はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

三十石

三十石夢の通い路と言う噺

09031705-thumbやっと目の状態も回復して来ましたので、ボチボチと更新して行きたいと思います。
 世間の話題は昨日の小保方さんの記者会見で持ちきりですが、私は昨日の会見は弁護士の作戦通りだったのでは無いかと思いました。感情が高ぶって涙を流したのは本当なのでしょうが、全体としては弁護士の立てた作戦の通りにしたのだと思いました。
 後感じたのは、彼女の陰に誰か別の研究者の存在が見えた感じがしました。だから、具体的な事はあそこでは一切言えなかっただと思います。(これも弁護士の作戦かも知れませんが)

 という訳で今日は全く関係無く「三十石」です。
 この噺は上方落語の「東の旅」の最後の噺で、、伊勢参りの最終部、京から大坂の帰路の部分を描いています。
正式には「三十石夢乃通路」と言います。
明治初期の初代文枝師が前座噺を大ネタにまで仕上げ、その後、2代目小文枝師や5代目松鶴師が得意とたそうです。
その後、6代目松鶴師や、5代目文枝師、米朝師、枝雀師なども得意としました。
東京では六代目圓生師が得意にして演じていました。圓生師は5代目松鶴師に教えを請うたとそうです。

あらすじは他愛無い船の道中の出来事です。
主人公二人が京からの帰途、伏見街道を下り、寺田屋の浜から夜舟に乗り、大坂へ帰るまでを描きます。
前半は宿の描写、船が出る時のにぎわい、美人が乗ると思い込んだ好色な男の妄想等が描かれます。

旅の道中に出会ういろいろなものに触れての軽妙な会話、船頭の物まね、などが続きます。
後半では船中で五十両の金が盗まれる騒動が起きるが、船頭の機転で盗んだ男がつかまり、噺はめでたく結ばれる。
本来のサゲは、その船頭が、礼金を貰い、泥棒は骨折り損だったので、「権兵衛ごんにゃく船頭(辛労)が利」と言う地口オチでしたが、現在では使われていません。
現在のサゲは、ろくろ首のくだりで、薬を飲むと長〜く苦しむ、となっていますが、ここまでもやらず。
単に船頭の舟歌のあとで、「三十石は夢の通い路でござます」と切る事が多いです。

圓生師によると、この船頭の唄は3つとも調子が違うので演じる時に唄の調子から噺の口調に戻る時が難しいそうです。続きを読む

三十石夢の通い路

09031705-thumb今日は「三十石」です。

この噺は上方落語の「東の旅」の最後の噺で、、伊勢参りの最終部、京から大坂の帰路の部分を描いています。
正式には「三十石夢乃通路」と言います。
明治初期の初代文枝師が前座噺を大ネタにまで仕上げ、その後、2代目小文枝師や5代目松鶴師が得意とたそうです。
その後、6代目松鶴師や、5代目文枝師、米朝師、枝雀師なども得意としました。
東京では六代目圓生師が得意にして演じていました。圓生師は5代目松鶴師に教えを請うたとそうです。

あらすじは他愛無い船の道中の出来事です。
主人公二人が京からの帰途、伏見街道を下り、寺田屋の浜から夜舟に乗り、大坂へ帰るまでを描きます。
前半は宿の描写、船が出る時のにぎわい、美人が乗ると思い込んだ好色な男の妄想等が描かれます。

旅の道中に出会ういろいろなものに触れての軽妙な会話、船頭の物まね、などが続きます。
後半では船中で五十両の金が盗まれる騒動が起きるが、船頭の機転で盗んだ男がつかまり、噺はめでたく結ばれる。
本来のサゲは、その船頭が、礼金を貰い、泥棒は骨折り損だったので、「権兵衛ごんにゃく船頭(辛労)が利」と言う地口オチでしたが、現在では使われていません。
現在のサゲは、ろくろ首のくだりで、薬を飲むと長〜く苦しむ、となっていますが、ここまでもやらず。
単に船頭の舟歌のあとで、「三十石は夢の通い路でござます」と切る事が多いです。

圓生師によると、この船頭の唄は3つとも調子が違うので演じる時に唄の調子から噺の口調に戻る時が難しいそうです。

続きを読む

私的枝雀論

82250b58今日は桂枝雀師について、極々私的な思いを書いてみたいと思います。以前書いたものに補正しました。

枝雀師匠と言えば、派手な身振り手振りで陽気な高座が思い浮かんで来ます。
見ていてとても楽しい高座です。
余りにも楽しいので見過ぎると中毒になる危険もありますw

私は落語を聴くときは、仕事をしながら聴く事が多ので、自然と音のみが多くなります。
落語を流しながら調理の仕込みをしたり片付けをしながら聞いたりなんて事をよくします。

