はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:お化け長屋

d2d5c115皆様には色々とご心配をおかけして申し訳ありません。何とか更新してみました。そこで今日は「お化け長屋」です。
「原話」
江戸後期の滑稽本作者、滝亭鯉丈が文政6年(1823)に出版した「和合人」初編の一部をもとにして、自ら作った噺とされます。
上方落語では、「借家怪談」として親しまれ、初代小南師が東京に移したともいわれますが、
すでに明治40年には、四代目橘家円蔵の速記もあり、そのへんははっきりしません。

【ストーリー】
 長屋にある一軒の空き家。そこを長屋の連中は物置に使っていると、大家から家賃を払うか荷物をどかせと言われます。そこで、長屋の古株、通称古狸の杢兵衛さんが一計を案じます。
 借り手が訪ねてきたら、家主は遠方に住んでいるので自分が長屋の差配をまかされているといって杢兵衛の家へ来させて、借り手をおどして空き家に借り手がつくのを防ごうという算段を立てます。
 早速、借り手がやってきますが、お化けが出るとか、ある事無い事を言って脅かして、返してしまうのですが
あまつさえ忘れた財布を手に入れて、鮨(弥助)を食べに行こうと言う算段まで立てます。
 次にやって来た男は一向に恐がらず、話の間にちょっかいを入れる始末で、
困った杢兵衛さんは、濡れ雑巾で男の顔をひと撫でしようとすると、男に雑巾をぶん取られ、逆に顔中を叩かれこすられてしまいます。
男はすぐに引越して来るから掃除をしておけといい帰ってしまう。
先ほど置いてった財布も持っていかれて仕舞います。

とここまでが上で、最近はほとんどここで演者は切っています。
この先の下はその男を仲間が脅かすと言う筋なのですが、あまり演じられていません。
下のあらすじは以下の様になります。

 この男、早速明くる日に荷車をガラガラ押して引っ越して来ます。男が湯に行っている間に現れたのが職人仲間五人。日ごろから男が強がりばかり言い、今度はよりによって幽霊の出る長屋に引っ越したというので、本当に度胸があるかどうか試してやろうと、一人が仏壇に隠れて、折りを見て鉦をチーンと鳴らし、二人が細引きで障子を引っ張ってスッと開け、天井裏に上がった一人がほうきで顔をサッ。仕上げは金槌で額をゴーンというひどいもの。
 作戦はまんまと成功し、口ほどにもなく男は親方の家に逃げ込みました。
 長屋では、今に友達か何かを連れて戻ってくるだろうから、もう一つ脅かしてやろうと、表を通った按摩(あんま)に、家の中で寝ていて、野郎が帰ったら「モモンガア」と目を剥いてくれと頼み、五人は蒲団の裾に潜って、大入道に見せかける。
 ところが男が親方を連れて引き返してきたので、これはまずいと五人は退散。按摩だけが残され「モモンガア」。
「みろ。てめえがあんまり強がりを言やあがるから、仲間に一杯食わされたんだ。それにしても、頼んだやつもいくじがねえ。えっ。腰抜けめ。尻腰がねえやつらだ」
「腰の方は、さっき逃げてしまいました」

【演者】
 圓生師や金馬師などの録音が残っています。特に「下」は志ん生師の録音もあります。その他小三治師や志ん朝師を初め多くの噺家さんが演じています。

【注目点】
オチの前の「尻腰がねえ」は、東京の言葉で「いくじがない」という意味だそうですが、
昭和初期でさえ、もう通じなくなっていたようです。

『能書』
この噺に登場する長屋は、落語によく出る九尺二間、六畳一間の貧乏長屋ではなく、
それより一ランク上で、もう一間、三畳間と小庭が付いた上、造作(畳、流し、戸棚などの建具)も完備した結構な物件だったようです。

