はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

噺の話

「垂乳根」という噺

images『垂乳根』
今日はこの噺です。おそらく取り上げるのは初めてだと思います。

【原話】
1628年(寛永5年)の「醒睡笑」の「文字知り顔」あたりです。
上方では「延陽伯」ですね

【ストーリー】
長屋の世話好きな大家さんが、店子の八つあん(八五郎)に嫁の話をもちかけます。
「おまえはこの長屋で一番若いし、ひとり者も二,三人いる。ものがきちょうめんで、ひとに満足にあいさつもできないような人間だけれども、まことに竹をわったような、さっくりとした気質。そのおまえに耳よりのはなしがあるんだよ」
 そお言われた八五郎も満更ではありません。
「でも三十過ぎとかなんでしょう?」
 とう問いかけると、さにあらず
「年は二五。器量は十人なみ以上の色白、小柄ないい女なんだよ。生まれは京都、両親はとうのむかしに亡くなってしまった。長いあいだ、一人っきりで京都の屋敷奉公。嫁にいったさきに、舅や小姑があって、いつまでもきゅうくつなおもいをするのはいやだ。気楽にさえ暮らせるなら、ああいうさっくりした親切そうなかたのところへ嫁にゆきたいとこういうんだが、どうだ、おまえ、もらう気はあるかい?」
「そうですか、あります!」
 そう返事をしますが
「ただ、ちょっと……まあ、いわばきずがあるんだ。」
「そうでしょう。どうもはなしがうますぎるとおもったんですよ。そんないいことづくめの女が、あっしのような者のところへくるはずがありませんものねえ。きずっていうと、横っ腹にひびがはいってて、水がもるとかなんかいうんですかい?」
「それは壊れた土瓶だ。そうじゃないよ。もとが京都のお屋敷者だろ、だから、言葉が丁寧すぎるんだ」
「悪いんまら兎も角、良いならいいじゃありませんか」
「いやそれが良す過ぎるんだよ。この間風の吹く日に往来で会ってな、向うで言ったことが分からなかった」
「なんて言ったんです」
「今朝(こんちょう)は怒風(どふう)激しゅうして、小砂眼入すというんだ」
「へえー、たいしたことをいうもんですねえ。全く分からねえ」
「分からないで感心するやつがあるか。くやしいから道具屋の店先にたんすと屏風が置いてあったから、それをひっくり返して『いかにもすたん、ぶびょうでございます』っていってやったよ……で、どうだね?」
「言葉が丁寧すぎる?いいじゃありませんか。乱暴なら傷だけど、そりゃ結構なことだ。まぁ、大家さんの世話だから、仕方ねぇや。いつくれるんっすか?」
お前も掃除して湯と床屋行って、ちゃんと用意して待ってろ。夕方には連れてくるから。
「思い立ったが吉日」とばかり今晩ということになりました。

早速八五郎は、まだ見ぬ嫁さんとめしを食うことまで思い浮かべ、一人にやにや。

「飯を食うのが楽しみだよ。『八寸を四寸ずつ食う仲のよさ』てなぁ。
お膳を真ん中に置いて、カカァが向こう側にいて、おれがこっち側...。おれの茶碗は、ばかにでっけえ五郎八茶碗(どんぶり茶碗)てえやつだ。そいつをふてえ木の箸で、ざっくざっくとかっこむよ。たくあんのこうこをいせいよくばありばりとかじるよ・・・・・
カカァはちがうよ。朝顔なりの薄手のちっちゃな茶碗で、銀の箸だから、ちんちろりんとくるね。きれいな白い前歯でもって、たくあんをぽりぽりとくらあ。ぽりぽりのさーくさく……さ。ふふふふ。
 おれのほうは、ざーくざくのばーりばり。カカァのほうは、ぽーりぽりのさくさく、箸が茶碗にぶつかって、ちんちろりんの間(あい)の手がはいるよ。ちんちろりんのぽーりぽりのさーくさく……ばーりばりのざーくざく……ちんちろりんのぽーりぽりばーりばりのざっくざく……ちんちろりんのさーくさく……ばーりばりのざーくざく」

