はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

噺の話

「二番煎じ」という噺

206c91bb『二番煎じ 』
 寒くなって来ましたらやはり鍋が恋しくなりますね。そんなお噺です。

【原話】
元禄3年(1690年)に出版された江戸の小咄本『鹿の子ばなし』に掲載された「花見の薬」を上方で同時期に改作し、夜回りの話とした『軽口はなし』の「煎じやう常の如く」だそうです。
大正時代に五代目三遊亭圓生師が東京へ移したといわれています。
上方では初代、二代目桂春團治師、二代目露の五郎兵衛師らが、東京では、六代目柳橋先生や八代目可楽師らが得意としました。

【ストーリー】
町内の旦那衆が火事を防ぐため、火の番の夜回りをすることになりました。
番小屋に集まり、集まった顔ぶれを二組に分け、交代で町内の見廻りをはじめます。
凍てつくような江戸の冬。金棒は冷たくて握れず、拍子木を打つのに懐から手を出すのも一苦労。
「火の用心」の声も北風に震えるようです。やがて番小屋に戻り、囲炉裏を囲む旦那衆。

すると、禁じられている酒を持ってきた人がいたり、猪鍋の用意をしてきた者がいたりして・・・
役人に見つかると面倒なため、酒を土瓶に移し、煎じ薬と称してそっと宴をはじめます。
猪鍋で楽しく酒を飲んでいると、番小屋の戸をたたく音がする。役人が見回りに来たのです!
一同はあわてて酒や鍋を隠し、役人を迎え入れます。

役人は「変わった事は無いかな?」等と聞きますが、気もそぞろ。
「あー、今わしが『番』と申したら『しっ』と申したな。あれは何だ」
「へえ、寒いから、シ(火)をおこそうとしたんで」
「土瓶のようなものを隠したな」
「風邪よけに煎じ薬をひとつ」

役人、にやりと笑って
「さようか。ならば、わしにも煎じ薬を一杯のませろ」
しかたなく、そうっと茶碗を差し出すとぐいっとのみ
「ああ、よしよし。これはよい煎じ薬だな。
ところで、さっき鍋のようなものを」

「へえ、口直しに」
「ならば、その口直しを出せ」
もう一杯もう一杯と、
酒も肉もきれいに片づけられてしまう。
「ええ、まことにすみませんが、煎じ薬はもうございません」
「ないとあらばしかたがない。拙者一回りまわってくる。二番を煎じておけ」

【演者】
これは有名なお噺ですので、演者も数多くいます。そんな中で個人的にお勧めなのはやはり
古今亭志ん朝師ですね。兎に角鍋の食べ方が抜群です!
 柳家小三治師もいいですね。尤も色々な噺家さんが演じていますのでそれぞれの味があります。現役では瀧川鯉昇師がいいですね。何とも言えぬ可笑しさがあります。

【注目点】
 やはり鍋の食べ方とお酒の呑み方ですね。それぞれの個性がぶつかる場面ですから、注目して聴いて戴きたいです。
それと役人が出て来てからの皆の慌てぶりですね。その辺の演じ方にも注目して下さい。
噺を聴いて「鍋で酒が呑みたい」と思ったら噺家さんの勝ちですね。

『能書』
噺家さんもこの噺は演じていて楽しいそうです。出て来る役人も固いことを言わない粋な人物ですね。

『ネタ』
この噺では商家の旦那衆が夜回りをしていますが、本来は商家から人間を自身番に出す決まりでしたが殆どは「番太郎」と言う者を雇ってやらせていたのです。
 しかし、この人物は総じてだらしない人が多かったそうです。
町内の自身番に居たそうですが、前科前歴の怪しい人物が多かったとの記述もいあります。
「二番煎じ」とは本来、漢方薬の煎じ方の事で一度煎じた薬草に水を足して煎じた事に由来します。

