよ」
としなだれかかってくすぐるので、
清蔵はもうデレデレ。
「おい番頭、かしくと清蔵が並んだところは、似合いだな」
「まったくでげすよ。鳶頭、どうです?」
「まったくだ。握ってやれ握ってやれ」
三人でけしかけるから、
「へえ、若旦那がいいちいなら、オラ、握ってやるべ。ははあ、こんだなアマっ子と野良ァこいてるだな、帰れっちゅうおらの方が無理かもすんねえ」
「おいおい、清蔵、そろそろ支度して帰ろう」
「あんだ? 帰るって? 帰るならあんた、先ィお帰んなせえ。おらもう二、三日ここにいるだよ」

【注目点】
何しろ登場人物が多いので演者は大変です。そこを上手く演じ分け出来ているかですね。
圓生師は全て演じ分けていたので感心されたそうです。

『能書』
落語にしばしば登場する「角海老(かどえび)」は、江戸時代は「海老屋」と言い、吉原でも屈指の大見世で、
有名な見世でした。
「角海老」と称するようになったのは明治からです。
今でも色々とその名前のついたのがありますね。

『ネタ』
途中で頭が一八と会うのが日本堤でして、これは江戸を洪水から守る為に、
日本中の大名を動員して作らせた堤防でした。

hirosige都市部を除く地域では緊急事態宣言が解除されたようですが、皆様のところは如何ですか? 東京は未だ続いています。寄席も休みが続きます。

『文違い』
そこで今日は、内藤新宿を舞台にした噺「文違い」です。

【原話】
新宿の遊郭で実際にあった出来事を噺にしたと言われています。
四代目圓生師や圓喬師、それに二代目小圓朝師らによって受け継がれて来ました。

【ストーリー】
 父娘の手切金として五十両を工面して、夫婦になろうと花魁(お杉)に持ちかけられた半ちゃんは、走り回ったが二十両しか作れなかった。
 それではと、花魁(お杉)が、病気の母の薬代として三十両欲しいと向かいの部屋の田舎おやじ客、角さんの馬の買付金をだまし取った。
 合わせて五十両を母に渡して来ると出ていった花魁(お杉)は、その金を若い男に眼病の治療費として渡した。
 男が落としていった(忘れて行った)手紙を読むと、新宿女郎(お杉)を騙して五十両を作ってもらうとの内容で、女に対しての返事だった。お杉は騙されていたことを知る。
 一人部屋に残された半ちゃんが箪笥からはみ出した手紙を読むと、半ちゃんを騙して五十両を作り、その金を男に貢ぐ内容。そこへ花魁が戻ると、よくも騙したなと叩く。
 向かいの部屋で聞いていた角さんが、店の者を呼び付け
「大金とか色男とか騒いでいるが、ワシが母親の薬代としてやった金だから心配するなと止めてくれ。いや待て、それではワシが色男だとバレてしまう」

最初の花魁がつく嘘ですが父親ではなく母親として演じるときもあります。

【演者】
これは圓生師や馬生師などが有名ですね。四代目によると三代目金馬師はこの噺をやらなかったと語っていますが、若い頃の速記があるようです。当代はこの噺を圓生師から稽古をつけて貰い色々な事を教わり演じます。また志ん生師も演じています。

【注目点】
落語で新宿を舞台にした噺は珍しく、「四宿の屁」「縮みあがり」くらいしかありません。珍しいと言えますね。

『能書』
新宿は、正式には「内藤新宿」と呼ばれ、信濃高遠三万三千石・内藤駿河守の下屋敷があったことからこう呼ばれました。また、甲州街道の起点から親宿(最初の宿場)で、女郎屋は、名目上は旅籠屋でした。
 元禄11年(1698)に設置され、享保3年(1718)に一度お取りつぶし。明和9年(1772)に復興しました。
 一度廃止されたのは遊郭として栄えすぎた為と言われています。遊郭と言えば、志ん朝師が「うちのオヤジは貸座敷といつも言っていた」と言っていましたね。本来はこう呼ぶのだそうです。

『ネタ』
 今は繁華街になって、ビルの群れですが、明治の頃はかの圓朝師の家もありました。花園公園の中に碑が立っています。明治21年から28(1888−1895)まで住んでいたそうです。
 かなり大きな家だったらしく、この公園と隣の花園小学校を合わせた敷地だったそうです。今度、末広亭に行く時にでも観ておきましょうね。