ですから枝雀師匠の落語も同じ様に聞いていました。
他の師匠と違って、枝雀師はTV等で、映像を先に見ていたので、音声のみを聞いた時は
印象が随分違うのに驚きました。

音声のみで聞いて居ると枝雀師の噺は映像の時とは真逆に感じてしまいました。
物凄く静かで、どちらかと言うと静の部分が強調され、しつこいと感じていた語り口は逆にあっさりと感じ、
全体的に、静かな語り口にさえ感じてしまうのです。

さらに聴きこんでいくと、年代もありますが、
私がニコにうpした「三十石」等は後半は苦しんでいる様に聞こえます。
落語を語りながらも師匠は泣いて苦しんでいる様な気さえしました。

映像でも最後の方の高座は正面を切れていませんが、
音声のみを聞いて居ると師匠はもっと早くから苦しんでいた様に感じます。

ここから先は私の独断と偏見で書きますが、(すでにそうなっているってw)
枝雀師は弟弟子の吉朝師と言うこれまたもの凄い噺家さんがいましいた。
彼の高座を見てその本格ぶりと自分のTV向けの高座を比較し、
本来の自分のやりたい高座とのギャップに苦しんでいたのでは無いでしょうか?
人気があって面白くても、演目としての深みが無い・・・・
其の様に考えていたとしても不思議じゃ無いと思います。
真面目な師匠はその辺を考え過ぎてしまったのかと・・・・

「天神山」等はあえてサゲを付けずに演じてみたり色々工夫はしていましたが、悩みすぎたんでしょうね、なんせ人気が凄すぎた!

米朝師に「自分が行き詰まったら、『たちきり』がまだあるぞ、と言ってください」と言っていたそうです。
その事からも、もっと人情噺の方向も探っていたと思われます。

それと、本格的な落語ファンから見れば、米朝師の落語を継ぐのは吉朝師だと思っていたハズです。
ならば、自分はどう将来レベルアップしなくてはならないのか、
そんな事を考えてしまったのかなあ〜と思っています。

TVと芸のギャップに悩んだのは小圓遊師も同じですね。

「バカ言ってんじゃねえよ!」
と思った方もおいででしょうが、独断と偏見でかきましたw

昇華した枝雀師匠を聞いてみたかったなあ・・・・
続きを読む

三十石夢の通い路

09031705-thumb今日は「三十石」です。

この噺は上方落語の「東の旅」の最後の噺で、、伊勢参りの最終部、京から大坂の帰路の部分を描いています。
正式には「三十石夢乃通路」と言います。
明治初期の初代文枝師が前座噺を大ネタにまで仕上げ、その後、2代目小文枝師や5代目松鶴師が得意とたそうです。
その後、6代目松鶴師や、5代目文枝師、米朝師、枝雀師なども得意としました。
東京では六代目圓生師が得意にして演じていました。圓生師は5代目松鶴師に教えを請うたとそうです。

あらすじは他愛無い船の道中の出来事です。
主人公二人が京からの帰途、伏見街道を下り、寺田屋の浜から夜舟に乗り、大坂へ帰るまでを描きます。
前半は宿の描写、船が出る時のにぎわい、美人が乗ると思い込んだ好色な男の妄想等が描かれます。

旅の道中に出会ういろいろなものに触れての軽妙な会話、船頭の物まね、などが続きます。
後半では船中で五十両の金が盗まれる騒動が起きるが、船頭の機転で盗んだ男がつかまり、噺はめでたく結ばれる。
本来のサゲは、その船頭が、礼金を貰い、泥棒は骨折り損だったので、「権兵衛ごんにゃく船頭(辛労)が利」と言う地口オチでしたが、現在では使われていません。
現在のサゲは、ろくろ首のくだりで、薬を飲むと長〜く苦しむ、となっていますが、ここまでもやらず。
単に船頭の舟歌のあとで、「三十石は夢の通い路でござます」と切る事が多いです。

圓生師によると、この船頭の唄は3つとも調子が違うので演じる時に唄の調子から噺の口調に戻る時が難しいそうです。


続きを読む
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