はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

カテゴリ: 噺の話

image11『代脈』
 今日はこの噺です。

【原話】
原話は、元禄10年(1697年)に出版された笑話本「露鹿懸合咄」の一編である「祝言前書」です。文化年間(1804〜18)、寄席の草創期から口演されてきたらしい、古い噺です。

【ストーリー】
江戸・中橋の古法家(漢方医)である尾台良玄は
名医として知られていましたが、弟子の銀南は、師に似つかわぬ愚者で色情者。
 その銀杏が大先生の代脈(代理往診)として蔵前の商家のお嬢さんの診察をすることになりました。
 初めての代脈なので行く前に、先方に着いてからの挨拶、お茶の飲み方、羊羹の食べ方、診察などの手ほどきを受けるのですが、これがトンチンカン。
 「診察に当たっては、安心させるだけでよい、余計なことはするな。特にお嬢さんのお腹のシコリに触ると放屁をなさるので絶対にシコリには触れぬように」
前回は耳が遠くて、聞こえない振りをして切り抜けたものだと大先生の説明があります。
 初めて乗る籠の中で銀杏は大騒ぎ、なんとか商家に着いて、教わった通りにお茶を飲みながら羊羹を食べ、いよいよ診察へ。
 診察中に、例のお腹のシコリを見つけて、止せばいいのにそこを押したからたまらず、
お嬢さんは「ブッ!」と放屁。
 銀杏は驚いて「歳のせいか近頃耳が遠くなって、今の屁の音も聞こえなかった」


【演者】
古くは明治45年の四代目柳家小三治師(のち二代目柳家つばめ師、昭和2年歿)、初代柳家小せん師の速記があります。
戦後では六代目三遊亭圓生師、五代目柳家小さん師が音源を残しています。
又、志ん朝師もCDを残していますが、この音源についてかなりの高評価がありますので、興味のある方は図書館等でお借りになって聞き比べる事をおすすめ致します。
個人的には圓生師には及ばないと思っています。

【注目点】
中橋と言うのは今の東京駅八重洲中央口あたりです。
後半の屁の部分の原話は、室町後期の名医・曲直瀬道三の逸話を脚色した寛文2年刊「為愚癡物語」巻三の「翠竹道三物語りの事」と言うのがあり、さらにそれを笑話化した元禄10年刊「露鹿懸合咄」巻二の「祝言」が出典と云われています。つまり、これは脚色はあるもの実話だったと言う事ですね。

『ネタ』
その昔、八代目文楽師は両国の立花屋という寄席でこの噺を演じたところ、楽屋で三代目圓馬師が聴いていて酷く怒られ「もうお前には稽古をつけない」と言われたそうです。
後日、詫びに行ったところ、噺の中でお金の金額を間違えたという事でした。
「あんなに高い金額は無い」
と怒られたそうです。黒門町もかってはこの噺をやっていたのですね。

tis-takayuki-ino-medium『子ほめ 』
 今日はこの噺です。
 前座噺などとも言われていますが、手練が演じると爆笑ものになります。

【原話】
原話は、安楽庵策伝著の『醒睡笑』に収録されています。これも、元は上方落語の演目で、3代目圓馬師によって東京落語に持ち込まれました。

【ストーリー】
 灘の酒を只の酒と勘違いした八っつあんが、ご隠居の家に行って、酒を飲ませろと言います。
 突然そんな言い方をしないで、まずは世辞愛嬌を言うものだ。年齢を四、五歳若く言われると誰でも悪い気はしないと教わります。
赤ん坊のほめ方はどうすればいいか質問をした。それに対し、隠居は『顔をよく見て人相を褒め、親を喜ばせばいいんだ』とアドバイス。
「例えば、これはあなた様のお子さまでございますか。あなたのおじいさまに似てご長命の相でいらっしゃる。栴檀(せんだん)は双葉(ふたば)より芳しく、蛇は寸にしてその気を表すと言います。私も早く、こんなお子さまにあやかりたい』とでも言えば良いんだ。」

表に出ると伊勢屋の番頭さんと出会ったので、早速やろうとすると、先を越されてしまいます。
おまけに、40の番頭さんに厄そこそこと言って失敗して仕舞います。
今度は子供でやろうと思い、昨夜、竹さんとこで子供が生まれたからと、子供をほめに行きます。
「竹さんほめに来たぞ、どこにいるんだい」
「ありがとうよ、そこで寝てるよ」
「これかい、随分大きいね」
「大きい子だって産婆もほめてくれたんだ」
「おじいさんにそっくりだね」
「そりゃ本人が昼寝しているんだよ」
「おお、こっちか、こりゃまた小さいね。先だって亡くなったおじいさんにそっくりで」
「止せよ、聞こえるよ」
「この子はまるで人形見たいだね」
「そんなに可愛いかい?」
「ううん、腹押すと、ピーピー泣くからさ」
「よせよ、死んじゃうよ」
「ときにこのお子さんはお幾つでしょうか」
「生まれたばかりだから一つだよ」
「一つにしちゃお若く見えます、どう見ても只だ」

