らくご はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

カテゴリ: 落語あれこれ

wYB61QGwO7vTxsyRKCgwiWEk9ZdLIl8InpOjAO03rrXUFzpnFXGzSLVZsv5IE1an「春風亭一之輔師の落語の生配信を考える」

 春風亭一之輔師が21日からyoutubeで落語の生配信をやっています。初日は「初天神」とみせかけ「団子屋政談」でした。
 正直、演目としてこの方が創作(改作)したものがあるとは知っていましたが、聴いたのは初めてでした。
 前半は普通の「初天神」ですが団子屋が登場するあたりから変わって来ます。師も
「ただの『初天神』だと思ったでしょう」
 などと語っていました。内容に関しては、ハッキリ言ってどうでも良い内容と言い切ります。古典落語ファンが聴くものでは無いですね。
 但し、落語を知らない初心者には良いかも知れません。そのレベルですね。それにこの日は師は明らかに意気込んでいましたね。それを悟らせずにやろうとしていたみたいですが、判りましたね。
 二日目は「粗忽の釘」でした。この日のテンションは普通だったと思います。内容は大師匠の柳朝師の型でしたね。夫婦で行水をする話が出て来るパターンですね。出来は普通でしたね。でもyoutubeは生配信の時はコメントがリアルタイムで書き込めるので結構色々な事が書かれていたのですが師は怒っていましたね。でもネットをした場合は仕方ないですね。
 昨日の三日目は「百川」でした。配信を見ている人の殆どがこの演目が六代目圓生師の演目だった事(自家薬籠中の物)だった事を知りませんでしたね。中には「さん喬師が良いですね」などとコメントしている人もいました。
 この日は明らかにテンションが下がっていました。本人も
「10日もやるなんて言わなければよかった」
 などと冗談を言ってましたが配信の難しさが判って来た感じですね。出来は最後を除けばまあ良かったですが、最後を変えていました。これがねえ……。
 普通の「たった二つだ」の後に本当の四神剣の交渉人が登場してその人物が百兵衛さんと同じような人物で
「同じような人が一人増えちゃった」
 で落としていました。
 これをどう評価するかですが、三日間通してですが一之輔師、変えすぎですね。それも余り良い変え方では無い気がします。寄席などではきっちりと演じてくれていますので、この配信は、自分のやりたいようにやってるのか、初心者向けにやってるか、あるいは新しい可能性を考えているのかのどれかだと思います。
 残り七日ありますので楽しみにしていましょう。
 時間は毎日三十日まで二十時十分から二十一時前後です。URLは
https://www.youtube.com/channel/UC2ROW2uDlhb-9rXzY2tqV3Q
です。配信後や時間に関係なくそれまでの高座を見ることが出来ます。
 興味のある方は是非!

追記……5日目は「青菜」でした。同じ年頃の時の小三治師には遠く及びませんでしたが、割合マトモでした。この日から投げ銭システムが採用されました。金額が本当なら30万近く行ったみたいです。仕組みがわからず。出来ませんでした。

20200223124949-1講談の神田松之丞さんが真打に昇進しまして、大名跡の神田伯山を襲名しました。
二つ目の頃から大人気で注目されていましたが、昇進襲名とあってマスコミでも紹介されていますね。
そんな中、白山先生がyoutubeで「神田伯山てぃーびぃー」というチャンネルを開設致しました。最初は新宿末廣亭からの模様(主に楽屋の様子)が配信されました。
毎日更新だそうでして、先日からの浅草の模様も配信されています。
演芸落語ファンとしては結構面白いですね。これを見て寄席に行ってみたいという方が居るみたいですので、広く知られれば良いと思い、このブログでも紹介してみることに致しました。
御興味のある方は是非神田伯山てぃーびぃー
上記のオレンジの文字をクリックしてください!

02301_1401286_03今日は個人的なお知らせを……。

この度、株式会社 アクトアミューズ ジャパンというエンターテイメントを扱う会社のHPに私の落語のコラムが連載されることになりました。
すでに二本の記事がUPされています。
 よかったら覗いてみてください。
アクトアミューズ ジャパン 公式
https://www.act-amuse-japan.co.jp/

わたし(まんぼう)のコラム

東京都内で気軽に落語が観られる場所8選。
https://www.act-amuse-japan.co.jp/252/

落語鑑賞歴50年のプロが教える「明日にでも使える落語言葉」‼
https://www.act-amuse-japan.co.jp/876/

以下 連載予定です。
紹介とかではかなり盛ってますけどね(^^)

51SXDXLtWsL._SX350_BO1,204,203,200_ 10月ももう終わりですね。11月になったらまた噺の解説に戻りたいと思いますので、もう少し私の戯言にお付き合いをお願い致します。

