はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

三遊亭円歌

紋三郎稲荷は初冬の噺

1cb7b019『紋三郎稲荷』
今回はこの噺です。調べると冬の噺との事なので、取り上げて見たいと思います。

【原話】
1802年享和2年の随筆集の「古今雑談思出草紙」からと言われています。
または寛政10(1798)年刊「無事志有意」中の「玉」です。

【ストーリー】
常陸(茨城県)笠間八万石、牧野越中守の家臣、山崎平馬。参勤交代で江戸勤番に決まりましたが、風邪をひいてしまい、同僚の者より二、三日遅れて国元を出発しまた。
季節は初冬、旧暦十一月で、病み上がりですから、かなり厚着をしての道中となりました。
取手の渡しを渡ると、往来に駕籠屋が二人います。病後でもあり、風も強いので乗ることにします。
交渉すると駕籠屋が八百文欲しいと言うところ、気前よく酒手込みで一貫文はずみました。
途中、心地よくうとうとしていると、駕籠屋の後棒が先棒に、
「この頃は値切らなければ乗らない客ばかりなのに、言い値で乗るとはおかしい、お稲荷さまでも乗っけたんじゃねえか」
と話しているのが、耳に入ります。
はて、どういうわけでそう言うのかとよく考えるとどうやら、、寒いので背割羽織の下に、胴服といって狐の毛皮を着込んでいました。その毛皮の尻尾がはみ出し、駕籠の外に先が出ていいて、それが稲荷の化身の狐と間違われたことに気がつきます。
洒落気がある平馬なので、からかってやろうと尻尾を動かすと、駕籠屋は仰天。そこで、「わしは紋三郎(稲荷()の眷属だ」
等と出まけせを言ったから、駕籠屋はすっかり信じ込みます。その上、途中の立て場でべらべら吹聴するので、ニセ稲荷はすっかり閉口。
 松戸の本陣の主人、高橋清左衛門なる者が大変に紋三郎稲荷を信仰しているため、平馬はそこに連れていかれてしまいます。下りて駕籠賃を渡すと駕籠屋、
「木の葉に化けるなんてことは……」
「たわけたことを申せ。それは野狐のすることだ」
主人の清左衛門は、駕籠屋から話を聞いて大喜び。羽織袴で平馬の部屋に現れ
「紋三郎稲荷さまにお宿をいただくのは、冥加に余る次第にございます。
中庭にささやかながらお宮をお祭りし、ご夫婦のお狐さまも祠においであそばします」
 と挨拶しましたので、、平馬は
「駕籠屋のやつ、ここの親父にまでしゃべった、どうも弱った」
 と思いましたが、いっそしばらく化け込もうと決めます。
 清左衛門が、夕食はおこわに油揚げなどと言いだすので、平馬はあわてて
「そんなものは初心者の狐のもので、わしほどになると何でも食うから、酒のよいのと、
ここの名物の鯰鍋、鯉こくもよい」
等と言うので、贅沢な狐だと思いながらも、粗相があってはと、主人みずから給仕する歓待ぶりです。
平馬は、酔っぱらって調子に乗り、
「この間は王子稲荷と豊川稲荷の仲裁をした」
 などと吹きまくるのです。
 そのうち近所の者が、稲荷さまがお泊りと聞いて大勢「参拝」に押しかけたというので、
「それは奇特なことである。もし供物、賽銭などあらば申し受けると伝えよ」
「へへー」
 等とやります。
喜んだ在所の衆、拝んでは部屋に再選を放り込んでいくので、平馬は片っ端から懐へ入れてしまいます。
平馬は儲かったので、バレないうちにずらかろうと、縁側から庭に下り、切戸を開け一目散。
 それを祠の下で見ていた狐の亭主、
「おっかあ」
「なんだい、おまいさん」
「化かすのは、人間にはかなわねえ」

【演者】
明治から大正にかけ、「品川の円蔵」こと四代目橘家円蔵が得意にした噺で、六代目圓生師に受け継がれました。
二代目円歌師の高座が有名です。二代目円歌師没後は圓生師が、その後は三代目円歌師が演じていました。
今は、柳家一琴師や入船亭扇辰師が演じています。

【注目点】
圓生師はそれまでの道中の名前等がいい加減だったので、本を読み修正したそうです。この辺に圓生師の気質が表れていますね。

『能書』
紋三郎稲荷とは、茨城県笠間市の笠間稲荷の通称です。
「紋三郎」の通称の由来は、常陸国(いまの茨城県)笠間藩、牧野家初代藩主・牧野貞通の一族の牧野門三郎にちなむものとされます。
祭神は宇迦之御魂神(うかのみかまのかみ)で、創建は白雉(はくち)年間(650〜654)と相当古いです。
伏見稲荷、豊川稲荷と共に、日本三代稲荷の一つで、現在も五穀豊穣の祭神として、信仰を集めています。

『ネタ』
背割羽織とは、別名「ぶっさき羽織」「ぶっさばき」とも呼びます。
武士が乗馬や旅行の際に着用した、背中の中央から下を縫い合わせていない羽織です。

2回じゃ駄目だったの?