 そうこうしているうち、大家さんが嫁さんを連れて、直ぐに帰ってしまいました。早くも二人っきりになりました。
「あ、大家にお前さんの名前、聞くの忘れちゃったよ。あっしの名前は八五郎ってんですが、あなたの名前をどうかお聞かせねがいたいんで」
 そう八五郎が言うと
「父はもと京都の産にして、姓は安藤、名は慶三。あだ名を五光。母は千代女と申せしが、三十三歳の折、ある夜、丹頂の夢をみてはらめるが故に、たらちねの体内をいでしときは、鶴女と申せしが、成長の後これを改め『清女』と申しはべるなり。」
「へぇー。どうもおどろいたなあ。随分はべっちゃたなぁ。ひとつこれに書いておくんなせえ。あっしゃあ、職人のことで難しい字が読めねえから、仮名でひとつおたのみ申します」
 とか何とか一夜が過ぎて夜が明けました。夫に寝顔を見せるのは妻の恥とばかりに早起きして朝ご飯の支度にかかります。勝手が分からないので、例の丁寧な言葉使いで、やってきた振り売りの商人を
「そこなおのこ、そこへ直りゃ」
 と呼び止め
「価幾ばくなりや」などと混乱させてしまいます。
「あ〜ら、我がきみ、あ〜ら、我がきみ 」
「なんか言ってるね。その「我がきみ」ってぇのだけは、頼むからやめてくんねぇかな『我がきみの八』てあだ名がついちまうから」
「一文字草、価三十二文なり」
「ああ、銭かい? その火鉢の引き出しにあるから、だして勝手に使いねぇ。
いちいち聞かねぇでもかまわねぇんだから」
 すっかり朝ご飯の支度が出来上がりますと、またぴたりと三つ指ついて、
「あ〜ら、我がきみ、あ〜ら、我がきみ」
「また始まった。これじゃ眠れやしねぇや。なんです、なんべんもなんべんも『我がきみ、我がきみ』って、今度は何の用です? 」
「あぁ〜ら我がきみ、もはや日も東天に出現ましまさば、御衣になって、うがい・ 手洗に身をきよめ、神前仏前に御灯(みあかし)をささげられ、看経ののち御膳を召し上がってしかるべく存じたてまつる。恐惶謹言(きょうこうきんげん)。」
「お、おい、脅かしちゃいけねぇよ。飯を食うのが『恐惶謹言』なら、酒を呑むのは『依ってくだんのごとし』か 」

【演者】
明治27年(1884)4月の「百花園」に掲載された四代目橘家円喬の速記がありますのでかなり早くから江戸でも演じられていたと思います。
三遊、柳家とも高座に掛けますね。

【注目点】
我々が高座で聴く噺はあらすじ通りですが、噺家さんが師匠等から教えて貰うバージョンではもっと長い噺みたいです。特に八五郎が一人で待ってるシーンが長いみたいですね。

『能書』
大阪の「延陽伯」が東京に移されたものです。大阪では、女は武家娘という設定なので、
漢語をやたらに使いますが、東京では京女ということで、女房言葉や京言葉を使っています。


『ネタ』
「たらちね」は垂乳根と書き、「母」に掛かる枕詞です。
ちなみに先代柳朝師は一夜経った清女は処女では無くなってるので、その違いが表現できないので自分はこの噺はやらない。と語っています。

「首提灯」という噺

a89661b6『首提灯』
え〜毎日寒いですねえ。そこで今日はこの噺です。これ冬の噺なんですね。

【原話】
原話は、安永3年(1774年)に出版された笑話本・「軽口五色帋」の一遍である『盗人の頓智』だそうです。
もともと小ばなしだったのを、明治期に四代目橘家円蔵が一席にまとめたものです。

