はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

三遊亭圓彌

三遊亭圓彌師のこと

62bd8804398d8709366689cc931c0106今日は三遊亭圓彌師のことを……。

優しい口調ながらも本寸法で、三遊亭の噺を受け継いでいました。
また鳴り物も得意で、圓生師の「圓生百席」ではお囃子として参加しています。

「三遊亭圓彌」
1936年7月20日 – 2006年4月29日

「出囃子」
最初は、『四季の寿』でしたが、師匠没後師匠の出囃子であった『正札附』を使いました。
このことから見ても自身でも三遊亭の正当な後継者自負していたと思います。

「経歴」

1958年10月、8代目春風亭柳枝に入門。「枝吉」
1959年 師匠没後 六代目圓生一門に移籍 「舌生」
1961年9月、二つ目昇進し「円弥」
1972年9月、真打昇進。「圓彌」
2006年4月29日、肝臓癌のため都内の病院で死去。享年69。

若いころにはNHKの落語番組で「幻の噺家」と自らキャッチフレーズを言っていました。
また踊りの「藤間流」の名取でもありました。噺家さんはほとんど、踊りや唄(小唄等)の稽古をしています。それは古典落語にはその要素が沢山入っているからです。また、歌舞伎とは切っても切れない関係なので、歌舞伎座等では噺家さんが良く来ています。逆に落語の会などでは歌舞伎の俳優さんも見に来るそうです。

長い間空席となっている春風亭柳枝の名前ですが、生前に圓彌師が襲名する話がありました。
でも色々なことがクリア出来ず結局襲名は出来ませんでした。
恐らく、それから三遊亭の後継者に傾いたのだと思います。

本当に古典を語る為に生まれたような噺家さんでした。口調が良いので安心して聴いていられました。
古典落語に対する造詣が深いのにも係わらず、寄席等ではそれをひらけかす事もありませんでした。でも聴いていればそれが良く判る高座でした。
姿形も綺麗で、その意味でも本当に素晴らしい噺家さんでした。

亡くなる寸前まで寄席に出ていたと思います。その点でも素晴らしかったですね。

薩摩芋=おなら、とはいつ頃から云われていたのか?

c0460今日は秋の味覚薩摩芋のお話です。

出店は、狂言の「柑子俵」という演目や、安永2年年刊の噺本「聞上手」の「いもや」が原作とされます。
上方では「芋屁」と呼ばれています。

ある泥棒三人組が相談しています。
さる警戒厳重な大店へ押し入るため、一計を案じているのですが・・
まず、一人が芋俵の中に入り、仲間二人が「少しの間、店の前に置かせてください」と頼み込む。
店の方ではいつまでたっても取りにこないから、迷惑して俵を店の中に入れる。
夜が更けてから、中の一人が俵を破って外に出て、心張り棒を外し、待機していたあとの二人を導き入れる、
と言う計画を練ります。
ところが実際は、小僧が俵を中に入れる時、逆さに立ててしまったから、俵の中の泥棒、身動きが取れず四苦八苦。
しかし、声は立てられない。
そのうち小僧と女中が、俵の芋をちょいと失敬して、蒸かして食べよう、どうせ二つや三つならわからないと示し合わせ、小僧が俵に手を突っ込む。
逆さだから、上の方が股ぐらあたり。
そこをまさぐられたから、泥棒、くすぐったくて我慢できなくなり、思わず「ブッ」と一発。
小僧「おやおや、気の早いお芋だ」

江戸時代、薩摩芋の本場は江戸近郊では川越でした。
江戸の八百屋さんは川越産と言うと少々高くても、仕入れたそうです。
薩摩芋は1604年に琉球に伝わり、1698年に種子島、1705年頃、薩摩山川の前田利右衛門が持ち帰り、栽培したのが始めです。
享保の大飢饉の時に西日本が薩摩芋のお陰で被害が酷くならずに済んだのを見た八代吉宗が関東でも栽培するように青木昆陽に命じて栽培させました。
最初は1734年に小石川の小石川植物園等で栽培しました。

焼芋は、寛政5年(1793)の暮れに、本郷四丁目の番屋で、番太郎がアルバイトに焙烙で焼いたものを
売り出したのが起源とかいいますから案外早く普及したのですね。

続きを読む

薩摩芋とおならの密接な関係

70a98c41427041e4950fafc58626524b今日は「芋俵」です。
狂言の「柑子俵」という演目や、安永2年年刊の噺本「聞上手」の「いもや」が原作とされる。上方では「芋屁」と呼ばれています。

ある泥棒三人組が相談しています。
さる警戒厳重な大店へ押し入るため、一計を案じているのですが・・
まず、一人が芋俵の中に入り、仲間二人が「少しの間、店の前に置かせてください」と頼み込む。
店の方ではいつまでたっても取りにこないから、迷惑して俵を店の中に入れる。
夜が更けてから、中の一人が俵を破って外に出て、心張り棒を外し、待機していたあとの二人を導き入れる、
と言う計画を練ります。
ところが実際は、小僧が俵を中に入れる時、逆さに立ててしまったから、俵の中の泥棒、身動きが取れず四苦八苦。
しかし、声は立てられない。
そのうち小僧と女中が、俵の芋をちょいと失敬して、蒸かして食べよう、どうせ二つや三つならわからないと示し合わせ、小僧が俵に手を突っ込む。
逆さだから、上の方が股ぐらあたり。
そこをまさぐられたから、泥棒、くすぐったくて我慢できなくなり、思わず「ブッ」と一発。
小僧「おやおや、気の早いお芋だ」