【演者】
 寄席でもよく掛かる噺ですね。前座さんも良くやってます。

【注目点】
 この噺が中学の国語の教科書に載りました。落語が教科書に載ったのはこれと圓朝師の「塩原太助一代記」以来だそうです。
『ネタ』
上方だとサゲが違っていて、
「そんな赤ん坊に年を尋ねるもんがあるかい、今朝生まれたとこや」と言うので、
「今朝とはお若う見える、どうみてもあさってくらいや」
又、違うサゲもあるそうです。米朝師などはこれでサゲていました。

kohacu.com_002480_20190731『碁どろ』
 今日はこの噺です。多分取り上げるのは初めてだと思います。

【原話】
元は上方落語「碁打盗人」で、明治中期に三代目小さん師が四代目桂文吾師に教わり東京に持ち帰りまました。

【ストーリー】
主人が、友人を呼んで碁を一局することになまります。前に碁に夢中になって畳を焦がしてしまったことがあり、その結果「碁は碁、煙草は煙草」と分けて、一局打った後にゆっくり煙草を吸おうと決め、二人は碁盤に向かいます。
 でも直ぐに「おい!煙草がないぞ!」
 と吸わないという約束も忘れてしまいます。そこは奥方、気を利かして、煙草盆に紅生姜を入れて女中と湯に行ってしまいます。。
 そうとは知らぬ二人、碁に夢中です。打ちながら煙草に火を点けようとしても紅生姜だから点きません。
「あれ!?おかしいなあ。点かねえ」
 と言いながらも、碁盤ばかり見つめています。
 そこへ一人の泥棒が入って来ます。二人は気が付きません。泥棒は仕事をして引上げようとしたら、パチリ!という碁石を打つ音がします。
 静かな夜更けだからとても響きます。何とこの泥棒も碁好きときているから、堪りません。
「あっ!やっているな。…手はどうかな。…あっ? それはいけない。もしもし、だめですよォ!」
 と、自身が泥棒に入ったのを忘れて、二人の対局に首を突っ込む始末。二人も、まさか泥棒とは気付きません。
「アンタ何言ってるの。これでなくちゃあ駄目なんだ。うるさいねえ。あれ? 知らない人だ」
と初めて気がつきますが、碁盤に目を落とします。そして
「お前は誰だいっと、いくか」
 とパチリ。何と相手も
「じゃあ。わたくしもお前は誰だいっと!」パチリ。
 そこで泥棒
「へへ。泥棒です」
「泥棒さんか」パチリ。
「よくいらしゃったねえ」とパチリ。

【演者】
柳家の噺家さんの他志ん朝師なども演じていました。
昭和では6代目春風亭柳橋先生や小圓朝師も得意にしていました。

【注目点】
柳橋先生は、このオチとは少し違っていて「これからちょいちょいいらっしゃい」とサゲていました。

『ネタ』
落語に登場する煙草盆は香道具から改良工夫されたそうです。江戸時代は女性も子供も結構喫煙していたそうですね。

sinobazuike1『唖の釣り』
 今日はこの噺です。これが秋の噺がどうかは疑わしいですがね。

【原話】
 原話は京都辻ばなしの祖とされる初代露の五郎兵衛が元禄11年(1698)に刊行した「露新軽口ばなし」中の笑話「又言ひさうなもの」です。
上方では「昆陽の御池」となりました。
 東京には八代目正蔵師が、大阪の二代目三木助師に教わったものを移しました。

【ストーリー】
 馬鹿の与太郎に、釣をする奴は馬鹿と言われた七兵衛さん、思わず怒って、殺生禁断の不忍池で鯉を密猟して売って儲けている事を話して仕舞います。
 弥太郎に弱みを握られ、連れて行く羽目になってしまいます。そこで七兵衛さん、
「見張りの役人に見つかったら、どうせ4発は殴られるので、出る涙を利用し
『長の患いの両親に、精のつく鯉を食べさせたいが金がなく、悪いこととは知りながら孝行のため釣りました。親の喜ぶ顔さえ見れば名乗って出るつもりでした』と云えば、孝行奨励はお上の方針、見逃してくれる」
 と悪知恵をつけます。ところが与太郎、あまりに簡単に釣れるので大はしゃぎ。騒ぎすぎで、案の定捕まって10発も余計に殴られたのですが、教えられた泣き落としが何とか効き、お目こぼしで許され、やっとの思いで逃げていきます。
 一方、七兵衛さん、池の反対側でせっかくこっそり釣っていたのに、与太郎のとばっちりで役人に見つかり、これまたポカポカ。
 恐怖と痛さで腰が抜け、ついでにあごも外れてしまう。そこはベテラン、これを利用して、アーウーアーウーと身振り手振りで説明します。
 役人、口がきけない奴ではしかたがないと、これまた釈放されます。許してつかわすと言われて思わず
「ありがとう御座います」
 役人「おお、器用な唖だ口を利いた」

