はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

三笑亭茶楽

茶楽師匠を聴きたい!

up_ph_b44と言う訳で今日は個人的に好きな三笑亭茶楽師です。
【三笑亭茶楽】
1942年〈昭和17年〉7月3日 生まれ 落語芸術協会所属 理事
1963年(昭和38年)5月 八代目三笑亭可楽に入門し、三笑亭可六を名乗る
1966年(昭和41年)10月 – 二ツ目に昇進し、茶楽と改名。
1976年(昭和51年)4月 – 真打昇進。

【芸風】
もうね、これは粋が着物を着ている感じの師匠です。
江戸落語の粋の部分を非常に良く表してくれます。
「宮戸川」の叔父さんなどは本当に絶品ですね。人情に厚い人を良く表していると思います。
江戸落語が何を大事にして来たか? を判らせてくれる師匠です。

【得意演目】
「文七元結」「たち切り」「品川心中」「紙入れ」「宮戸川」「子別れ」「紙入れ」」「芝浜」「船徳」「三年目」「持参金」

【エピソード】
海外で非常に多くの公演をしており英語でも落語を演じます。
またクイズマニアで、『クイズグランプリ』優勝、MBS『ダイビングクイズ』『アップダウンクイズ』優勝、TBS『クイズ世界をあなたに』優勝、日本テレビ『クイズオンクイズ!!』優勝、テレビ朝日『クイズタイムショック』全問正解、ABC『アタック25』優勝と活躍しています。

【健二のネタ】
寄席でも中入り後の深い出番に良く出ます。この出番が深いという事は噺家として重要なのです。その意味でも名手であることが判ります。
故立川談志師に非常に可愛がられ、稽古を多く付けて貰った事は知る人ぞ知る事です。

浅草演芸ホール3月中席後半夜の部

highlight_09mar2011_4昨日は仕事が終わってから、浅草に行きました。
お目当ては先月見れなかった茶楽師です。

着いたらもう六時は回っていまして、金遊師が高座に出て来る処でした。
入りは8割位でしたが、二階は開いていません。
演目は「子ほめ」でした。
丁寧に演じていますが、この師匠、正直薄味なんですよね。
メリハリが無いんです。以前「品川心中」をトリで聴いた時も思いましたが、少しぼおっとした人物の描写はいいのですが、皆同じ感じなんですね。
ヘタでは無いけど、こちらに訴えてくるものが乏しいんですよね。
演目を選べば良いのかもしれません。

東京ボーィズさんが登場し賑やかにしてくれます。
昨日は「謎掛け問答」はやりませんでしたが芸達者でいいですねえ〜(^^)

続いては仲入りで桃太郎師です。
昨日は歌謡曲の漫談でしたね(なんてい云うタイトルかしりませんw)
ここで仲入りでしたがあまり帰りませんでした。
結構増えていて、一階だけですが、大体埋まりました。

食付きは文月さん。この方、浅草によく出ます。そして大抵、食いつきです。
でもね、師匠ゆずりの「あわても」のを演じたのですが、テンポがよくありませんでした。
ポイントで笑いを取るのですが、間が空いてしまうので波にならないんですよね。
この演目はテンポが命で、テンポが良ければ面白く出来ていますので、受けるんですが・・・

お次は、ボンボンブラザースさんでした。新しいワザを披露してくれました。凄いなぁ〜
そして、若手の夢花さんです。
昨日は、良かったですねえ。
枕で客を掴んで「桃太郎」に入って行きましたが、無駄も無くテンポも良かったです。
最初「小児は白き糸の如し・・」と入ったので、「真田小僧」かと思いましたが、
咄嗟に変えたのかどうか・・・・良い出来でした。

次は柳家蝠丸師でしたが、古典かと思いしや「旧婚旅行」でした。
これは古くは先代の今輔師や圓右師がやっていた新作落語でした。
どういうのかと云うと・・・・
結婚50年を記念して老夫婦が新婚旅行に来た旅館に来て、その時と同じ事をしようとして、失敗する噺です。
が、アナクロというか何か酷い・・・夫婦が裸になり抱きあおうとしてすれ違って、奥さんが弾みで隣の宴会場に
飛び込み、ストリップしてしまう、夫は二階から転落してしまうという内容です。
まあ、この噺を現役で聞けるとは思いませんでした。ある意味凄い!

