はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

落語あれこれ

ドラマ「昭和元禄落語心中」について

rakugoshinju_201809_08_fixw_730_hq 落語ファンの間で話題だった? NHKドラマの「昭和元禄落語心中」が昨夜最終回を迎えました。
 個人的にはこの作品は原作を読みアニメも録画してドラマも視聴、録画しました。それなりに見ているので感想などを書いてみたいと思います。
 原作者の雲田はるこさんはBL作家としてかなり知れられています。ですから原作を読み始めた頃は落語の世界を背景にしたBLものだと思っていました。
 ですが原作ーアニメードラマと変遷されるにつれBL臭は薄くなりました。まあ天下のNHKでBLドラマをやる訳には行かないでしょうね。
 ドラマは孤高の噺家、有楽亭八雲の人生を軸にその周りを取り巻く人物にも焦点をあてて描いています。
 特に幼少期から青年期まで共に過ごした初太郎(助六)との絡みが全体の半分を使って描かれています。
 天賦の才に恵まれた初太郎に嫉妬しながらも惹かれて行く八雲(菊比古)二人は正反対の資質を持つ噺家に成長していきます。
 この辺の描き方は原作、アニメ、ドラマ、ともそう変わりはありません。モデルとしては、初太郎(助六)が志ん生師、八雲(菊比古)が圓生師でしょうね。それに実際の噺家のエピソードを加えてあります。
 初太郎が満州に慰問に行くことや、菊比古が芸の為だけに少女と付き合うことなどです。でもそこらへんは余り重要では無いですね。
 若手真打と成長した二人は戦後の落語界をリードして行きますが、助六は師匠と対立して破門されてしまいます。そこにみよ吉という女性が絡んで噺は愛憎劇に変わって行きます。
 都落ちした助六とみよ吉は四国の温泉地に居ました。既に小夏という娘を儲けて暮らしています。しかし落語を奪われた助六は腑抜け同然。毎日みよ吉の稼ぐお金で酒を呑んで暮してる有様です。そこに菊比古が尋ねて来ます。一緒に東京に帰って噺家に戻ろうと説得します。菊比古にとってはライバル足る助六がどうしても必要だったからです。
 東京に帰ることを納得した助六は菊比古と一緒に、温泉地で「二人会」を開きます。演目は菊比古が「明烏」助六が「芝浜」でした。
 盛況のうちに会は成功したのですが、その夜とんでもない事が起きます。みよ吉と助六が事故で亡くなってしまったのです。
 菊比古は二人の葬儀を出して生き残った娘の小夏を連れて東京に帰って来て、養女にします。そして今まで拒否していた八代目有楽亭八雲を継ぐことを了承します。小夏には嘘を言って誤魔化します。それ以来小夏は八雲を恨むようになります。
 ここまでが過去編で約半分です。この後時代は昭和の末に飛びます。
 物語の最初は昭和です。この時に今まで弟子を取らなかった八雲がどういう訳か、刑務所の慰問で八雲の芸に惚れ込んだ与太郎が入門します。その与太郎が三代目助六を襲名した真打に昇進します。ここから現代編が始まります。
 老いてなお八雲は素晴らしい芸を披露していますが、本人は衰えを自覚しています。この現代編ではドラマでは原作の絡み合ったストーリーを上手く整理しています。(分かりやすくなっています)
 脚本家の力でしょうね。ストーリーを知ってる者が見ても、見ごたえのある作品になっていました。
 原作では後半は与太郎の物語となるのですが、ドラマでは二人のバランスを取っています。老いる八雲と伸びて行く与太郎の対比が見事です。
 ドラマの改変は小夏が両親の死の真相に気がつくがどうかです。原作やアニメでは小夏は気が付かず、松田さんの証言で与太郎や樋口先生(ドラマでは殆ど登場せず)が真相を知りますが、それを小夏には言いません。与太郎と小夏は夫婦になり第二子を設けますが、「長く生きていれば人に言えないこともある」と自分に諭すように口にします。このあたりから長男の信之助の父親捜しがファンの間で始まりましたが、ここでは取り上げません。
 ドラマでは真相を知り、小夏は自分を育ててくれたことを八雲に感謝します。その後入門の許可を取った後に八雲は寿命を全うします。原作やアニメでは黄泉の国の助六やみよ吉と再開しますが、ドラマではそこは簡単に表現されました(時間の都合でしょうね)
 それから16年後、与太郎は九代目八雲を襲名します。また信之助は菊比古を襲名するのでした。ドラマではその高座を亡くなった三人が眺めています。

 ドラマはこんな感じで終わるのですが、ドラマならではの見どころもあります。それは、若い頃の菊比古が噺で協会をクビになった老噺家(喬太郎師!)に「死神」の稽古をつけて漏らうのですが、そのシーンが出色の出来でした。裏話によると喬太郎師のアドリブがかなり入っているそうですが、さもありなんと思いました。(第4話)
 また、全体的に八雲に焦点が当たっているので彼の苦悩が伝わりやすかったですね。繰り返し読む事が出来る漫画と見たら終わってしまうドラマの違いなんでしょうね。
 兎に角、この秋から冬にかけてのドラマでは一番の見ごたえがありました。
 来年3月にはDVDとBDも発売されるそうです。
 

