はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

カテゴリ: 落語あれこれ

02301_1401286_03普段は落語の噺を紹介しているのですが、最近噺がついている感じなので、少し休ませて頂き、その間落語初心者の方の為の個人的偏見に満ちたガイドみたいなものを書いて見たいと思います。

 まず、ここで紹介された噺を聴きたいと思ったらどうすれば良いか?
 生でなければ、図書館に行ってDVDなりCDを借りて見たり聴いたりする事ですね。ここで注意なのは志ん朝師も生前言っていて談志師も語っていたのですが、落語の映像はつまらない。という事ですね。志ん朝師などは「生が一番。次が音だけで聴く事」とはっきり語っていました。「映像は駄目」とも付け加えていました。恐らく想像力を奪うからだと個人的には思います。
 談志師も「テレビの落語はどうしてつまらないのか」と色々と工夫されています。まあ、映像を録画する時はカメラを数台用意するのでしょうが、その切替に落語を判ってないディレクターが担当すると悲惨なものになります。正直、今のNHKはかなり落ちていますね。昔のアーカイブの方が質が高いです。
 そこに行くとTBSの「落語研究会」はかなり水準が高いですね。かっては解説も榎本滋民先生が担当していたので、よかったです。
 それも面倒くさいと思う方はyoutubeやニコニコ動画で落語を聴いてください。私や藪先生が上げた落語動画が沢山あります。未だ削除されていないものもかなりありますので楽しめます。

 ここまでは安直な楽しみ方ですね。まあ、テレビやラジオの落語番組を録画録音してそれを楽しむという方法もあります。
 でもね、地方の方ならいざ知らず、東京近郊に住んでいらっしゃる方なら、たまには寄席に行きましょうよ。何と言っても生が一番ですよ。
 という訳で寄席の紹介です。都内には寄席と呼ばれるものが四席あります。四席を落語協会と「落語芸術協会が10日間交代で興行(芝居)して行きます。
 それでは順番に解説して行きましょう。

・上野 鈴本演芸場
 http://www.rakugo.or.jp/
 上野の中央通りにある寄席で、「寄席の歌舞伎座」と呼ぶ人もいます。昼夜入れ替えですね。ここは落語協会のみの出演となります。以前は芸協も出ていたのですが、今は出演していません。理由は私のブログを検索すると出て来ます。

・新宿 末広亭
 http://www.suehirotei.com/
 新宿二丁目にある寄席で昼夜入れ替え無しです。入れ替えが無いという事は午前11時半の昼の部の前座さんから夜席のトリの師匠までずっと居られます。体力が要ります。私も若い頃は数度やりました。かなりキツイです(色々な意味で)

・浅草演芸ホール
 https://www.asakusaengei.com/
 浅草の六区にある寄席です。1階は落語定席ですが三階は東洋館と言って色物の寄席になっています。ここも昼夜入れ替え無しです。

・池袋演芸場
 http://www.ike-en.com/
 池袋西口の駅前にあります。寄席としては一番小さいですね。それだけに演者が近くなので出演者は気を抜けません。ここも基本は昼夜入れ替え無しですが、下席の夜は日替わりになるのでこの時は出来ません。

 ちなみに、1日から10日が上席
      11日から20日が中席
      21日から30日が下席 と呼びます。
 出演者のチェックは各協会のHPか寄席のHPを参照してください。
 立川流や圓楽一門会の噺家さんは基本この寄席の定席には出られません(一部例外あり)圓楽一門会は「両国寄席」や「上野広小路寄席」などに出演しています。これらは通常は定席とは区別されています。ここに立川流の噺家さんも出ます。

 それらとは別に国立演芸場というものがあります。
 https://www.ntj.jac.go.jp/engei.html
 ここは国が運営する寄席です。興行は基本昼席だけでしかも上席と中席のみです。それぞれ落語協会と芸術協会が番組を組みます。

 寄席にはそれぞれ特徴があり、出演者が多いのが末広亭と浅草で、鈴本は仲入りとトリにはたっぷりと時間を取ります。
 池袋は出演者が少ないので一席の時間が比較的長いのが特徴です。ゆっくりと聴きたかったらここですね。常連が多いのも特徴ですね。

 寄席は落語会と違って演目を言いません。高座に上がるまで噺家も何を演じるか決めていないのです。しかもかなりの演者が終わっても演目を言いません。そこは注意してください。
 
 それと神田の藪蕎麦の近くに連雀亭とう寄席があります。席も四十席に満たない小さな席ですが、ここは東京の4協会の二つ目さんが出演します。たまに真打も出ますが基本は二つ目専用の寄席です。値段も安く500円から楽しめます。
https://ameblo.jp/renjaku-tei/

 さあ皆さんもお近くの寄席に出かけましょう!