続きは漫才の京丸京平さんでしたが、ネタなのかどうか、セリフを覚えて無いのでメモを見ながらヤッてるんです。
前もグダグダでしたが今回もグダグダでネタでなかったら信じられないですね。

そしてお待ちかねの茶楽師の登場です。
演目は「持参金」で、小間物屋の甚平衛さんが粋な感じですね。
口八丁で粋な甚平衛さんですね。
前に一度聴いていますが、今回も良かったです。
20日までにもう一回聴きに行こう!(^^)

ここで帰宅。というのはこの芝居は終了が遅いらしいのです。
今まで浅草の夜席は8時30〜40分の上がりでしたが、この芝居は45分以降なのです。
茶楽師が終わって30分位でしたから、膝のうめ吉姐さんの時間を考えると45分くらいになりますね。
まさかトリで15分は無いと思いますので、終了が遅くなってるのではと思います。
これは次行けたら確かめてみます。
これも芸協の改革の一つなのでしょうか?
変わって行くのでしょうかね。
続きを読む

浅草演芸ホール二之席 初日夜の部

asakusa昨日は、夜仕事が無かったので、今年の初寄席に浅草に行ってきました。
昨年の末から茶楽師が聴きたくてたまらなかったのです。(^^)

5時半くらいにホールに到着して入ると、まねき猫さんが高座に上がっていました。お父さん譲りの猫の真似で会場を湧かせていました。
入りはかなり悪く、半分位ですかね。寒さの影響でしょうか。
続いて、南なん師が「町内の若い衆」でした。
この芝居は出演者が多いので、時間があまり取れない為、マクラ無しで、いきなり噺に入りましたね。
今回は多かったですね。挨拶すると噺に入る噺家さん。

次が蝠丸師で「お七の十」でしたが途中で、時間が来てドラがボ〜ンと鳴っておしまいでした。
扇鶴師が粋曲で喉を聴かせると代演で柳橋師で「狸札」。
雷蔵師が「こり相撲」(相撲場風景)でこれは師匠ゆずりですね。
帰りに浅草の駅で一緒になりました。師匠、浅草の駅の階段をものすごい速さで駆け上がっていきました。
若いなぁ〜(^^)

喜楽、喜乃の親子コンビで太神楽が正月らしくて良いですね。
桃太郎師で「裕次郎物語」、そして、小遊三師がこの季節なのに「夏泥」これは今の時期普通は聴けない演目です。ここで仲入りです。
時間が押してるので、休憩が短い!すぐ始まりました。

食いつきは米多郎さんで「尻餅」でしたね。この人結構この演目得意なのか、達者でしたね。味は薄かったですが・・・
次は北見伸&ステファニーさんのマジックショーで、寄席とは思えない大掛かりな仕掛けで楽しめました。
ステファニーさん色っぽかったなぁ〜(^^)

次が富丸さんで小咄でした。
そして、お待ちかねの茶楽師です。ツイッターに凄い発見って書いちゃったけど、そうでも無いかな?
演目は「紙入れ」でしたね。こう言う色っぽい噺をさせたら、おそらく当代一でしょうね。
発見と言うのは・・・
他の噺家さんは、新さんと女将さんは、イタしてないうちに旦那が帰ってくると言うのがほとんどです。
これからと言う時とか、布団に入ったらとか言う具合ですね。
茶楽師の場合はもうヤッてる真っ最中に帰ってくるのです。これ凄い!
「やがて、すすり泣きに似た声がして」とか「猫が水飲む音でなし」とか「もう少しで頂上」とかそんな言葉が
出てくるんです。意味は深くは追求しませんが・・・・(^^)
前から何となく多少は言ってましたが、ここまでハッキリとは言ってませんでした。正月サービスなのかな?
それがね、ちっともいやらしく無いんですよね。そこが凄い!
旦那との切り替えも見事でした。(俺は何を期待してるんだろう・・・)

次は遊三師でしたが、これがトリかと思うほどたっぷりと演じてました。
マクラが長いので、噺には入らないか、「パピプペポ」かな?と思ったのですが、「替り目」でした。
「元帳みられちゃった」でサゲましたが、ここまで30分近く使いましたね。
ここでほぼ8時です。
今日はここで帰宅することにしました。
後は米助師と米丸師だったので、寒くなると言うので帰宅しました。
米丸師も聴いておきたかったのですがね・・・(^^)続きを読む

浅草演芸ホール4月下席前半5日目

先日、また新聞屋が浅草の招待券を持ってきまして、この月末にですよ。
5月ぶんじゃありません4月分。
どうやら、何処も貰い手が無いので持ってきたみたいです。
どうも契約延長のネタに使うつもりの様です。
そっちは妻に任せて、券は貰いました。
で、昨日早速行きました。だって休日だけどTV点けるとスーちゃんの葬儀の事ばかりなんですよね。
見てましたケドあまりにも悲しいので、出かけて仕舞いました。
これで今月は上席、中席、下席と行きましたね。(^^)
hanashi

