はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:へっつい幽霊

仕事が繁盛期に入ってしまい更新出来ませんでした。コメントの返事も少し遅れるかも知れません。その際は申し訳ありません。そこで夏の噺の定番のこれです。 『へっつい幽霊』(竃幽霊) 今日はお化けが出て来て博打をする愉快な噺「へっつい幽霊」です。 【原話】 『かま…
>>続きを読む

今日はお化けが出て来て博打をする愉快な噺「へっつい幽霊」です。 【原話】 『かまど幽霊』という上方落語だったそうで、大正初期に3代目三遊亭圓馬師が東京に持ち込んだそうです。 6代目三遊亭圓生師や3代目桂三木助師の演じる型と古今亭や柳家の噺家さんが演じる型とあり…
>>続きを読む

今日は夏の噺「へっつい幽霊」です。 元々は『かまど幽霊』という上方落語だったそうで、大正初期に3代目三遊亭圓馬師が東京に持ち込んだそうです。 6代目三遊亭圓生師や3代目桂三木助師の演じる型と古今亭や柳家の噺家さんが演じる型とあります。 道具屋にへっついを買い…
>>続きを読む

今日は夏の噺「へっつい幽霊」です。 元々は『かまど幽霊』という上方落語だったそうで、大正初期に3代目三遊亭圓馬師が東京に持ち込んだそうです。 6代目三遊亭圓生師や3代目桂三木助師の演じる型と古今亭や柳家の噺家さんが演じる型とあります。 道具屋にへっついを買い…
>>続きを読む

今日は夏の噺「へっつい幽霊」です。 へっつい(竃)と言うのはかまどの事ですが、今やこの”かまど”も知らない方がいるそうですが、 今日の記事の上に絵が貼ってありますが、クリックすると拡大するので確認して下さい。(^^) 元々は『かまど幽霊』という上方落語だ…
>>続きを読む