はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

三遊亭兼好

貴方の家の傍の砂場にも……

1103-1今日は「黄金の大黒」です。

明治末から昭和初期にかけて、初代春団治師の十八番だった上方落語を、金語楼師が東京に持ってきて、脚色しました。
今でもよく演じられる噺ですが、残された音源は少ない様です。

長屋の一同に大家から呼び出しが掛かりました。
普段から店賃なんぞは爺さんの代に払ったきりだとか、
店賃? まだもらってねえ、などどいう輩ばかりなので、
てっきり滞納で店立ての通告と思い込みます。

ところが、聞いてみると、子供たちが普請場で砂遊びをしていた時、
大家のせがれが黄金の大黒さまを掘り出したという。
お目出度い事なので、長屋中祝ってお迎えしなければならないから、皆一張羅を着てきてくれと大家の伝言。

ご馳走になるのはいいが、一同、羽織なぞ持っていません。
中には、羽織の存在さえ知らなかった奴もいて、もう大変。

やっと一人が持っていたはいいが、裏に新聞紙、右袖は古着屋、左袖は火事場からかっぱらってきたという大変な代物です。
それでも、無いよりはマシなので、、交代で着て、変な祝いの口上を言いに行きます。

そして、待ちに待ったごちそう。
鯛焼きでなく本物の鯛が出て寿司が出て、普段からそんなものは目にしたこともない連中だから、
さもしい根性そのままに、ごちそうのせり売りを始める奴がいると思えば、
寿司をわざと落として、
「落ちたのはきたねえからあっしが」と六回もそれをやっているのもいる始末。
そのうち、お陽気にカッポレを踊るなど、呑や歌えのドンチャン騒ぎ。

ところが、床の間の大黒さまが、俵を担いだままこっそり表に出ようとするので、
見つけた大家が、
「もし、大黒さま、あんまり騒々しいから、あなたどっかへ逃げだすんですか」
「なに、あんまり楽しいから、仲間を呼んでくるんだ」

大黒様は、もとは大黒天と言い、インドの戦いの神で、シヴァ神の化身であるマハーカーラと言い、
頭が三つあり、怒りの表情をして、剣先に獲物を刺し通している、恐ろしい姿で描かれていました。

ところが、軍神として仏法を守護するところから、五穀豊穣をつかさどるとされ、のちには台所の守護神に転進したという訳です。

江戸時代には、大黒舞いといい、正月に大黒天の姿をまねて、打ち出の小槌の代わりに三味線を手に持ち、
門口に立って歌、舞いから物まね、道化芝居まで演じる芸人が居たそうです。

この噺を聴いて今ではこのような大家さんはいないでしょうね。落語の世界ならではですね(^^)


※ 24日の今日、「若大将のゆうゆう散歩」が放送されました。明日も堀切からだそうです。続きを読む

砂場から見つかった大変なモノ

1103-1今日は「黄金の大黒」です。

明治末から昭和初期にかけて、初代春団治師の十八番だった上方落語を、金語楼師が東京に持ってきて、
脚色しました。
今でもよく演じられる噺ですが、残された音源は少ない様です。

長屋の一同に大家から呼び出しが掛かりました。
普段から店賃なんぞは爺さんの代に払ったきりだとか、
店賃? まだもらってねえ、などどいう輩ばかりなので、
てっきり滞納で店立ての通告と思い込みます。

ところが、聞いてみると、子供たちが普請場で砂遊びをしていた時、
大家のせがれが黄金の大黒さまを掘り出したという。
お目出度い事なので、長屋中祝ってお迎えしなければならないから、皆一張羅を着てきてくれと大家の伝言。

ご馳走になるのはいいが、一同、羽織なぞ持っていません。
中には、羽織の存在さえ知らなかった奴もいて、もう大変。

やっと一人が持っていたはいいが、裏に新聞紙、右袖は古着屋、左袖は火事場からかっぱらってきたという大変な代物です。
それでも、無いよりはマシなので、、交代で着て、変な祝いの口上を言いに行きます。

そして、待ちに待ったごちそう。
鯛焼きでなく本物の鯛が出て寿司が出て、普段からそんなものは目にしたこともない連中だから、
さもしい根性そのままに、ごちそうのせり売りを始める奴がいると思えば、
寿司をわざと落として、
「落ちたのはきたねえからあっしが」と六回もそれをやっているのもいる始末。
そのうち、お陽気にカッポレを踊るなど、呑や歌えのドンチャン騒ぎ。