【ストーリー】
博打で懐の暖かい江戸っ子の酔っぱらいが芝山内を通りかかりました。
最近辻斬りや追いはぎが出るのでぶっそなので、景気付けに大声で通り抜けようとしたら武士に呼び止められました。
 辻斬りか追い剥ぎかと一瞬ビックリしましたが、その様でもなさそう。
安心して酔っぱらった勢いで武士に反抗し毒づきます。
武士は、「麻布にめえるにはどうしたらいいか 」と聞いてきたが、道の聞き方を改めて説教し、さんざん武士に楯をつきます。
「切りたかったら、切りやがれ」と悪口狼藉。
その上、痰を紋服に吐きかけて悪口を並べる始末。
 武士の顔色が変わると改めて、もう一つ吐きかける。さすがの武士も我慢が出来ず、雪駄をならして後ろから腰をひねって「えぃ!」。
チャリーンと鞘に収める早業は目にも止まらぬさまで、その後、謡曲を謡いながら去って行きました。
それでも後ろ姿に毒ずきます。、品川の女郎との一人のろけをしていると、「俺の首はこんな建付が悪くは無いんだがな?声がかすれてどこからか声がもれているぞ」。ガックと首が落ちそうになる所をかろうじて両手で直し、もしかしたらと、首筋を触って血が付いているのを見つけ、「野郎、やりやがったな」
そこに近くで火事が出て、人が大勢出てきて混み合ってきました。
弓張り提灯を持った人が駆けて来るし、「じゃまだ、じゃまだ!」とぶつかる者も出始めます。
「こちとら壊れ物を持っているのだ、落っこどしては大変」
と自分の首を 提灯のようにヒョイと差し上げ「はいゴメン、はいゴメン、はいゴメン!」

【演者】
圓生師匠はこの噺で芸術祭賞を受賞しています。
他には正蔵師、小さん師、志ん朝師等が演じています。特に圓生師、正蔵師は、四代目円蔵師直伝だそうです。
志ん朝師は剣道の達人であった小さん師に刀の使い方を見てもらったそうです。

【注目点】
八代目正蔵師だと火事見舞いに行く途中という設定であるのに対し圓生師だと単なる火事見物なんですね。そこら辺が面白いですね

『能書』

江戸時代、芝山内と呼ばれた増上寺の境内は、暗がりで常夜灯が置かれていたそうです。
それだけ暗くて寂しい所だったのですね。

『ネタ』
圓生師によると「酔っているのだが本当に酔っていては噺が成り立たない」ので、その加減が大事だそうです。

「夢金」という噺

57『夢金』
大寒に入り寒さも峠ですが、今日は真冬の寒さが身にしみるようなお噺です。

【原話】
安永2年(1773年)に出版された笑話本・「出頬題」の一遍である『七福神』。別題として「欲の熊蔵」「錦嚢」などがあります。

【ストーリー】
欲深い船頭の熊は、今夜も二階で「百両欲しい」と寝言を口にしながら眠っています。
雪の降りしきる静かな晩だけに、金勘定をしているのではと、泥棒に勘違いされはしないかと気が気でない船宿の夫婦。
その時、おもむろに戸を叩く音がします。ようやく戸を開けてみると、文金高島田を身に付けた綺麗な女性を連れた、およそその相手に似つかわしくない浪人風情の男が立っています。
事情を聞くと妹を連れての芝居鑑賞の帰りで、屋根船をあつらえたい旨を伝えてきたが、肝心の漕ぎ手がいないからと、一旦店の者は断るのですが、そこに聞こえてきたのが熊の寝言で、ならば酒代をはずむからということで、熊を船頭にいざ出発します。
舟が進み始めてしばらくした時、男が熊に相談を持ちかけてきたのですが、その内容は連れている女は妹でもなんでもなく、懐に大金を持っているから連れてきたということで、熊の欲深いところを見込んで二人で殺して金を山分けしようという、とんでもないものでありました。
駄賃を2両くれるというのですが、武士が泳ぎが出来ないと分かると、人殺ししてまで金は欲しくないし、2両とはしみったれているので嫌だと、震えながら交渉。
すると山分けにしよう、と相談が決まった。船の中で殺す訳にはいかないので、中洲に降ろしてそこで殺す事に決まりました。
浪人をまず中洲にあげといて、とっさに船を大川に引き戻し、「もー少しで、上げ潮になって背が立たないぞ〜」悪態を付きながら船をまなべの河岸に着けて、色々聞くと本町のお嬢さんと分かりました。
 家に連れて行くと、大騒ぎの最中。お礼は後日伺うが、まずは身祝いと酒手を差し出します。
どうせ殺しを手伝っても、その後で斬り殺されてしまうのが関の山と、断りつつ受け取ったが、失礼な奴でその場で包みを破いて中を見ると、50両が二包み。「100両だ! ありがてぇ」両手でわぁ!と握りしめると、あまりの痛さで目が覚めた。
「アァ…夢だ」