 という訳で次回があれば続きを書きます。
 

7916fc279e7206cff787acec1a055cb1 余りにも寒いので、初夏の噺をやれないので、今回も落語に登場する食べ物の噺をします。今回は魚を取り上げてみたいと思います。
 
 落語の噺で一番有名なのが「目黒のさんま」に登場する秋刀魚でしょうね。江戸で売られていた秋刀魚は噺の中でも家来が語っていますが、銚子沖で捕れたものですね。
 それが日本橋の魚河岸に運ばれました。当時は冷蔵技術などありませんので、揚がった秋刀魚に軽く塩を振りかけていたそうです。これが時間が経つと秋刀魚に馴染んで良い味をだしていたそうです。
 ですら、目黒のお百姓さんは品川あたりに野菜を売りに行ったか何処かに納めた帰りに秋刀魚を買って帰ったのでしょう。
 近くには芝浜の魚河岸がありましたが、夕市だったそうですね。研究者の間では昼市もやっていたとの記述もあります。もしかしたら、そこで仕入れたのかも知れません。
 江戸時代は冷蔵の技術がありませんから、鮮度の良い魚を食べられるのは限られた地域でした。刺し身などは貴重で本当に御馳走だったそうです。

 今のような刺し身が食べられるようになったのは醤油の普及があります。醤油の味が魚の生臭さを消したりワサビとの組み合わせで美味しく食べられるようになりました。それまでは「膾」という調理法で食べていたそうです。

「膾」とは生の魚に塩をかけて余分な水分を出した後にお酢に漬けたものです。小肌や鯖も〆て食べますがこれも含まれます。
 幕末にペリーが来航した時に饗応の料理を出した料亭百川の当日の献立を見ると今と違ってやたらに膾の料理が多いです。考えて見ると、かなりの人数分を作ったのでしょうから(一説には1000人とも)生の刺し身だと鮮度の低下の問題もあったのでしょうね。
 ちなみに肝心のアメリカ人には不評だったそうです。

 噺に出て来る魚類を思いつくまま書いて見ると、秋刀魚(目黒の秋刀魚)、鰻(鰻の幇間、鰻屋、素人鰻)、鮑(鮑のし)ふぐ(らくだ)、小肌(小肌小平次)、鮪(居残り佐平次、葱間の殿様)、鯉(唖の釣り、その他)等いろいろありますね。「らくだ」に出てくるふぐですが当時は味噌汁などにして食べるのが普通だったそうです。刺し身で食べたら生で食べる危険と中毒の危険が伴いますからね。
 今日はこのへんで。暖かくなれば噺の話に戻ります。

shizzle1今日は冬に戻ったように寒いですね。関東でも雪が降っています。皆様も体調管理にお気をつけください。

初夏の噺をするには少し早いので、色々と無い知恵を絞って考えたのですが、本業が食べ物に関する業種ですので前回色々とコメントを頂いたので図に乗って、今回は落語と食べ物に関して考えてみたいと思います。
 落語には色々な食べ物が登場しますが、一番多いのはお酒でしょうね。そこで第1回は落語に登場するお酒について考えてみたいと思います。

 落語に登場するお酒は「青菜」の「柳影」以外は日本酒だと思います。今でも我々が飲んでいますが、当時(江戸時代)の日本酒と今のとでは若干違うものなんですね。
 江戸時代の初め頃まではいわゆる「どぶろく」でした。これが灘の酒蔵で誤って炭を落としてしまった事から澄んだ清酒が出来たそうです。ま、これが一つ。
 それと今では日本酒に使う麹は白麹ですが当時は黒麹でした。黒麹は白麹より発酵する程度が強く、出来上がったお酒はアルコールは18〜20度程度でしたが、甘みと酸味が強く癖のあるものでした。

 ですから当時の酒蔵ではこれを水で薄めて樽などに詰めて出荷していたそうです。それでも出来たてはキツイ感じでしたが上方から江戸に船で運ぶ途中に揺られて熟成されて美味しくなったそうです。これが「下りもの」と呼ばれて、良くないものを「くだらない」と呼ぶようになったのは有名ですね。
 また、当時は砂糖が大変貴重なものだったので、男性は甘い日本酒を飲むことで甘味を味わっていました。
 
現代の研究者が同じ製法で作ってみたところ、かなり甘く濃く出来たそうです。そこで薄めたところ5度程度が一番飲みやすかったそうです。それは当時と同じなんですね。当時の記録を見ると作った量と流通の量が全く合わないそうです。流通の方が倍以上多いそうです。つまり水で薄めたものが流通していたという事ですね。
 ですから噺に登場する人物はアルコールに関しては、今よりも薄いものを飲んでいたのですね。