今でこそ西新宿は高層ビルが立ち並んで都会になっていますが、
かの圓生師が柏木(西新宿)に住んでいた時、贔屓から「可哀想に」とか「大変ですね」とかかなりの田舎に住んでいたと思われたそうです。

0fc8dd4c『佐々木政談』
今日は久しぶりにこの噺です。

【原話】
江戸時代幕末に上方の三代目松鶴師が創作した噺で、三代目圓馬師が大正初期に東京に紹介・移植したと定説になっています。

【ストーリー】
名奉行で知られた南町奉行・佐々木信濃守が、非番なので下々の様子を見ようと、田舎侍に身をやつして市中見回りをしていると、
新橋の竹川町で子供らがお白州ごっこをして遊んでいるのが目に止まりました。
 面白いのでこれを見ていると、十二、三の子供が荒縄で縛られ、大勢手習い帰りの子が見物する中、さっそうと奉行役が登場します。
 年は同じぐらいで、こともあろうに佐々木信濃守と名乗るではありませんか。色は真っ黒、髪ぼうぼう、水っぱなをすすりながらのお裁きです。
なんでも、勝ちゃんというのが
「一から十まで、つがそろっているか
 」ともう一人に聞き、答えられないので殴った、という。
 子供の信濃守はすまして、
「さような些細なことをもって、上に手数をわずらわすは不届きである」
 セリフも堂にいったもので、二人を解き放つ。
「つ」のことを改めて聞かれると、
「一から十まで、つはみなそろっておる」
「だって、十つとは申しません」
「だまれ。奉行の申すことにいつわりはない。中で一つ、つを盗んでいる者がある。いつつのつを取って十に付けると、みなそろう」
 その頓智に、本物はいたく舌を巻き、その子を親、町役人同道の上、奉行所に出頭させるよう、供の与力に申しつけます。
 この子供は桶屋の綱五郎のせがれ、当年十三歳になる四郎吉。奉行ごっこばかりしていてこのごろ帰りが遅いので、父親が怒っていると、突然奉行所から呼び出しが来たから、「それみろ、とんでもねえ遊びをするから、とうとうお上のおとがめだ」
 と父親も町役一同も真っ青。
 その上、奉行ごっこの最中に、お忍びの本物のお奉行さまを、子供らが竹の棒で追い払ったらしいと聞いて、一同生きた心地もしないまま、お白州に出ます。
 ところが、出てきたお奉行さま、至って上機嫌で、四郎吉に向かい、
「奉行のこれから尋ねること、答えることができるか。どうじゃ?」
 四郎吉は、
「こんな砂利の上では位負けがして答えられないから、そこに並んで座れば、何でも答える」
 と言って、遠慮なくピョコピョコと上に上がってしまったので、おやじは、気でも違ったかとぶるぶる震えているばかり。
 奉行、少しもかまわず、まず星の数を言ってみろと尋ねると、四郎吉少しも慌てず、
「それではお奉行さま、お白州の砂利の数は?」
 これでまず一本。
 父と母のいずれが好きかと聞かれると、出された饅頭を二つに割り、どっちがうまいと思うかと、聞き返す。
 饅頭が三宝に乗っているので、
「四角の形をなしたるものに、三宝とはいかに」
「ここらの侍は一人でも与力といいます」
「では、与力の身分を存じておるか?」
「へへ、この通り」
 懐から出したのが玩具の達磨(だるま)で、起き上がり小法師。錘が付いているので、
ぴょこっと立つところから、身分は軽いのに、お上のご威勢を傘に着て、ぴんしゃんぴんしゃんしているというわけ。
 ではその心はと問うと、天保銭を借りて達磨に結び付け「銭のある方へ転ぶ」
 最後に、衝立に描かれた仙人の絵が何を話しているか聞いてこいと言われて
「へい、佐々木信濃守は馬鹿だと言ってます。絵に描いてあるものがものを言うはずがないって」
 馬鹿と子供に面と向かって言われ、腹を立てかけた信濃守、これには大笑い。これだけの能力を桶屋で果てさせるのは惜しいと、四郎吉が十五になると近習に取り立てたという、
「佐々木政談」の一席でございます。