『ネタ』
 噺の中の「弥助」とは寿司のことです。八代目正蔵師も噺の中で語っていましたね。
 ちなみに上方で、稲荷寿司の事を信太寿司と言うそうです。

003今日は「お化け長屋」です。
江戸後期の滑稽本作者、滝亭鯉丈が文政6年(1823)に出版した「和合人」初編の一部をもとにして、自ら作った噺とされます。
上方落語では、「借家怪談」として親しまれ、初代小南師が東京に移したともいわれますが、
すでに明治40年には、四代目橘家円蔵の速記もあり、そのへんははっきりしません。

 長屋にある一軒の空き家。そこを長屋の連中は物置に使っていると、大家から家賃を払うか荷物をどかせと言われます。
そこで、長屋の古株、通称古狸の杢兵衛さんが一計を案じます。

借り手が訪ねてきたら、家主は遠方に住んでいるので自分が長屋の差配をまかされている
といって杢兵衛の家へ来させて、借り手をおどして空き家に借り手がつくのを防ごうという算段を立てます。

早速、借り手がやってきますが、お化けが出るとか、ある事無い事を言って脅かして、返してしまうのですが
あまつさえ忘れた財布を手に入れて、鮨(弥助)を食べに行こうと言う算段まで立てます。

次にやって来た男は一向に恐がらず、話の間にちょっかいを入れる始末で、
困った杢兵衛さんは、濡れ雑巾で男の顔をひと撫でしようとすると、男に雑巾をぶん取られ、
逆に顔中を叩かれこすられてしまいます。
男はすぐに引越して来るから掃除をしておけといい帰ってしまう。
先ほど置いてった財布も持っていかれて仕舞います。

とここまでが上で、最近はほとんどここで演者は切っています。
この先の下はその男を仲間が脅かすと言う筋なのですが、あまり演じられていません。

下のあらすじは以下の様になります。

この男、早速明くる日に荷車をガラガラ押して引っ越して来ます。
男が湯に行っている間に現れたのが職人仲間五人。
日ごろから男が強がりばかり言い、
今度はよりによって幽霊の出る長屋に引っ越したというので、本当に度胸があるかどうか試してやろうと、
一人が仏壇に隠れて、折りを見て鉦をチーンと鳴らし、二人が細引きで障子を引っ張ってスッと開け、
天井裏に上がった一人がほうきで顔をサッ。仕上げは金槌で額をゴーンというひどいもの。

作戦はまんまと成功し、口ほどにもなく男は親方の家に逃げ込みました。

長屋では、今に友達か何かを連れて戻ってくるだろうから、もう一つ脅かしてやろうと、表を通った按摩(あんま)に、家の中で寝ていて、野郎が帰ったら「モモンガア」と目を剥いてくれと頼み、
五人は蒲団の裾に潜って、大入道に見せかける。

ところが男が親方を連れて引き返してきたので、これはまずいと五人は退散。
按摩だけが残され「モモンガア」。

「みろ。てめえがあんまり強がりを言やあがるから、仲間に一杯食わされたんだ。それにしても、頼んだやつもいくじがねえ。えっ。腰抜けめ。尻腰がねえやつらだ」
「腰の方は、さっき逃げてしまいました」

オチの前の「尻腰がねえ」は、東京の言葉で「いくじがない」という意味だそうですが、
昭和初期でさえ、もう通じなくなっていたようです。

この噺に登場する長屋は、落語によく出る九尺二間、六畳一間の貧乏長屋ではなく、
それより一ランク上で、もう一間、三畳間と小庭が付いた上、造作(畳、流し、戸棚などの建具)も完備した、
けっこう高級な物件ですね。続きを読む

003今日は前もやりましたが夏なので「お化け長屋」です。
江戸後期の滑稽本作者、滝亭鯉丈が文政6年(1823)に出版した「和合人」初編の一部をもとにして、自ら作った噺とされます。
上方落語では、「借家怪談」として親しまれ、初代小南師が東京に移したともいわれますが、
すでに明治40年には、四代目橘家円蔵の速記もあり、そのへんははっきりしません。

 長屋にある一軒の空き家。そこを長屋の連中は物置に使っていると、大家から家賃を払うか荷物をどかせと言われます。
そこで、長屋の古株、通称古狸の杢兵衛さんが一計を案じます。