江戸時代、薩摩芋の本場は江戸近郊では川越でした。
江戸の八百屋さんは川越産と言うと少々高くても、仕入れたそうです。
薩摩芋は1604年に琉球に伝わり、1698年に種子島、1705年頃、薩摩山川の前田利右衛門が持ち帰り、栽培したのが始めです。
享保の大飢饉の時に西日本が薩摩芋のお陰で被害が酷くならずに済んだのを見た八代吉宗が関東でも栽培するように青木昆陽に命じて栽培させました。
最初は1734年に小石川の小石川植物園等で栽培しました。

焼芋は、寛政5年(1793)の暮れに、本郷四丁目の番屋で、番太郎がアルバイトに焙烙で焼いたものを
売り出したのが起源とかいいますから案外早く普及したのですね。
続きを読む

与太郎について考えてみました。

え〜今日は落語国最大のスターである与太郎について考えて見ます。
anoc7048-04

WiKiによると・・・
性格は呑気で楽天的。何をやっても失敗ばかりするため、心配した周囲の人間から助言をされることが多い。
定職を持たずにぶらついていることが多いが、職を持っている場合は大工であることが多い。
「孝行糖」では親孝行ということになっている。「牛ほめ」などに父親が登場する。母親が直接登場することは少ないが、2人で暮らしていることが窺え、間接的に存在が明らかにされる噺は父親より多い。「ろくろ首」では兄がいることになっている。また、「錦の袈裟」では妻がいる。

となっています。
只、談志師匠は「与太郎はバカではなく、価値観の違う人物」と言っています。
又、演者としては実にインパクトがあったのが、古今亭志ん五師でした。
後に師匠の志ん朝師から「あのくらいは俺でも出来る」と言われました。
見てみたかったですねえ、志ん朝師の志ん五型の与太郎。

見かけは結構いい男らしく妻帯していたり、遊びに行くと結構モテるみたいですし、ろくろ首のお嬢さんには一目で気に入られ、初夜では2回もいたしたそう。
愛嬌があるようで、人の懐に入る才能があるかもしれません。
南瓜屋では人に売らしています。

また純粋な処もあり、人の話を聴いて自分も人助けがしたいと本機で思って行動したりしてます。
実に愛すべき人物ですね。
また、与太郎を、知的障害者だと考える方もいらっしゃるでしょうが、そこまでは行って無いのではと・・・
かなりユックリではあるが、一つ一つ丁寧に説明すればある程度は理解できます。

上方落語では登場しません。代わりに喜六と言う漫才のボケ役みたいな人物が登場します。
この人は与太郎とはどうも違いますねえ。
どっちかと言うと江戸での善兵衛さんの様な感じですねえ。
善兵衛さんと与太郎は違うのに、同じような演出をする噺家さんがいて、悲しくなりました。
かなり売れている噺家さんです。
善兵衛さんにこの喜六さんや与太郎の人物像を与えてしまったので、善兵衛さんが、人が良いのではなく
頼りない人物になってしまいました。(その音源は私がニコにUPしてますが・・・)
ちょっと悲しいです。(^^)

続きを読む

思いでの噺家さん 2 三遊亭圓彌師匠

え〜、お彼岸になりまして、少しは暖かくなったと思ったら、
今日は夕方から雨だそうです。冷たい雨になるんでしょうね。

今日は「思いでの噺家さん」で、三遊亭圓彌師匠です。
圓彌師匠は八代目柳枝師に入門しましたが、師匠が亡くなった為
六代目圓生師の預かり弟子になりました。
最近は経歴を見ても移籍と表現される事が多い様ですが、
少し違うので、ハッキリと書いた方が良いと思います。
円窓師は同じ兄弟弟子です。

でも、圓生師のお弟子さんの中で一番圓生師の芸を受け継いで
いたと思います。
演目の多さでも、その芸の性質でも私は圓生師のお弟子さんの中では
一番好きでした。
歌舞伎の素養があるので、芝居関係の噺も見事でしたし、
艶っぽい高座でありながら、権助等も可笑しく演じていました。
また、高座が終わると立ち上がって踊りを踊ってくれました。
尻端折りをして、色んな踊りを見せてくれました。
又、鳴り物も見事で、「圓生百席」でも鳴り物を努めていました。

晩年、柳枝襲名の話もあった様ですが、実現しませんでした。
芸の上では柳枝師より圓生師を尊敬していた様で、
柳枝はピンと来なかったのでしょう。
もし存命なら、七代目を継ぐのに最も相応しい方だったでしょうね。
よく寄席に出演していて、鈴本や浅草でよく拝見しました。
粋で艶っぽくて、達者な高座が懐かしいですね。

私がニコに一本だけうpした動画が残っていたので、
貼っておきます。

記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