【演者】
戦後は圓生師の十八番でしたが、三代目金馬師も圓生師から移してもらい、「池田大助」として演じていました。
これは四郎吉が後に大岡越前守の懐刀・池田大助となるという設定でしたが、これだと当然、時代は百五十年近く遡ることになり、少し苦しいですね。

【注目点】
上方のはオチがあり
「あんたが佐々木さんでお父さんが綱五郎、あたくしが四郎吉、
これで佐々木四郎高綱」
「それは余の先祖じゃ。そちも源氏か?」
「いいえ、平気(=平家)でおます」
と地口で落とします。出世の事には触れないのが普通です。

『ネタ』
佐々木信濃守顕発は、嘉永5年(1852)から安政4年(1857)まで大坂東町奉行を勤め、
江戸に戻って文久3年(1863)、北町奉行に就任。
 数ヶ月で退いた後、再び年内に南町奉行として返り咲き、翌年退職しました。
江戸町奉行は、三千石以上の旗本から抜擢され、老中・若年寄・寺社奉行に次ぐ要職でした。今で言うと、都知事に警視庁長官と裁判官を兼ねていました。

938b9a5b『猫忠』
今日は「猫忠」と言う噺です。
これは上方では「猫の忠信」といいます。東京では詰めて「猫忠」

【原話】
古い上方落語で、大阪の笑福亭系の祖とされる、松富久亭松竹師の創作といわれてきましたが、よく調べると、文政12(1829)年江戸板の初代林屋(家)正蔵著「たいこの林」中の「千本桜」とほとんど同じです。

【ストーリー】
浄瑠璃に通っている次郎吉は、師匠のお静さんといい仲にならないかと妄想しています。
が、六さんの情報によるとお静さんには既に相手がいて、それは友達の常吉だとのこと。
今、稽古屋に寄って来て、ぼそぼそ話し声がするから、障子の破れ目から覗いてみたら、中で常吉とお静さんがベタベタしていたのだと言う半信半疑で次郎吉が稽古屋に行ってみると、本当にそれらしきものが見えます。
常吉の嫁さんのところに行ってその話をしてみると、常吉は今奥で寝ているという。
いや、確かに稽古屋で見たともめているうちに、常吉が目を覚まして起きてきました。
それで常吉ではないとわかったのですが、あまりにも似ているのでちょっと一緒に見に来てくれと、次郎吉が常吉の女房を連れて稽古屋に行きます。
稽古屋に着いて、また破れ目から中を覗くと、女房でさえ常吉と思うほどのそっくりの男が師匠と口移しで飲んだり食べたりしています。
そこに常吉もやってきて、こんなに似ているのは狐狸妖怪ではないかと取りおさえます。
取り押さえた男を問いただすと、ネコが化けていたという。自分の両親の皮を使った三味線がこの家にあることを知り、常吉の姿を借りてこの家に忍びこんできたのだとか。
すると、次郎吉が「これで今度お披露目する浄瑠璃の成功は間違いなしだ。次の出し物の「義経千本桜」の義経が常吉、次郎が次郎吉、六郎が六兵衛、狐の忠信が猫のただ飲む、静御前が師匠のお静さん、と言います師匠は
「私みたいなお多福に、静御前が似合うものかね」
 するとネコが
「にあう〜」

【演者】
芝居噺の名手だった、六代目文治師が明治中期に上方の型を東京に移植しました。
初めは「猫の忠信」の題で演じられましたが、東京ではのちに縮まって「猫忠」とされ、
それが現代では定着しました。
東京では三代目三木助師や六代目圓生師、また志ん朝師も有名ですね。

【注目点】
この噺は歌舞伎・浄瑠璃の『義経千本桜四段目』のパロディなので、それが判らないと聴いていても面白さは半減ですね。
『義経千本桜四段目』と言うのは超簡単に云うと、
 源義経が、妻・静御前に預けた初音の鼓が、宮廷の重宝で、雨乞いの時千年の却を経た雌雄の狐の皮で作られ、その鼓の皮の子が、佐藤忠信に化けた狐であった。と言う芝居です。

『ネタ』
作者とも言われている松富久亭松竹と言う師匠ですが、今の映画や歌舞伎の松竹とは関係ありません。
色々な噺をこさえており、「初天神」「松竹梅」「千両みかん」「たちぎれ」など、ほとんど現在でも、東西でよく演じられる噺ばかりです。

このページのトップヘ