ところが、床の間の大黒さまが、俵を担いだままこっそり表に出ようとするので、
見つけた大家が、
「もし、大黒さま、あんまり騒々しいから、あなたどっかへ逃げだすんですか」
「なに、あんまり楽しいから、仲間を呼んでくるんだ」

大黒様は、もとは大黒天と言い、インドの戦いの神で、シヴァ神の化身であるマハーカーラと言い、
頭が三つあり、怒りの表情をして、剣先に獲物を刺し通している、恐ろしい姿で描かれていました。

ところが、軍神として仏法を守護するところから、五穀豊穣をつかさどるとされ、のちには台所の守護神に転進したという訳です。

江戸時代には、大黒舞いといい、正月に大黒天の姿をまねて、打ち出の小槌の代わりに三味線を手に持ち、
門口に立って歌、舞いから物まね、道化芝居まで演じる芸人が居たそうです。

この噺を聴いて今ではこのような大家さんはいないでしょうね。落語の世界ならではですね(^^)続きを読む

そっくり真似たまでは良かったが・・・

P09040003今日は看板のピン」です。

昔は、一席の噺ではなく、博打が出てくる「へっつい幽霊」や「狸賽」のマクラとして語られていたそうです。
今では寄席に行くと必ず掛かりますね。

町内の若い衆が博打を打っているところへ隠居がやって来ました。
隠居は若い衆を戒めながらも、一回きりという約束で彼らの博打に仲間入りすることになります。
そこで胴を持つことになった隠居ですが、賽子を振ったところ、壺皿の中から賽子が表に転がり出てしまいました。しかもその賽子ははっきりとピン(一)の目が出ているのがありありと見えているというのに、隠居はそのことにまるで気がついていません。
若い衆はこぞってピンに張りましたが、実はこの賽子は看板で、本当の賽子はちゃんと壺皿の中にあったのです。こうして隠居にやり込められてしまった若い衆たちは、これで反省するかというと、そんなことは全くなく、自分も同じことをしてやろうと他の賭場へ行き、そっくり隠居と同じセリフを言いますがこれがトンチンカン。
むりやり胴を取ると、わざとピンを出して、「さあ、張んな。みんな一か。そう目がそろったら、看板のピンは、こうして片づけて」
「あれ、おい、ピンは看板かい」
「オレが見るところ、中は五だな。
みんな、これに懲りたらバクチは……ああっ!中もピンだ」

通の人からすれば、この噺はあまりにも有名な噺で、「鸚鵡返し」の典型的なのですが、後半は非常にトリッキーな構成になっているので、一度聞いてしまうと二度目以降は騙される快感がなくなってしまうと思う人もいるでしょうがそこはベテランや上手な噺家さんで聴きたいですね。



続きを読む

三遊亭兼好さんのポッドキャストその2

今日は昨日続きです。
今日の分にはきちんと一席「金明竹」が入っています。

皆さんの所はお天気如何ですか?
葛飾は雨ですw今の処ですが、5時頃から振り出しました。
ラジオでは雪!雪!と叫んでいます。
とりあえず、一安心です。

期限は何時ものように一週間です。
http://firestorage.jp/download/8ab47a79d8340b08998c6422dce32c0581f904b7

三遊亭兼好さんのポッドキャスト

e66a1ddc.jpg今日は三遊亭兼好さんの事を少し。
三遊亭兼好さんのポッドキャストが在ることをご存じでしょうか?
「なるほど がってん ポッドキャスティング」と言う処がありまして、
色々なコーナーがあるのですが、其の中に落語がありまして、
兼好さんが、噺家の日常や寄席等のしきたりを話し、
小咄等を一席話しているのです。
二ヶ月に一度更新されている様です。

http://naruhodogatten.cocolog-nifty.com/blog/cat38411076/index.html

iTunes等でDLして聴いてみて下さい。
其の中でインタビュー以外の回をうpしました。
いちいち面倒くさい方は
今日と明日の二回に分割してうpしましたので
こちらからDLして下さい。
今日は前半の三席です。
http://firestorage.jp/download/97a3e5b9646e08321b0b5d81eebf9fdf58446a94

追伸・・・柳家喜多八師匠が体調不良で緊急入院したそうです。
     詳しい事は分からないのですが、落語会を休んだそうです。
     寄席フローラル  2月15日(火)は中止だそう。
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