はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:三十石

『三十石』 今日はこの噺です。季節的には余り寒くない頃だと思いいます。 【原話】 この噺は上方落語の「東の旅」の最後の噺で、、伊勢参りの最終部、京から大坂の帰路の部分を描いています。 正式には「三十石夢乃通路」と言います。 【ストーリー】 あらすじは他愛無い…
>>続きを読む

やっと目の状態も回復して来ましたので、ボチボチと更新して行きたいと思います。  世間の話題は昨日の小保方さんの記者会見で持ちきりですが、私は昨日の会見は弁護士の作戦通りだったのでは無いかと思いました。感情が高ぶって涙を流したのは本当なのでしょうが、全体とし…
>>続きを読む

今日は「三十石」です。 この噺は上方落語の「東の旅」の最後の噺で、、伊勢参りの最終部、京から大坂の帰路の部分を描いています。 正式には「三十石夢乃通路」と言います。 明治初期の初代文枝師が前座噺を大ネタにまで仕上げ、その後、2代目小文枝師や5代目松鶴師が得意…
>>続きを読む

今日は桂枝雀師について、極々私的な思いを書いてみたいと思います。以前書いたものに補正しました。 枝雀師匠と言えば、派手な身振り手振りで陽気な高座が思い浮かんで来ます。 見ていてとても楽しい高座です。 余りにも楽しいので見過ぎると中毒になる危険もありますw …
>>続きを読む

今日は「三十石」です。 この噺は上方落語の「東の旅」の最後の噺で、、伊勢参りの最終部、京から大坂の帰路の部分を描いています。 正式には「三十石夢乃通路」と言います。 明治初期の初代文枝師が前座噺を大ネタにまで仕上げ、その後、2代目小文枝師や5代目松鶴師が得意…
>>続きを読む