 ですから、「試し酒」の久造さんはアルコールで言えば、今の半分程度だったという事ですね。でもその前に同じだけ飲んでいるので凄い事には変わりありませんね。
 それと今と違って経験と感で作っていたので発酵が上手く行かない事も結構あったそうです。そんなお酒を飲んで亡くなった方もいるそうです。ですから「粗忽長屋」で馬道に出ていた夜明かしで酒を飲んで、雷門あたりで行き倒れになったという事は当時ではあり得た事なんですね。そんな事を思いながら聴き慣れた噺を楽しむのも一興かと思います。

 鬼平が昼間から2合の酒を飲んでるシーンがありますが、現代に換算すると缶ビール(350mL)1缶程度なんですね。これなら今でも真夏に飲んじゃう人いるでしょ? いないか(笑)

img_4 今日は「噺の解説」は一休みして普段、思ってる事を書いて見たいと思います。
 それでお前の考えは間違ってるとか、勘違いしてるなどご意見がありましたらコメントを戴けると嬉しいです。
 
 ブログには書かなくなりましたが、普段から寄席や落語会に行っています。芸協の芝居だったり、落語協会の芝居だったり様々ですが、書き忘れましたが、寄席の興行の事を「芝居」と呼びます。落語協会の芝居だったら、その寄席の10日間の興行を指します。

 面白いのは協会が違うとその寄席のプログラム的なものも違って来るという事ですね。一番違うのは、これは私が感じた事ですから皆さんに当てはまるという事ではありませんが、笑いに対する考えがこの2つの協会では違っている気がします。
 落語協会の方では、あくまでも落語で笑って貰う。という考えが浸透してる気がします。そして江戸前を重視してること。言い換えれば粋を目指してる噺家さんが多く居ると感じます。
 
 対する芸協ですが、こちらは兎に角、お客さんに楽しんで帰って貰おうという考えが見える事ですね。少々泥臭くても良い。笑わなければ、お客さんの脇の下をくすぐってでも笑って貰う……。そんな考えが見て取れます。確かに江戸前を意識してる噺家さんもいますが、自分なりの個性を打ち出してお客さんを自分の世界に引き込む噺家さんも居ます。後者の代表が桃太郎師と寿輔師ですね。この二人は芸協の看板という事もありファンも多いです。その下ですと遊雀師ですね。この方は芸協に移ってから弾けましたね。良かったと思います。あと若手では個人的に期待してるのが遊馬師ですね。かっての市馬師を彷彿させるものを感じます。それと芸協には今、寄席で一番好きな茶楽師もいますね。この人は粋な語り口をするので好きですね。

 落語協会には才能のある噺家さんが大勢いますね。三三師、一之輔師、白酒師を始め若手でも有望な噺家さんが育っています。
 落語協会の芝居でたまにですが、噺家さんが噺を投げてしまってる時がありますね。一時はこれ芸協が多かったのですが、末広亭の席亭の意見により改革が行われ今では殆どなくなりました。でも落語協会の方では未だに偶にありますね。見ていてはっきりと判ります。私が判るぐらいですから殆どの方は気が付くでしょうね。すぐには修正できなくても。これは良くないですね。

 立川流はたまにですが見に行きます。見ていて気がつくのは柳家の噺家さんだなと感じる事ですね。これは理屈では無いと思います。総帥の談志師が柳家小さん一門でしたから。当たり前なんですね。それでも個性的な方が育っていますね。
 圓楽一門会ですが、正直、少し小粒ですかね。若手の噺家さんで、噺を聴いていて底が見える方がいますね。これはプロとしてどうなのかと言う感じですね。それでも兼好師を始め素敵な噺家さんも居ますね。