紋三郎稲荷は初冬の噺

1cb7b019『紋三郎稲荷』
今回はこの噺です。調べると冬の噺との事なので、取り上げて見たいと思います。

【原話】
1802年享和2年の随筆集の「古今雑談思出草紙」からと言われています。
または寛政10(1798)年刊「無事志有意」中の「玉」です。

【ストーリー】
常陸(茨城県)笠間八万石、牧野越中守の家臣、山崎平馬。参勤交代で江戸勤番に決まりましたが、風邪をひいてしまい、同僚の者より二、三日遅れて国元を出発しまた。
季節は初冬、旧暦十一月で、病み上がりですから、かなり厚着をしての道中となりました。
取手の渡しを渡ると、往来に駕籠屋が二人います。病後でもあり、風も強いので乗ることにします。
交渉すると駕籠屋が八百文欲しいと言うところ、気前よく酒手込みで一貫文はずみました。
途中、心地よくうとうとしていると、駕籠屋の後棒が先棒に、
「この頃は値切らなければ乗らない客ばかりなのに、言い値で乗るとはおかしい、お稲荷さまでも乗っけたんじゃねえか」
と話しているのが、耳に入ります。
はて、どういうわけでそう言うのかとよく考えるとどうやら、、寒いので背割羽織の下に、胴服といって狐の毛皮を着込んでいました。その毛皮の尻尾がはみ出し、駕籠の外に先が出ていいて、それが稲荷の化身の狐と間違われたことに気がつきます。
洒落気がある平馬なので、からかってやろうと尻尾を動かすと、駕籠屋は仰天。そこで、「わしは紋三郎(稲荷()の眷属だ」
等と出まけせを言ったから、駕籠屋はすっかり信じ込みます。その上、途中の立て場でべらべら吹聴するので、ニセ稲荷はすっかり閉口。
 松戸の本陣の主人、高橋清左衛門なる者が大変に紋三郎稲荷を信仰しているため、平馬はそこに連れていかれてしまいます。下りて駕籠賃を渡すと駕籠屋、
「木の葉に化けるなんてことは……」
「たわけたことを申せ。それは野狐のすることだ」
主人の清左衛門は、駕籠屋から話を聞いて大喜び。羽織袴で平馬の部屋に現れ
「紋三郎稲荷さまにお宿をいただくのは、冥加に余る次第にございます。
中庭にささやかながらお宮をお祭りし、ご夫婦のお狐さまも祠においであそばします」
 と挨拶しましたので、、平馬は
「駕籠屋のやつ、ここの親父にまでしゃべった、どうも弱った」
 と思いましたが、いっそしばらく化け込もうと決めます。
 清左衛門が、夕食はおこわに油揚げなどと言いだすので、平馬はあわてて
「そんなものは初心者の狐のもので、わしほどになると何でも食うから、酒のよいのと、
ここの名物の鯰鍋、鯉こくもよい」
等と言うので、贅沢な狐だと思いながらも、粗相があってはと、主人みずから給仕する歓待ぶりです。
平馬は、酔っぱらって調子に乗り、
「この間は王子稲荷と豊川稲荷の仲裁をした」
 などと吹きまくるのです。
 そのうち近所の者が、稲荷さまがお泊りと聞いて大勢「参拝」に押しかけたというので、
「それは奇特なことである。もし供物、賽銭などあらば申し受けると伝えよ」
「へへー」
 等とやります。
喜んだ在所の衆、拝んでは部屋に再選を放り込んでいくので、平馬は片っ端から懐へ入れてしまいます。
平馬は儲かったので、バレないうちにずらかろうと、縁側から庭に下り、切戸を開け一目散。
 それを祠の下で見ていた狐の亭主、
「おっかあ」
「なんだい、おまいさん」
「化かすのは、人間にはかなわねえ」

【演者】
明治から大正にかけ、「品川の円蔵」こと四代目橘家円蔵が得意にした噺で、六代目圓生師に受け継がれました。
二代目円歌師の高座が有名です。二代目円歌師没後は圓生師が、その後は三代目円歌師が演じていました。
今は、柳家一琴師や入船亭扇辰師が演じています。

【注目点】
圓生師はそれまでの道中の名前等がいい加減だったので、本を読み修正したそうです。この辺に圓生師の気質が表れていますね。

『能書』
紋三郎稲荷とは、茨城県笠間市の笠間稲荷の通称です。
「紋三郎」の通称の由来は、常陸国(いまの茨城県)笠間藩、牧野家初代藩主・牧野貞通の一族の牧野門三郎にちなむものとされます。
祭神は宇迦之御魂神(うかのみかまのかみ)で、創建は白雉(はくち)年間(650〜654)と相当古いです。
伏見稲荷、豊川稲荷と共に、日本三代稲荷の一つで、現在も五穀豊穣の祭神として、信仰を集めています。