借り手が訪ねてきたら、家主は遠方に住んでいるので自分が長屋の差配をまかされている
といって杢兵衛の家へ来させて、借り手をおどして空き家に借り手がつくのを防ごうという算段を立てます。

早速、借り手がやってきますが、お化けが出るとか、ある事無い事を言って脅かして、返してしまうのですが
あまつさえ忘れた財布を手に入れて、鮨(弥助)を食べに行こうと言う算段まで立てます。

次にやって来た男は一向に恐がらず、話の間にちょっかいを入れる始末で、
困った杢兵衛さんは、濡れ雑巾で男の顔をひと撫でしようとすると、男に雑巾をぶん取られ、
逆に顔中を叩かれこすられてしまいます。
男はすぐに引越して来るから掃除をしておけといい帰ってしまう。
先ほど置いてった財布も持っていかれて仕舞います。

とここまでが上で、最近はほとんどここで演者は切っています。
この先の下はその男を仲間が脅かすと言う筋なのですが、あまり演じられていません。

今回は下を紹介しましょう

この男、早速明くる日に荷車をガラガラ押して引っ越して来ます。
男が湯に行っている間に現れたのが職人仲間五人。
日ごろから男が強がりばかり言い、
今度はよりによって幽霊の出る長屋に引っ越したというので、本当に度胸があるかどうか試してやろうと、
一人が仏壇に隠れて、折りを見て鉦をチーンと鳴らし、二人が細引きで障子を引っ張ってスッと開け、
天井裏に上がった一人がほうきで顔をサッ。仕上げは金槌で額をゴーンというひどいもの。

作戦はまんまと成功し、口ほどにもなく男は親方の家に逃げ込みました。

長屋では、今に友達か何かを連れて戻ってくるだろうから、もう一つ脅かしてやろうと、表を通った按摩(あんま)に、家の中で寝ていて、野郎が帰ったら「モモンガア」と目を剥いてくれと頼み、
五人は蒲団の裾に潜って、大入道に見せかける。

ところが男が親方を連れて引き返してきたので、これはまずいと五人は退散。
按摩だけが残され「モモンガア」。

「みろ。てめえがあんまり強がりを言やあがるから、仲間に一杯食わされたんだ。それにしても、頼んだやつもいくじがねえ。えっ。腰抜けめ。尻腰がねえやつらだ」
「腰の方は、さっき逃げてしまいました」

オチの前の「尻腰がねえ」は、東京の言葉で「いくじがない」という意味だそうですが、
昭和初期でさえ、もう通じなくなっていたようです。

この噺に登場する長屋は、落語によく出る九尺二間、六畳一間の貧乏長屋ではなく、
それより一ランク上で、もう一間、三畳間と小庭が付いた上、造作(畳、流し、戸棚などの建具)も完備した、
けっこう高級な物件ですね。続きを読む

img092今日は昨日届いた「東京かわら版」7月号から紹介しましょう。

表紙で判る通り今月のインタビューは六代目文枝を襲名する桂三枝さんです。
六代目を襲名するのは使命なんだそうです。ふーんと言う感想ですw
又、落語界に恩返しをしたいと語っています。
内容は特別眼目を引くのはありません。
個人的にですが、どうしても吉本の影がちらつくんですがねえ・・・・
後世、どうにう風に評価されるかですね。

「落語と私」は俳優の豊原功補さんです。
最初に志ん生師のカセットを聴いたのだそうです。
それでもう中毒で、他の噺家さんに浮気しても、直ぐ志ん生師に戻って来てしまうのだそうです。
これ、ヤバいですww
完全な志ん生中毒ですね。後はいかに志ん生師が凄いかを述べておられます(^^)
まあねえ・・・そうなんだけどねえ・・・
ヘッドフォンで聴いているのだそうで、こうすると古い録音でもスピーカーでは出せない音を聞き出せるのだそうです。一言一句聞き漏らしたくないんですね。(^^)

先月からはじまった兼好さんのコラムも載っています。
ファンから直ぐやめるなと言われたそうで、最低でも10回は連載するようにと・・・信用ねえの!