【演者】
最近では古今亭志ん朝師がいいです。勿論六代目圓生師も抜群です。現役の若手では柳家三三師が抜群ですね。その他にも達者な方が多くいます。

【注目点】
そのタイトルからネタ割れしてしまうのですが、果たしてどこからどこまでが夢の中の出来事なのか、そのあたりを想像しながら噺を楽しみたい噺ですね。
それと、真冬の夜、深々と雪が降る状況をどう描写するか? が重要ですね。
サゲに来て、「夢」と「金」の正体が分かる仕組みになっていますが、最近ではあまり綺麗なサゲでないと言われているので、貰った金を手にして「百両〜」と叫んで、目が覚めるといったサゲなどが一般的になっています。

『能書』
落語と講談の違いですが、講談では「断り口調」と言って、地の口調で登場人物を説明するのですが、落語は噺の中で登場人物の口調で説明します。「おや、タバコを吹かし始めたな……良い煙草入れじゃねえか」等と言う感じです。この噺は落語、それも落とし噺でありながら、断り口調が多く出て来ます。

『ネタ』
男が頼んだ船は”屋根船”と言います。
屋根船とは、屋根のある小型の船で、屋形船より小さく、一人か二人で漕ぐ屋根付きの船。夏はすだれ、冬は障子で囲って、川遊びなどに用いた船で、別名、日除け船とも言いました。

「一目上がり」という噺

837cca0f『一目上がり』
今日はこの噺です。この噺は別名「七福神」とも言われています。まあ今のうちしか出来ない噺ですね。
先日NHKの大河ドラマ「いだてん」を見たのですが、ビートたけしさんが古今亭志ん生師を演じていました。彼は以前に民放のドラマ「赤めだか」で立川談志師を演じましたが、正直、似合っていませんでした。でも今回はそれらしく見えます。本当の志ん生師の高座を見た事がありませんが、知らない世代を、それらしく見せる工夫はあったようです。

【原話】
天明7年(1787)刊の「新作落噺・徳治伝」(しんさくおとしばなし、とくじてん)の中の「不筆」からです。

【ストーリー】
隠居の家に年始の挨拶に訪れた八五郎。
建て増しをした部屋を見せてもらうと、書や色紙が掛けてありまる。
誉め方を知らない八五郎に隠居は「これはいい賛(さん)ですな」といって誉めれば周りが尊敬してくれると教えてくれました。

早速大家のところに行って試してみるが、賛ではなく詩(し)だという。
続いて医者の先生のところに行っていい詩だと誉めると「これは一休禅師の悟(ご)」だと言われます。
さん・し・ごと来たから次は六だと先回りをしてみたのたが、芳公のところで一本しかない掛け軸が出ました。
「賑やかな絵だな。男の中に女が一人混じっているが、間違いはないだろうな。」「バカ言うなよ」。
「なんて書いてあるんだ」、「上から読んでも、下から読んでも同じめでたい文なのだ。”ながき夜の とをの眠りの みなめざめ 波のり舟の 音のよきかな”」。「結構な六だな」と言うと「いいや、これは七福神の宝船だ」。

【演者】
昔は五代目古今亭志ん生、五代目柳家小さんや小圓朝師他色々な噺家さんがこの時期に演じていました。今でもそれは同じです。

【注目点】
ここでは七までで終わっていますが、そのあと芭蕉の掛け軸を「結構な八で」と誉めると「いや、これは芭蕉の句(九)だ」と続くやり方もあります。

『能書』
文字で表してしまうと賛・詩・悟・句と明白ですが、そこを話芸で聴かせるのが落語の面白いところですね。
いかにも「落語らしい落語」で、しかもおめでたい噺なので、初席等によく掛かります。

『ネタ』
「七福神」とは 福徳の神として信仰された七神で、布袋の他、恵比寿、大黒、毘沙門天、弁財天、福禄寿、寿老人。の神様の事を言います。(絵を参考にして下さい)

「かつぎや」という噺

ebe801d2『かつぎや 』
皆様、あけましておめでとうございます! 本年も相変わりませずよろしくお願いいたします。
 昨年もこの噺を取り上げたのですが、今年も取り上げます。と言うよりお正月のそれも三ヶ日だけしか出せない噺ですね。

【原話】
原典は、寛永5(1628)年刊の安楽庵策伝著「醒睡笑」巻一の、「祝ひ過ぎるも異なもの」と題した一連の小咄とみられます。
古くは、円朝師の速記もあります。明治22年の二代目柳家小さん師の速記では「かつぎや五平」と題していますが、これは、「御幣かつぎ(=縁起かつぎ)」のシャレでしょう。
上方では「正月丁稚」と言います。