丁度、夜席が始まった処でした。
鯉斗さんが「芝居の喧嘩」でしたが、この噺は彼には合わないなぁと感じましたね。
それとも稽古が足りないのか、グデグデでした。
続いてマグナム小林さん。
彼はその昔談志師匠の弟子で立川小談林と言いましたね。
お次は神田紅先生登場。「まってました」の声が掛かります。演目は「お江様」
小文治師は「不動坊」何処で切るのかと思っていたら、風呂の処でした。
こんな演目も寄席で掛かるんですね。
次は宮田章司さんでしたが、ここで私の隣に座っていた男が後ろの年配者と喧嘩を始めそうになりまして、
いい迷惑。あまり続く様なら実力行使に出ようかとも思いましたが
こちらの堪忍袋が破裂する寸前で静まりました。
最も二人ともこちらのただならぬ気配を感じた様ですが。(^^)
騒ぐなら表でやって欲しいものです。

それから遊喜さんが登場。以前より良くなってきましたね。
噺にメリハリが効いてきました。
演目は「看板のピン」。次が鯉昇師の代演で歌春師でいつものマクラを長々と振った後に「垂乳根」
仲入りは栄輔師の代演で何と茶楽師匠。
嬉しいなんてもんじゃありません。丁度聴きたかったんですよ。(^^)
演目は得意の「宮戸川」でした。
途中で出るより時間があるので、じっくりと演じていました。
やっぱりいいですねえ〜(^^)
仲入り後のくいつきは平治師で「饅頭怖い」でした。声が大きくてよく響きます。
元気イッパイの高座で、元気を分けて貰いました。
ここで帰宅。何と言っても茶楽師が聴けただけでも儲け物でした。
それから平治師は苦手だったのですが、今日見て改めて見直しました。

それから、例のおじさんは今日も居ましたW
こないだも居ましたね。最も何時もの席が座られていたので、一番前の右端に座ってました。(^^)

寄席でおすすめの噺家さん 1

55689656.jpghanashi












まず始めに、昨日コント55号で活躍された坂上二郎さんがお亡くなりに
なられました。謹んでご冥福をお祈り致します。
子供の頃から随分楽しませて貰いました。
安らかにお休み下さい。

落語ブームに乗り落語関係の書籍が随分刊行されています。
中には先日私が読んだ本のように噺家さんを紹介する本も沢山出ています。
それらの中には寄席に出ている噺家さんを詳しく紹介した本が少ないと思います。
昨日の記事に書いた本は最初は寄席に行ってはイケナイ様な書き方がされていました。
そこで私はこのブログで本には載らないけど、この人がプログラムに出ていたら、見に行っても損は無いと言う噺家さんを紹介して行きたいと思います。

まず、柳家小満ん師匠・・・変幻自在の燻し銀
もう、落語通の間では当代屈指の噺家さんですが、一般的には余り知られていません。春風亭昇太さんは知っていても小満ん師匠は知りませんね。
知っていても寄席によく出る地味な噺家さん。
古典を昔通りにやる噺家さんと言ったイメージでしょう。
実は違うんです!古典をやらせてもお客に合った演じ方をします。
その様な変幻自在な一面もあるんです。
本寸法に演じれば燻し銀。受けないとみるや、「時そば」を喬太郎師のやり方にあっさりと変え、あまつさえ本人より上手く演じてしまうと言う
離れ業もある師匠なのです。
今が旬と言っても良いくらいです!

三笑亭茶楽師匠・・・寄席の粋なおじさん
茶楽師匠は先代可楽師の弟子で、芸協の幹部です。
当然出番は深い処です。でも芸は深く無い!
とっても粋で、鯔背な芸なのです。
例えば「宮戸川」、この噺は大体若い噺家さんのネタですが、
師匠が演じてもとっても素敵なのです。
特に素敵なのが半七の叔父さんで霊岸島の叔父さん。
師匠はこの人を中心に噺を進めて行きます。
この叔父さんがとても粋なんですよ。
出来れば噺の中に入って、叔父さんとイッパイやりたいくらいです。w
他にも「紙入れ」なんか艶ぽくてイイですよ〜。
芸協の芝居で師匠が出てくると、元は完全に取れたなと思います(^^)
ここの処浅草の夜席に出ないので、チョット寂しいです。

記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