 先日ですが、ふらりと入った本屋で河出書房から出してる文藝別冊「古今亭志ん朝」というムック本を見つけたので買って読みました。
 内容は今まで色々な雑誌などに載せられた志ん朝師に関する記事を纏めたものでした。勿論師が生前書かれたエッセイ等も沢山載っています。
 特に面白かったのは談志師の志ん朝師に関する事です。亡くなった時に「良い時に死んだ。よかったよ」と言ったそうですが、その真意についてのくだりが特に面白かったです。
 談志師が言うには志ん朝師の絶頂期は三十代半ばだったそうです。その後は緩やかに落ちて行くばかりだったとか。
 噺では「愛宕山」を褒めていて「鰻の幇間」は駄目だと言っています。志ん朝師の華麗な芸が転換期に来ている。それを志ん朝師も判っていたとも言っています。老いて枯れた芸を見せぬ内に亡くなってしまった今「良い時に死んだ」としか言えないと……。
 惜しいと語っても生き返る訳は無いし、言ったところでしょうがない。「よかったよ、十分だよ。いま死んでよかったよ。もう、これからよくならないよ」と言った方が彼岸の彼方に居る本人は安心できるだろうとも書いていました。
 談志師は志ん朝師が亡くなる二年前に和服のハーフコートを貰ったそうです。一度は
「あまり着ないから」と断ったそうですが志ん朝師が「是非に」と言ったので貰ったそうです。談志師が亡くなるまで大事にしていたそうです。今は何処にあるのかは判りませんね。
 他には柳家小満ん師が書いていましたが、志ん朝師が芝居に出ていた頃にあるパーティで三木のり平さんに黒門町が挨拶をして
「志ん朝がお世話になっております。あれは落語界にとって”百年に一度の男”なんです。そのおつもりでお願いします」
 と言ったそうですそれだけ大事に考えていたのですね。
 最後に談志師の志ん朝師に対する評価を書いて終わりにしたいと思います。
「志ん朝は圓生同様、型から入っていく作品派である。加えて彼は芝居好きなくらいだから、形が良く、リズムも良く、噺の構成も上手い。現代の作品派としては最たるものだろう」
 これが全て語っているのではないでしょうか。

家紋・丸に左三階松-Maruni-hidari-sankaimatsu 普段はニュースと天気予報以外は特定の番組しかテレビを見ないのですが、それでも立川志らく師が朝のワイドショーから昼の番組まで出ている事は知っています。視聴率的には苦しいみたいですが、個人的はどう見ても志らく師がコメンテーターならイザ知らず、MCとは似合わないと思います。
 という訳で今日は個人的な超偏見と独断による立川流四天王のことを思いつくまま書いてみたいと思います。
 
 立川流四天王とは、志の輔、談春、志らく、談笑の四名のことです。何れも人気者でテレビでもその顔を見ない日はありません。志の輔師はNHKの試してガッテンのMCですし、志らく師は書いた通りです。談春師はドラマに良く出ています。談笑師は今は判りませんが、以前はフジテレビの朝のワイドショーに出ていました。皆それぞれ売れています。
 この四名ですが、個人的な偏見に基づいて書かせて貰うと、四名それぞれが談志師のDNAを部分部分受け継いていると思います。

 まず、志の輔師ですが、この人は「伝統を現代に」という部分を受け継いていますね。それは師の高座を一度でも聴けば判ると思いますが、新作もやりますが、古典落語が本筋ですね。師の古典落語に登場する人物ですが、確かに江戸の人間なのに聴いてる我々には現代の人物を思わせることですね。登場人物が我々の傍に居る人間なのです。何の演目を演じても同じです。これは落語初心者にとっては、とても判りやすく、親しみが持てるでしょう。でも聴き込んで行くと飽きます。飽きないという方は本気で落語を聴いてない方だと思います。江戸の風を感じない古典落語なのです。

 次に志らく師ですが、恐らく落語の才能という点においては談志師の弟子の中では一番かも知れません。凌駕する部分もあるかも知れないと感じる事もあります。しかし、表現の仕方、つまり話芸が駄目。若い頃はアップテンポで間も何も無い話し方でした。それが若い人にウケていたのですが、それは一時でした。この時期に基本的な部分を疎かにした訳では無いでしょうが、同年代の噺家と比べて聴き難いですね。それは言葉の発音にも出ていて、聴いていて気持ちよくないのです。五十を過ぎているのですから、話芸に磨きを掛けて欲しいですね。

 対して談春師です。この人はほぼ古典落語だけですね。しかも落語の本道を意識した話し方をします。志らく師と対象的ですね。四人の中では一番落語ファンに受けると思います。この人は談志師が道に逸れなければ、こうなったであろうと言う姿を見せてくれています。この先、更に高みを見せられるかですね。

 談笑師ですが、この人は古典落語を演じますが、普通の演じ方ではありません。噺の中の特定の部分を強調させるのです。これは談志師の晩年の「イリュージョン落語」に通じます。それでも噺が面白いのは、アレンジする部分を間違えていないからです。古典を元にした新作もちゃんと古典をリスペクトしているのが判ります、その上で更にイリュージョンを見せてくれています。
 こうして見てみると、立川談志という噺家は多方面にその才能を見せていて、弟子がその部分を少しずつ受け継いているのが判ります。
 ならば、誰か談志師の落語評論の部分を受け継いだ弟子が出て来ませんでしょうか?
 そんなことを考えてしまいました。色々と書いて来ましたが、あくまで私個人の偏見に満ちた考えです。違う考えもあると思います。そんなコメントを戴けたら幸いです。

このページのトップヘ