【ストーリー】
呉服屋の五兵衛旦那は、大変な縁起かつぎ。正月元旦ともなると、縁起かつぎもすさまじいのです。
 下働きの清蔵を呼ぶと「まずは井戸神様にダイダイを入れて和歌を供えて若水を汲んでおくれ」と言いつけ和歌を教えます。
「新玉の 年とちかえる あしたより 若柳水を 汲み初めにけり。
 ところが、こう教えられた清蔵は、「目の玉の でんぐり返る あしたより 末期の水を 汲み初めにけり。 これは、わざっとお人魂。」とやらかします。
 怒った五兵衛旦那は清蔵にクビを言い渡す。清蔵は「ついでだから後九日置いてれ、丁度三十五日になるから・・・」。
 庭に降りて頭を下げる清蔵に、五兵衛旦那が「お前は何をしてるんだ。」と聞くと、「草葉の陰から手を合わせている。」
 早桶屋の白兵衛がやってきました。「正月はそんなにめでたくはないよ、一休さんも『門松は 冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし』と言っています。
 縁起の悪い事をさんざん言って、歌を唄います「五兵衛さんの家の周りを福の神が取り巻いた」。
 機嫌を直しましたが、これには下の句があるという「これじゃぁ〜、貧乏神が出られない〜」。
 店の者とお雑煮を食べ始めると餅の中から釘が出ました。定どんが
「旦那、縁起がいいです。餅の中からカネが出たので金持ちになります」。
小遣いを増やしてもらう定どんに清蔵は「身代は持ちかねる」と悪態をつきます。

 さて、そうこうするうち、二日の晩、お宝船売りがやって来ました。番頭に声をかけさせ、お宝船売りを呼び込むと、一枚四(し)文、十枚で四十(しじゅう)文というので、縁起でもないといって追い返します。
 次にやってきた宝船売りに番頭が、
「うちの旦那は大変な縁起かつぎだから…。」と言って入れ知恵をする。宝船売りは、店に入るやいなや、「お宝の入り船です」と言う。
 五兵衛旦那は喜んで、全部買うという。「何枚あるんだ」と聞くと、「へい、旦那の年ほどもございます。」
「何枚だ」
「千万枚でございます。」
 五兵衛は、縁起がいいと大喜び、しかも酒をを勧めると
「亀の子のように・・・」。
 酒を注ぐと
「黄金色のよう・・・」
「こんなイイ酒で酔うと宝船に乗っているようだ」
 喜んだ五兵衛旦那、
「いつでも遊びにおいで」、で、「何処に住んでいますか」
「本郷の蓬莱町にいましたが浅草寿町に、そこから下谷の長者町に移りました」
「それ以上引越させないでください」
 その都度ご祝儀をはずんでもらい、反物まで貰いました。
 宝船売りは、ご機嫌になり
「旦那の姿は大黒様、美しいお嬢様は弁天様。七福神がお揃いで、おめでとうございます」と帰りかけた。五兵衛が「それじゃぁ、二福じゃないか。」と言うと、
「いいえ、それでよろしいのです。ご商売が、呉服(五福)でございます。」

【演者】
お正月に寄席に行くとかなりの噺家がこの噺を演じます。特に柳家の噺家さんが多い様な気がします。

【注目点】
兎に角、おめでたい言葉が沢山出て来ます。それだけの噺なのですが、昔から人々がお正月に対してどんな思いを抱いていたのかが判ります。

『能書』
その昔は正月になると、宝船売りが、七福神の乗った船の図に、廻文歌
「長き夜のとをのねぶりの皆目覚め波のりぶねの音のよきかな」を書き添えた刷り物を売り歩きました。
上から読んでも下から読んでも同じですね。
正月二日の夜、これを枕の下に引き、吉夢の初夢を見るようにとのまじないでした。

『ネタ』
江戸には古くから、元旦には箒(ほうき)を持たない(=掃除をしない)慣習がありました。
明和2(1765)年刊のの「川柳評万句合勝句刷」に「箒持つ下女は叱られはじめをし」とあります。
サゲは今は「和服」と言う呼び方が一般的な着物ですが、昔は「呉服」と呼びました。それが判らないとサゲが判らないですね。
月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
プロフィール

hajime

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