『ネタ』
背割羽織とは、別名「ぶっさき羽織」「ぶっさばき」とも呼びます。
武士が乗馬や旅行の際に着用した、背中の中央から下を縫い合わせていない羽織です。

替わり目

large『替わり目』
今回は立冬と言う事もありこの噺です。
 初冬の代表的な噺ですね。

【原話】
文化9年(1812)に江戸で刊行された笑話本「福三笑」中の小咄の
「枇杷葉湯(びわようとう)」が原話だそうです。

【ストーリー】
酔っ払った男が自分の家の前で俥に乗ったり、さんざん車夫をからかって帰って来ます。女房は早く寝かせようとしますが、寝酒を飲まなければ寝られないと言い出します。
女房は仕方なく女房は夜明かしのおでん屋へ出かけて行きます。
かみさんを買い物にやった亭主が、
「何だかんだっつっても、女房なりゃこそオレの用をしてくれるんだよ。ウン。
あれだって女は悪かねえからね……近所の人が
『お前さんとこのおかみさんは美人ですよ』って……
オレもそうだと思うよ。『出てけ、お多福っ』なんてってるけど、
陰じゃあすまない、すいませんってわびてるぐれえだからな本当に……
お、まだ行かねえのかおう……立って聞いてやがる。さあ大変だ。元を見られちゃった」

とここで下げるやりかたもありますが、続きがあります。
 亭主はその間に家の傍を通ったうどん屋をつかまえて酒の燗をつけさせ、うどん屋が何か食べてほしいというのをおどかして追っ払ってしまいます。
そのあとで新内流しをつかまえて都々逸をひかせていい気持ちになっているところへ女房が帰ってきました。
「おや、どうやってお燗をしたの」
「いまうどん屋につけさせた」
「なんか食べたの」
「なにも食わねえでけんつくを食わせた」
「かわいそうに、うどんでもとって…。うどん屋さーん」
「おいうどん屋、あそこの家でおかみさんが呼んでるぜ」
「どこです」
「あの腰障子の見える家だ」「
あそこは行かれません。いま行ったら銚子の替わり目の時分だから」

【演者】
これはね、志ん生師ですね。噺での亭主と奥さんの関係が
そのまま、志ん生師とりん夫人の関係そのままだそうです。
天衣無縫と言うか落語に全てを注いでいた志ん生師は家庭の事など
顧みなかったと言われていますが、それを支えたのがりん夫人でした。

【注目点】
上方では「銚子の代わり目」又は「鬼のうどん屋」等としてよく演じられたそうです。
夜泣きうどん屋の登場するくだりは、その頃に加えられたものと思われます

『能書』
今は一緒の人情噺として定着していますが、やはり最後の下りまで聴きたいですね。

『健二のネタ』
昭和24年の新東宝映画「銀座カンカン娘」の中で、志ん生師がこの噺を一席演じています。
映画の志ん生師は痩せていて当時の食糧事情が伺えます。

「盃の殿様」は秋の噺

52a34373『盃の殿様』
今日は「盃の殿様」です。この噺が秋の噺となっていることに最近知りまして、つくづく勉強不足だと思った次第です。

【原話】
生粋の江戸落語ですが、原話その他、がハッキリとは分かってないそうです。
二代目柳家(禽語楼)小さん師の明治23年の速記(「殿様の廓通ひ」)を参考に、
六代目三遊亭円生師が、十八番に仕上げた噺です。

