はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

カテゴリ: 思いでの噺家さん

【古今亭右朝】1948年11月2日 – 2001年4月29日 今日は個人的に好きだった右朝師です。 本当に素敵な噺家さんでした。声が良くて、様子が良くて、噺がウマイ! 何拍子も整っていました。寄席でも時間が在るときはたっぷりと、無いときでもきっちりと古典を演じてくれました。…
>>続きを読む

今日から数回に渡って「懐かしい噺家さん」を特集致します。 名人と呼ばれた訳ではないが、多くのお客さんに愛された噺家さんを取り上げて行きたいと思います。まずはこの師匠 ・【六代目 春風亭柳橋】明治32年(1899年)10月15日 – 昭和54年(1979年)5月16日 ・「出囃子…
>>続きを読む

今日は十代目 桂文治師です。小柄ながらパワフルな高座を見せてくれました。 「十代目 桂 文治」(1924年1月14日 〜 2004年1月31日) 噺家の初代柳家蝠丸の家に生まれる ・1946年6月、2代目桂小文治に師事し、柳家小よしを名乗るが師の亭号の桂小よしに改名。 ・1948年1…
>>続きを読む

今日は三遊亭圓彌師のことを……。 優しい口調ながらも本寸法で、三遊亭の噺を受け継いでいました。 また鳴り物も得意で、圓生師の「圓生百席」ではお囃子として参加しています。 「三遊亭圓彌」 1936年7月20日 – 2006年4月29日 「出囃子」 最初は、『四季の寿』でしたが…
>>続きを読む

暫くは、私の思い出に残る噺家さんを取り上げて行こうと思います。最初は、古今亭志ん生師の長男で、志ん朝師のお兄さんの十代目金原亭馬生師です。 十代目金原亭馬生 1928年〈昭和3年〉1月5日〜1982年〈昭和57年〉9月13日) 言わずと知れた五代目古今亭志ん生の長男。長女…
>>続きを読む