 ま、こんな感じです。独断と偏見ですので、余り気にしないでください。次回からは噺の解説に戻ります。

rakugoshinju_201809_08_fixw_730_hq 落語ファンの間で話題だった? NHKドラマの「昭和元禄落語心中」が昨夜最終回を迎えました。
 個人的にはこの作品は原作を読みアニメも録画してドラマも視聴、録画しました。それなりに見ているので感想などを書いてみたいと思います。
 原作者の雲田はるこさんはBL作家としてかなり知れられています。ですから原作を読み始めた頃は落語の世界を背景にしたBLものだと思っていました。
 ですが原作ーアニメードラマと変遷されるにつれBL臭は薄くなりました。まあ天下のNHKでBLドラマをやる訳には行かないでしょうね。
 ドラマは孤高の噺家、有楽亭八雲の人生を軸にその周りを取り巻く人物にも焦点をあてて描いています。
 特に幼少期から青年期まで共に過ごした初太郎(助六)との絡みが全体の半分を使って描かれています。
 天賦の才に恵まれた初太郎に嫉妬しながらも惹かれて行く八雲(菊比古)二人は正反対の資質を持つ噺家に成長していきます。
 この辺の描き方は原作、アニメ、ドラマ、ともそう変わりはありません。モデルとしては、初太郎(助六)が志ん生師、八雲(菊比古)が圓生師でしょうね。それに実際の噺家のエピソードを加えてあります。
 初太郎が満州に慰問に行くことや、菊比古が芸の為だけに少女と付き合うことなどです。でもそこらへんは余り重要では無いですね。
 若手真打と成長した二人は戦後の落語界をリードして行きますが、助六は師匠と対立して破門されてしまいます。そこにみよ吉という女性が絡んで噺は愛憎劇に変わって行きます。
 都落ちした助六とみよ吉は四国の温泉地に居ました。既に小夏という娘を儲けて暮らしています。しかし落語を奪われた助六は腑抜け同然。毎日みよ吉の稼ぐお金で酒を呑んで暮してる有様です。そこに菊比古が尋ねて来ます。一緒に東京に帰って噺家に戻ろうと説得します。菊比古にとってはライバル足る助六がどうしても必要だったからです。
 東京に帰ることを納得した助六は菊比古と一緒に、温泉地で「二人会」を開きます。演目は菊比古が「明烏」助六が「芝浜」でした。
 盛況のうちに会は成功したのですが、その夜とんでもない事が起きます。みよ吉と助六が事故で亡くなってしまったのです。
 菊比古は二人の葬儀を出して生き残った娘の小夏を連れて東京に帰って来て、養女にします。そして今まで拒否していた八代目有楽亭八雲を継ぐことを了承します。小夏には嘘を言って誤魔化します。それ以来小夏は八雲を恨むようになります。
 ここまでが過去編で約半分です。この後時代は昭和の末に飛びます。
 物語の最初は昭和です。この時に今まで弟子を取らなかった八雲がどういう訳か、刑務所の慰問で八雲の芸に惚れ込んだ与太郎が入門します。その与太郎が三代目助六を襲名した真打に昇進します。ここから現代編が始まります。
 老いてなお八雲は素晴らしい芸を披露していますが、本人は衰えを自覚しています。この現代編ではドラマでは原作の絡み合ったストーリーを上手く整理しています。(分かりやすくなっています)
 脚本家の力でしょうね。ストーリーを知ってる者が見ても、見ごたえのある作品になっていました。
 原作では後半は与太郎の物語となるのですが、ドラマでは二人のバランスを取っています。老いる八雲と伸びて行く与太郎の対比が見事です。
 ドラマの改変は小夏が両親の死の真相に気がつくがどうかです。原作やアニメでは小夏は気が付かず、松田さんの証言で与太郎や樋口先生(ドラマでは殆ど登場せず)が真相を知りますが、それを小夏には言いません。与太郎と小夏は夫婦になり第二子を設けますが、「長く生きていれば人に言えないこともある」と自分に諭すように口にします。このあたりから長男の信之助の父親捜しがファンの間で始まりましたが、ここでは取り上げません。
 ドラマでは真相を知り、小夏は自分を育ててくれたことを八雲に感謝します。その後入門の許可を取った後に八雲は寿命を全うします。原作やアニメでは黄泉の国の助六やみよ吉と再開しますが、ドラマではそこは簡単に表現されました(時間の都合でしょうね)
 それから16年後、与太郎は九代目八雲を襲名します。また信之助は菊比古を襲名するのでした。ドラマではその高座を亡くなった三人が眺めています。

 ドラマはこんな感じで終わるのですが、ドラマならではの見どころもあります。それは、若い頃の菊比古が噺で協会をクビになった老噺家(喬太郎師!)に「死神」の稽古をつけて漏らうのですが、そのシーンが出色の出来でした。裏話によると喬太郎師のアドリブがかなり入っているそうですが、さもありなんと思いました。(第4話)
 また、全体的に八雲に焦点が当たっているので彼の苦悩が伝わりやすかったですね。繰り返し読む事が出来る漫画と見たら終わってしまうドラマの違いなんでしょうね。
 兎に角、この秋から冬にかけてのドラマでは一番の見ごたえがありました。
 来年3月にはDVDとBDも発売されるそうです。
 

このページのトップヘ