【ストーリー】
 心の病に臥せった大名が、花魁のの錦絵に興味を示しました。
大名が吉原に行くのは如何なものかと重役が協議をした結果、病気治癒のためなら止むを得ないということになり、三百人の行列で繰り出しました。
冷やかしのはずだったですが、殿様が花扇花魁に夢中になってしまい、それから、毎日のように吉原に通いましたが、ついに国表に戻る日が来ました。
 国表に戻っても、花扇のことが忘れられず、江戸までの三百里を十日で往復するという藩内一番の速足、
足軽の早見東作に命じて、江戸の花扇に七合盃の使いに出しました。
 花扇は快く飲んで盃を返してくれました。
国に帰る途中で早見は、さる大名行列を妨げた廉で捕らわれ、詮議の結果、話を聞いた大名が感銘して、盃を空けて主君に返すように命じました。
 国元に戻って子細を説明すると、殿様は「お手元が見事じゃ。もう一献と申してこい」と、殿様が盃を空け、
その大名に返盃をするように命じたのですが……。
 返盃を命じられても、どこの大名か分からず、早見は未だに日本中を探しているという……。

【演者】
今では、小満ん師など数多くの噺家さんが手がけますね。

【注目点】
ところで、遊女の最高位である太夫は、松の位、大名道具などと呼ばれ、
一目顔を拝むだけでも十両はかかりました。
太夫は、享保年間(1716〜36)、吉原の遊女が三千人と言われた時代でも六,七人に過ぎません。

太夫に次ぐのが格子女郎で、元々この二つを併せた尊称が「花魁」と呼ばれました。
これは、禿が自分が付いている姉女郎を「おいらの姉さま」の意味で
「おいらん」と呼んだことからだとか。
ところが、宝暦7年ごろ、太夫も格子も絶えてしまい、繰り上がってその下だった散茶女郎が
トップに出て、昼三といって昼夜各三分、計一両二分の揚げ代で花魁と呼ばれるようになったそうです。

『能書』
このお殿様のお国ですが、足の早い者で片道五日で江戸迄行けるという範囲ですから。九州というほど遠くは無いと思うのです。
北だと仙台あたりでしょうか?西だと大阪あたりですかねえ?
噺を聞きながらそんな事を想像して仕舞います。

『ネタ』
「遊女」という言葉は幕府公認の遊郭のいる女郎の事で、「遊郭」は幕府公許の遊里のみを指すので、
江戸では吉原以外にこの名称は許されなかったそうです。

「手紙無筆」と言う噺

3ea9f394『手紙無筆』
今日は「手紙無筆」です。無筆ものと言うと「三人無筆」等がありますが、これは結構高座にも掛かりますね。別名「平の陰」ともいいますが、
東京では「手紙無筆」が普通ですね。

【原話】
、元禄14(1701)年刊に出された「百登瓢箪」巻二中の「無筆の口上」が元だと思われます。
この噺そのものは元禄年間に作られたそうです。

【ストーリー】
無筆な八五郎は、手紙が来るといつも隣の書生に読んで貰っていたのですが、きょうは生憎書生が留守なので、
 仕方なしに兄貴と呼ばれる男のところへ持って行きますが、実はこの男も無筆で、その上大変な知ったかぶりです。
体面上、無筆だとは言えない兄貴は、八五郎に探りを入れながら、当てずっぽうにその手紙を読んでいくのですが、適当なことこの上無い、果たしてどうなるか……。

【演者】
本来は柳家の噺とされていますが殆どの噺家さんが演じています。特に圓丈師は「手紙無筆USA」と言う新作を演じています。

【注目点】
やはり、兄貴の演じる所でしょうねえ。八五郎に対して如何に誤魔化すか? のやり取りをどう演じるか、でしょうね。

『能書』
字が読み書き出来ない人ですが、江戸時代では、教養の高さや識字率の高さはヨーロッパの最先端パリやロンドンを数倍引き離して5割以上の力を持っていたとか。江戸の終わり頃には男子70〜80%、女子で30〜20%、武家では100%の識字率だったそうです。女子の割合が低いのは、稽古事の踊・唄・楽器・作法や裁縫、家事万端にも時間を割いている為です。子供は5〜8歳になると寺子屋に入りました。13〜14歳までの生徒に読み書き算盤を学びました。
 その結果、明治に入って欧米化が急速に進んだのも、この下地があったからです。また、江戸時代には貸本屋という商売があって、繁盛していたのもこのお陰です。

『健二のネタ』
寺子屋で面白いのは。その親の職業に沿った教科書で教えていた事です。
一般的には『庭訓往来』、商人の子供なら「商売往来」農家の子供なら「農業往来」など、それぞれの将来に役立つ本で学んでいたそうです。
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