「子は鎹」(子別れ 下)について考えてみた。

 昨日、浅草の昼席のトリに個人的に好きな茶楽師が出るので休日ということもあり見に行きました。
最近の浅草の昼席はかなり混んでいるので、立ち見を予想していましたが、13時過ぎに行っても空いてる席が少しあり座ることが出来ました。
 芸協としては助に、寿輔師や桂 伸治などが出るかなり力が入った番組だと思ったのですが、意外でした。まあ、座れて良かったのですがね(^^)
 桂 伸治師は「替わり目」でした。結構やるのですが、やりなれていると言うかこの人のは女将さんが良いですね。寿輔師は例のごとくお客さんをいじったのですが、逆にイジられてペースが崩れメロメロになりました。まあ、それも計算の内なんでしょうけどね。
 期待していた茶楽師は「子別れ」の下でした。「子は鎹」という奴ですね。
 師の「子別れ 下」は三回目です。トリとしては初めてですね。この人の特徴は兎に角粋に噺をすること。良い変えれば軽いのです。勿論、重いシーンはそれなりにやりますが、臭くはやりません。その塩梅が良いのです。
 で、三回目ではっきりと判ったことがあります。それは亀が母親に怒られて金槌でぶつと言った時に他の噺家なら泣くのですが、泣きません。泣きそうになりますが、泣かないのです。
 そこを物足りないと思うか、実際に二年近く母子だけで過ごして来たのですから、こんな場面では泣けないと成長したのかも知れません。
 あるいは、独楽を当てられて額に血を流した過去から見ると母親の愛情ある言葉では泣くことでは無いという事かも知れません。
 他の噺家の演出でも泣いてもすぐに泣き止むので嘘泣きかも知れませんね。最近は寄席でも臭くやる噺家が多いので返って印象に残りました。

落語とわたし

016fa7b9-s 定期購読してる演芸情報誌「東京かわら版」の最初のページに「落語と私、私と落語」というページがあります。色々な有名人が自分と落語との係わり合いを語っています。それを読んで自分も書いてみたいと思うようになりました。
 そこで自分なりに落語との係わり合いを書いて見る事にしました。

 物心ついた時には戦後最大の演芸ブームの真っ只中でして、毎日演芸番組が放送されていました。落語だけではなく、色物の芸人さんも多くがテレビで見ることが出来ました。
 その中で一番人気者だったのが、林家三平師と三遊亭歌奴師でした。個人的にですが当時のわたしは断然歌奴派で、毎日のように「授業中」「浪曲社長」「給料日」などを聴いて腹を抱えて笑っていました。その中で特に好きだったのが新大久保の駅員時代の噺で、その頃の歌奴師は吃音で駅名が中々言えず、やっと言えたと思ったらもう電車は新宿に着いていたというホントかウソか判らないトボけた噺が好きでした。
 というのも、当時のわたしも吃音で、噺の中の出来事に共感したからです。しかも、二代目圓歌師に入門したのは、自分も吃音で苦労したので、吃音なのに平然と落語を語っている圓歌師が素晴らしく感じた。という事を知って益々好きになりました。
 あの頃は本当に落語家がテレビに出ていました。圓歌師、三平師の他にも芸協の小圓馬師、伸治師、米丸師、笑三師などが人気者でした。落語協会では馬之助師の他に、四天王の志ん朝師、柳朝師、圓楽師、談志師が良く出ていました。
 特に日曜は最高で、正午に「大正テレビ寄席」を見て色物さんを楽しみ、NETと読んでいたテレビ朝日の「末広珍芸シリーズ」を見て、その後NHKでも落語の番組をやっていたと思います。それが終わるとテレビ東京が浅草演芸ホールから中継がありました。
 夕方まで演芸で楽しめましたね。その後夕方に「笑点」が始まります。当初は大喜利よりも演芸の方がメインでした。
 演芸番組の他にも、クイズ番組等あらゆる番組に噺家や芸人が出ていたと思います。
 毎日のように見てるうちに寄席に行きたくなりました。両親にねだって、新宿の末広亭に連れて行って貰いました。(尤も両親に言わせると改築前の鈴本にはかなり連れて行ったそうです)
 談志師ではないですがホント夢の世界でしたね。テレビでしか見られないと思っていた噺家や芸人が目の前に次から次に登場する。それだけでもう寄席が好きになりました。
 演芸ブームが下火になると親にねだって寄席に連れて行って貰いましたが、そうそうは連れて行ってくれません。中学に行く頃になると鈴本に一人で行くようになりました。上野は家からだと電車で一本で15分もあれば着きますので行きやすかったのです。それに鈴本は昼夜入れ替えなので昼の部が終われば家に帰らなくてはなりません。これが入れ替えの無い浅草や末広なら夜まで居続けたでしょうね。その点で親も許してくれたようです。
 志ん生、文楽には間に合わなかったけど、圓生には間に合ったし、小さん師、四天王は堪能したし、大人になってからは小三治師の伸び盛りも楽しめたし。まあ、悪くはないかも知れません。でも一番好きだったのは桂文朝師です。さりげなく演じる所が良かったですね。上手いのにそれが自然な感じ。そこが良かったです。つくづく早世が惜しまれます。
 これからも寄席には通うでしょう。新しい人を発見するのも楽しみです。