地域寄席の紹介は、戸野廣浩司記念劇場ですこれ(とのひろこうじきねんげきじょう)と読みます。
台東区谷中にあるそうで、最寄り駅は日暮里。
色々な噺家さんがここで会を開いているのだそうです。

噺の紹介の「本日のお題」は「お化け長屋」です。
上方では「借家怪談」で新作で「幽霊アパート」と言う噺もあるそうな。
ほとんど上しか演じられませんが、志ん生師や右朝師が演じています。

堀井ちゃんノコーナーは芸協と落協の違いについて書いてます。
深夜寄席等でも違いがあり、演じるネタにも違いがあり、芸協の二つ目さんは「紙入れ」は演じないんだそうです。
それは知りませんでした。逆に「ぜんざい公社」は芸協しかやりません。
「のっぺらぼう」「十徳」なんかもそうです。
「明烏」「あくび指南」は落協でしか掛から無いとか。
面白いですね。

若手の紹介は、立川吉幸さんです。北千住に15年住んでるそうです。
花王名人劇場で桂枝雀師を見て噺家になる決意をしたそうです。

ニュースは「圓朝まつり」の事を・・・
今年は8月5日10時−15時で会場は全生庵裏手の防災広場「初音の森」で開催されるそうです。
一度で良いから行ってみたいですね。日曜は仕事ですからね・・・・
くわしくは落協のHPで・・

最後のページの「今月のお言葉」のコーナーでは、先日私が良いと書いた桂宮治さんが紹介されています。
長井好弘さんはかなり褒めています。前座の頃から「早く二つ目にならんかな」と思っていたそうで、
このまま伸びれば全ての二つ目にとって脅威になると書いています。
やはりね・・・・誰でも高座を見れば感じますよね、彼は・・

今月はこんな処で・・・・
続きを読む

andon-thumb

え〜今日は古典落語の人気演目の一つ「お化け長屋」です。

 長屋にある一軒の空き家。そこを長屋の連中は物置に使っていると、大家から家賃を払うか荷物をどかせと言われます。
長屋の古株、通称古狸の杢兵衛さんが一計を案じる。
借り手が訪ねてきたら、家主は遠方に住んでいるので自分が長屋の差配をまかされているといって杢兵衛の家へ来させて、借り手をおどして空き家に借り手がつくのを防ごうという算段を立てます。
早速、借り手がやってきますが、ある事無い事を言って脅かして、あまつさえ財布迄忘れていまい、
返してしまうのですが、次にやって来た男は一向に恐がらず、話の間にちょっかいを入れる始末で、
困った杢兵衛さんは、濡れ雑巾で男の顔をひと撫でしようとすると、男に雑巾をぶん取られ、
逆に顔中を叩かれこすられてしまいます。
男はすぐに引越して来るから掃除をしておけといい帰ってしまう。
先ほど置いてった財布も持っていかれて仕舞います。
とここまでが上で、最近はほとんどここで演者は切っています。
この先の下はその男を追い出すのに色々手を尽くすと言う筋なのですが、
あまり演じられていません。

作者は江戸後期の滑稽本作者、滝亭鯉丈が文政6年(1823)に出版した「和合人」初編の一部をもとにして、
作った噺とされます。上方では、「借家怪談」として親しまれ、
初代桂小南が東京に移したともいわれますが、
すでに明治40年には、四代目橘家円蔵の速記もあり、
そのへんははっきりしません。

現在でも多くの噺家さんが高座に掛けています。
細かい演出に違いがありますが、筋はほとんど同じなので、演者の力量が問われる噺ですね。
昭和の名人達も圓生、金馬、柳橋、志ん生師等が演じています。

この噺に登場する長屋は、
落語によく出る九尺二間、六畳一間の長屋や棟割長屋ではなく、それより一ランク上で、もう一間、
三畳間と小庭が付いた上、造作(畳、流し、戸棚などの建具)も完備した、
けっこう高級な物件となっています。
これを只で使おうと言うのですから、生半可な方法じゃ無理ですね。(^^)続きを読む

このページのトップヘ