西行法師今日は「西行」です。
遍歴の歌人として名高い西行法師ですが、もとは佐藤兵衛尉憲清という、禁裏警護の北面の武士でした。

ある日、殿の内侍が南禅寺にご参詣あそばされた際、菜の花畑に蝶が舞っているのをご覧あって、
「蝶(=丁)なれば二つか四つも舞うべきに一つ舞うとはこれは半なり」
と詠まれたのに対し、憲清が
「一羽にて千鳥といへる名もあれば一つ舞うとも蝶は蝶なり」
と御返歌したてまつったのがきっかけで、絶世の美女、染殿の内侍に恋わずらいをして仕舞います。

身分が違うから、打ち明けることもできず悶々としているうちに、このことが内侍のお耳に達し、
気の毒に思しめして、文をよこしてくれました。
何事ならんと憲清が見ると、夢にまで見た内侍の御文です。
開けて見ると、「この世にては逢はず、あの世にても逢はず、三世過ぎて後、天に花咲き地に実り、
人間絶えし後、西方弥陀の浄土で我を待つべし、あなかしこ」とあります。

これを読んで、さすが憲清さん、たちまちその意味を解きます。
この世にては逢わずというから、今夜は逢われないということ、あの世は明の夜だから明日の晩もダメ。
三世過ぎて後だから四日目の晩、天に花咲きだから、星の出る項。
地に実は、草木も露を含んだ深夜。人間絶えし後は丑三ツ時。
西方浄土は、西の方角にある阿弥陀堂で待っていろということだろう、と解読します。

当日、待っていたのですが、待ちくたびれて、ついウトウトして仕舞います。
そこへ、内侍が現れ
「我なれば鶏鳴くまでも待つべきに思はねばこそまどろみにけり」
と詠んで帰ろうとした途端に憲清、危うく目を覚まし、
「宵は待ち夜中は恨み暁は夢にや見んとしばしまどろむ」
と返したので、で内侍の機嫌が直り、夜明けまで逢瀬を重ねて、翌朝別れる時に憲清が、
「またの逢瀬は」と尋ねると
内侍は「阿漕(あこぎ)であろう」と袖を払ってお帰り。

さあ憲清、阿漕という言葉の意味がどうしてもわからない。
歌道をもって少しは人に知られた自分が、歌の言葉がわからないとは残念至極と、
一念発起して武門を捨て歌の修行に出ようと、その場で髪をおろして西行と改名して出家します。
西行法師、若き日の逸話です。

とここで切る噺家さんが多いのですが、今日はサービスで、最後迄書きます。(^^)

諸国修行の道すがら、伊勢の国で木陰に腰を下ろしていると、向こうから来た馬子が、
「ハイハイドーッ。さんざん前宿で食らやアがって。本当にワレがような阿漕な奴はねえぞ」と言っています。
これを聞いた西行法師、はっと思って馬子にその意味を尋ねると、
「ナニ、この馬でがす。前の宿揚で豆を食らっておきながら、まだ二宿も行かねえのにまた食いたがるだ」
「あ、してみると、二度目の時が阿漕かしらん」

西行法師の噺には、鶴光師が演じている、「西行鼓ヶ滝」がありますね。
こちらは、鼓ヶ滝で歌よ詠んだ、法師の噺です。

処で阿漕とは何でしょう?
調べてみると、伊勢の阿漕ケ浦の事で、今の三重県津市南部の海岸です。
ここは伊勢神宮に供える魚を捕るため、一般には禁漁地でした。
古今六帖の古歌に、「伊勢の海阿漕(あこぎ)が浦にひく網も度重なれば人もこそ知れ」
と言う歌がありそこから、だそうです。

馬子は歌を介して発生した
「アコギ=欲深でしつこい」という語意で、馬を罵っているのですが、
西行法師は、
「二回もさせたげたのに、未練な男ね」と怒ったのかと、即物的な解釈をしたわけ?です。(^^)