【演者】
 八代目正蔵師が良く高座にかけていましたが、亡くなった後でも一門が良く高座にかけています。先日は浅草で六代目柳朝師で聴きました。また芸協の芝居でも聴くことが出来ます。小南師などが板にかけていますね。

【注目点】
 江戸時代、寺社の池はどこも仏教の殺生戒により、殺生禁断が寺社奉行より申し渡されていましたが、上野の近辺は寛永寺の将軍家御霊屋があるため、不忍池では禁忌が特に厳しく徹底されていました。
 浅草寺の近辺の河川も禁止になっていたそうです。墨田川等も一部禁止されていました。

『ネタ』
 仏教で言う「五戒」とは殺生、偸盗、邪淫、妄語、飲酒で、これを厳しく禁じています。だから寺社の敷地ではこれらは一切禁止となっています。

nisikinokea『錦の袈裟 』
今日はこの噺です。
【原話】
原話は、安永6年(1777年)に出版された笑話本・『順会話献立』の一遍である「晴れの恥」と言う話で、
元々は『袈裟茶屋』という上方落語です。

【ストーリー】
町内のある男がとなり町の連中が吉原で、緋縮緬の長襦袢で揃いの格好を見せて遊び、
あげくに「となり町の連中には出来まい」と言った事を聞きつけてきます。

当然面白く無い訳で、何とかその上を行って、となり町の連中の鼻を明かしてヤりたい処ですねえ。
色々な案が浮かびましたがイマイチです。
誰かが、「伊勢屋の番頭が、何枚か質流れの錦の布があり『なにかの時は使っていい』と言われていた事を思い出します。
「吉原へ乗り込んでそれを褌にして裸で総踊りをしよう」
「それで行こう!」と相談はまとまりましたが、一枚足りません。
頭を数えると丁度、与太郎の分です。
仕方なく、与太郎には自分で工面させることにします。

この辺が落語の良い所ですね。決して最初から仲間はずれにしません。
与太郎は女房に相談します。
この辺が今だと笑いを生み、又理解し難い処ですが、当時は玄人相手は完全な遊びで、いわゆる「浮気」の範疇に入りませんでした。
与太郎にとっては、大事な町内の付き合いなのです。

女房も何とか送り出したいと考えて、檀那寺の住職にお願いしておいで。『褌にする』とは言えないから『親類の娘に狐が憑いて困っております。和尚さんの錦の袈裟をかけると狐が落ちる、と聞いておりますので、お貸し願います』と言って借りてきなさい」
と言いつけます。
持つべきものは良い女房ですねえ・・・え?ちがう・・・そうかな?

知恵を授けられた与太郎、寺へやってきてなんとか口上をして、一番いいのを借りることができましたが、
和尚さんから「明日、法事があって、掛ける袈裟じゃによって、朝早く返してもらいたい」と念を押される。
そこで与太郎、「しくじったら破門になっても良いですから」等と言って借りてきます。

改めて見てみると輪っかが付いていたり少し可笑しいですが、そこは何とかします。
いよいよ、みんなで吉原に繰り込んで、錦の褌一本の総踊りとなる。女たちに与太郎だけがえらい評判です。
「あの方はボーッとしているようだが、一座の殿様だよ。高貴の方の証拠は輪と房だよ。
小用を足すのに輪に引っ掛けて、そして、房で滴を払うのよ」
「他の人は家来ね。じゃ、殿様だけ大事にしましょうね」

てんで、与太郎が一人だけ大モテです。
翌朝、与太郎がなかなか起きてこないので連中が起こしに行くと、まだ女と寝ている。
与太郎「みんなが呼びにきたから帰るよ」
女「いいえ、主は今朝は返しません」
与太郎「袈裟は返さない…? ああ、お寺をしくじる」


【演者】
この噺は、かっては故志ん朝師を始め、小三治や故文朝師、先代柳朝師等そうそうたる噺家さんが演じています。今では若手からベテランまで演じていますね。

【注目点】
いつ頃東京に来たのかはわかりませんが、初代小せん師が現在の型を作り上げたそうです。
上方の「袈裟茶屋」は主人公が幇間でかなり展開が違います。
東京みたいに町内の集団と言う事はありません、幇間三人の噺となっています。
袈裟を芸妓(げいこ=芸者)に取られそうになって、幇間が便所に逃げ出すという噺となっています。

『ネタ』
袈裟と言うのはお坊さんが着ている法衣の事で位で色や材質が変わるそうです。
良くお正月などにお寺に参拝した時に御札などを頼むと、大勢のお坊さんが出て来て炊きあげてくれますが、その時のお坊さんの袈裟が色々変わっていますね。

このページのトップヘ