寄席案内 5 国立演芸場

 70387792寄席紹介の最後は国立演芸場です。ここは、千代田区隼町の国立劇場の一部として
1979年(昭和54年)に開場した国立の演芸場です。その為国立劇場の隣と言うか裏手にあり、最高裁判所は隣となります。およそ寄席らしくない環境です。

 兼ねてから寄席演芸の関係者が陳情をおこなったり署名を集めたりして開設にこぎつけました。
座席数は300席で寄席としても丁度よい大きさで、舞台端から最後列座席まで13.6mと近く、寄席の醍醐味を満喫することができます。

公演形態は上席(1日〜10日)と、中席(11日〜20日)でこの辺は通常の寄席と同じですが、基本的には、寄席にはある下席(21日〜30日)はありません。(貸出となっています)
原則的に昼の部のみですが、金曜等には夜の部が行われる事もあり、昼の部と同じ出演者が二回目も勤めます。
開設当初は独特の顔付けを行っていましたが、今は落語協会と落語芸術協会がそれぞれ上席と中席を分け合っています。
 但し、月に一度行われる「国立名人会」は独特の顔付けを今でも行っていて、落語協会の噺家さんの後に立川流の噺家さんが出る事もあります。
 一人の持ち時間が長いのも特徴で、噺そのものを楽しむ事が出来ます。

1階には演芸資料館があり寄席演芸ファンなら覗くのも面白いと思います。



所在地 〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1
TEL 03-3265-7411
最寄り駅 [地下鉄] 半蔵門線 「半蔵門駅」 1番 出口より徒歩8分
有楽町線・半蔵門線・南北線 「永田町駅」 4 出口より徒歩5分
    [都バス]都03 「晴海埠頭―四谷駅」 三宅坂下車徒歩1分

料金
 公演により変わって来ますが、定席の場合の料金を書いておきます。
 大人 2100円
 学生 1500円
 シニア1300円
 小学生1100円    
国が補助するので料金は安いのだそうです。                    
尚、全ての公演で中入り後は三割引となっています。

寄席案内 4 池袋演芸場

img_2511a_1_1_1今回は池袋の西口にある池袋演芸場です。昔からお客が入らない寄席として有名でした。平成5年に建て替えられて近代的なビルの地下になりましたが、それ以前は映画館の三階にあり、お客より出演者の方が多いと言う有様でした。
 若き立川談志師が熱演していたのを思い出します。畳敷きだったので常連は寝転んで噺を聴いていましたね。

 歴史
1951年(昭和26年)に開場。
客が全く入らず、1970年(昭和45年)に席亭は閉鎖を検討するも、落語協会・6代目三遊亭圓生会長の説得により存続が決まり、以降は落語協会専門の定席となる。
1990年(平成2年)2月28日建て替えのため閉鎖。周辺の再開発のため建物は解体される。
1993年(平成5年)9月再開場。改装前と所在地は同じながら入口の通りが異なり、路地裏(現在のエビス通り)から駅前(西一番街中央通り)に進出した。現在はビルの地下に位置する。地下に位置する定席としては当席が唯一である。改築を機に、全席椅子席となる。

再開場時より、旧来のように落語芸術協会・落語協会両方の番組が組まれるようになりました。
座席数は93席であり、他の都内3件の落語寄席に比べ狭いので、どこに座っても演者の息遣いが分かります。また、定席以外でも下席夜の部に独特の企画を興行します。

客席はすべて椅子席であり座席には飲み物などを置く組み立て式のテーブルが付属しています。
近年になって固定席の端に追加する形でパイプ椅子が置かれるようになったため、上記よりも20席ほど多いですね。それでも混雑することがあり、その場合は立ち見することになります。


亡くなった十代目桂文治師は「ここは昔なら端席と呼んだんですよ」等と高座で語っていましたが、本当にお客が入らない寄席でした。個人的にですが良く経営が成り立っていたと思います。
各種披露興行等も定席としては一番最期になります。また座席数が少ない為、出演者が少ないのも特徴です。その為、一人の持ち時間が多く、噺をたっぷりと楽しめます。演者もここでは手を抜く訳には行かず。熱の篭った高座を見せてくれます。
お客も、落語好きが多く、通が通う寄席とも言えます。

アクセス

東京メトロ副都心線・丸ノ内線/東武東上線 池袋駅12番出口またはC10出口(副都心線)より徒歩1分
JR池袋駅北口より徒歩1分

西武池袋線、東京メトロ有楽町線の池袋駅の改札口からは少し離れています。
月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
プロフィール

hajime

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