ちなみに・・・染殿の内侍は1118年生まれの西行とは200歳ほども「年上」なんですねえ・・・
これこそ落語のウソですねえ(^^)続きを読む

狐になりすました男

v1328961485今日は「紋三郎稲荷」です。

原話は、寛政10(1798)年刊「無事志有意」中の「玉」と言う話です。
四代目円蔵師が得意にした噺で、これを門下の三遊亭円玉師が受け継ぎ、二代目円歌師と六代目円生師に伝えました。
今でも若手で一琴さんや扇辰さんが手がけています。師匠ゆずりで現圓歌師も演じます。

常陸の笠間藩の家臣山崎平馬は、江戸勤番となったが風邪で寝込み、二、三日遅れて一人で出発します。
風邪をひかぬよう、狐皮の胴服を着込み準備万端で出かけます。
取手の渡しを渡ると、かご屋が籠を勧めるので、乗る気になり、松戸まで八百文で行くというのに、
気前よく一貫文やると言います。

松戸までの道中、籠屋が「気前が良すぎる。お狐様でも乗っけたんじゃねか」などと話しているのが平馬の耳に入りますので、いたずら心が湧き上がります。
平馬は胴服のしっぽをかごの外へ出し狐になりすまし、かご屋を驚かし、自分は笠間の紋三郎稲荷の眷属で、王子、真崎、九郎助の方へ参ろうと思っているとかご屋をだまします。
途中の茶店で稲荷寿司ばかり食べたりするので、籠屋はすっかり信じこみます。

松戸の旅籠、本陣の主人が笠間の稲荷を信仰し庭に祠まであるというので、そこへ泊まる事にします。
籠屋が主人に、平馬はお稲荷様の眷属だと告げたため、たいそうなもてなしを受けます。
なまず鍋、鯉こく、酒に芸者も上げての大騒ぎだ。
近所の者まで平馬を拝みに来てふすまの間からお賽銭が投込まれるので大変な人気者に。

平馬はちょっとやり過ぎたと気づき、朝早くこっそり宿を抜け出します。
すると、稲荷の祠から2匹の狐がちょろちょろ出てきて、平馬の後姿をじっと見て、
「へえ―、人間は化かすのがうめえや」

紋三郎稲荷とは、日本三代稲荷の笠間稲荷の事です。
ちなみに残りの二つは豊川稲荷神社と伏見稲荷神社です。
中には祐徳稲荷神社という説もあります。



続きを読む

阿漕ってなに?

西行法師今日は「西行」です。

遍歴の歌人として名高い西行法師ですが、もとは佐藤兵衛尉憲清という、禁裏警護の北面の武士でした。

ある日、殿の内侍が南禅寺にご参詣あそばされた際、菜の花畑に蝶が舞っているのをご覧あって、
「蝶(=丁)なれば二つか四つも舞うべきに一つ舞うとはこれは半なり」
と詠まれたのに対し、憲清が
「一羽にて千鳥といへる名もあれば一つ舞うとも蝶は蝶なり」
と御返歌したてまつったのがきっかけで、絶世の美女、染殿の内侍に恋わずらいをして仕舞います。

身分が違うから、打ち明けることもできず悶々としているうちに、このことが内侍のお耳に達し、
気の毒に思しめして、文をよこしてくれました。
何事ならんと憲清が見ると、夢にまで見た内侍の御文です。
開けて見ると、「この世にては逢はず、あの世にても逢はず、三世過ぎて後、天に花咲き地に実り、
人間絶えし後、西方弥陀の浄土で我を待つべし、あなかしこ」とあります。

これを読んで、さすが憲清さん、たちまちその意味を解きます。
この世にては逢わずというから、今夜は逢われないということ、あの世は明の夜だから明日の晩もダメ。
三世過ぎて後だから四日目の晩、天に花咲きだから、星の出る項。
地に実は、草木も露を含んだ深夜。人間絶えし後は丑三ツ時。
西方浄土は、西の方角にある阿弥陀堂で待っていろということだろう、と解読します。

当日、待っていたのですが、待ちくたびれて、ついウトウトして仕舞います。
そこへ、内侍が現れ
「我なれば鶏鳴くまでも待つべきに思はねばこそまどろみにけり」
と詠んで帰ろうとした途端に憲清、危うく目を覚まし、
「宵は待ち夜中は恨み暁は夢にや見んとしばしまどろむ」
と返したので、で内侍の機嫌が直り、夜明けまで逢瀬を重ねて、翌朝別れる時に憲清が、
「またの逢瀬は」と尋ねると
内侍は「阿漕(あこぎ)であろう」と袖を払ってお帰り。

さあ憲清、阿漕という言葉の意味がどうしてもわからない。
歌道をもって少しは人に知られた自分が、歌の言葉がわからないとは残念至極と、
一念発起して武門を捨て歌の修行に出ようと、その場で髪をおろして西行と改名して出家します。
西行法師、若き日の逸話です。

とここで切る噺家さんが多いのですが、今日はサービスで、最後迄書きます。(^^)

諸国修行の道すがら、伊勢の国で木陰に腰を下ろしていると、向こうから来た馬子が、
「ハイハイドーッ。さんざん前宿で食らやアがって。本当にワレがような阿漕な奴はねえぞ」と言っています。
これを聞いた西行法師、はっと思って馬子にその意味を尋ねると、
「ナニ、この馬でがす。前の宿揚で豆を食らっておきながら、まだ二宿も行かねえのにまた食いたがるだ」
「あ、してみると、二度目の時が阿漕かしらん」

西行法師の噺には、鶴光師が演じている、「西行鼓ヶ滝」がありますね。
こちらは、鼓ヶ滝で歌よ詠んだ、法師の噺です。

処で阿漕とは何でしょう?
調べてみると、伊勢の阿漕ケ浦の事で、今の三重県津市南部の海岸です。
ここは伊勢神宮に供える魚を捕るため、一般には禁漁地でした。
古今六帖の古歌に、「伊勢の海阿漕(あこぎ)が浦にひく網も度重なれば人もこそ知れ」
と言う歌がありそこから、だそうです。

馬子は歌を介して発生した
「アコギ=欲深でしつこい」という語意で、馬を罵っているのですが、
西行法師は、
「二回もさせたげたのに、未練な男ね」と怒ったのかと、即物的な解釈をしたわけ?です。(^^)

ちなみに・・・染殿の内侍は1118年生まれの西行とは200歳ほども「年上」なんですねえ・・・
これこそ落語のウソですねえ(^^)続きを読む

コミニュテイFM系「温井摩耶の落語のじかんですよ」を聴いて

以前、ここでFM葛飾をキーステーションに放送している。
コミニュテイFM系「温井摩耶の落語のじかんですよ」について
書きましたが、このコミニュテイFM(CSRA.fun)を手軽に録音出来る
ソフトがあります。
多くの方は既に知ってると思いますが、CSRA.fun!と言うソフトです。
RADIKO RECORDERの作者が制作したソフトで、1番組だけですが、
予約録音もできます。

http://www18.atpages.jp/tetsu477/

何回か試しましたが、今の処失敗はありません。
この系列で、姫路のFM-GENKIと言う局が月のうち2週と4週の木曜の
12時〜13時で「温井摩耶の落語のじかんですよ」を放送しています。
昨日録音してみましたが、葛飾より2週遅れでした。
葛飾が1日.8日に放送した録音を昨日放送してました。
でもノイズの無い音で録音出来ました。興味がある方はお試しを・・・

images0415


ここから本題、マクラが長いなぁ〜・・すいません。(^^)
昨日の演目は小さん「長屋の花見」と二代円歌「紋三郎稲荷」の二席でした。
円歌師匠のこの噺は私がニコにUpしている音源と同じでしたが、
この噺は三代目圓歌師も演じます。
噺そのものは師匠と殆ど同じなのですが、何か違う噺に聞こえてしまいます。
二代目は大層艶ぽかった方だそうですが、三代目も惚けた味があって
良いと思うのですが、何か普通の噺家さんが古典を演じるのとは違うんですよね。
三代目は「中澤家」が有名ですが、二代目がやった演目をかなり演じています。
「紺田屋」等もそうですし、「品川心中」もそうですね。
芸術祭賞を受賞した噺家さんに対して失礼なのですが、
「坊主の遊び」等でも例えば、志ん朝師のは花魁の髪を剃ってしまう
のは洒落として感じますが、圓歌(三代目)のは何か生々しく感じて
しまうのです。これは私だけでしょうが・・・
この間も書いた通り三代目は最初に好きになった噺家さんですから
決して非難している訳では無いのですが、何か他の噺家さんとは
違う要素を感じてしまうのです。
それが、新作口調からなのか、あるいはもっと技術的なものなのかは
もっと聴きこまなくては分かって来ないのかもしれません。

続きを読む
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