はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

カテゴリ: この噺家さんのこの噺を聴け!

今日は「源平盛衰記」を取り上げてみたいと思います。 この噺は古典の「平家物語」から題を録ったと言うより、「平家物語」をそのままダイジェストにした地噺ですね。 地噺と言うのは会話より説明が多い噺で演者のセンスが問われます。 大雑把なあらすじは、平家はあまりに…
>>続きを読む

今日は、今となっては聴けなくなってしまった噺の「会長への道」です。 漫談なのですが、内容は皆さんご存知で、「将来は落語協会の会長になることが目標」という野望の元、 各先輩方を一人ひとり、誰々は高血圧だとか噺の上で殺してゆくというブラックな噺ですが、 最初は…
>>続きを読む

落語協会から続いたので、今日は芸術協会の実力者、瀧川鯉昇師匠です。 1953年静岡県浜松市生まれ、本名は山下 秀雄と言います。 1975年4月、8代目春風亭小柳枝に入門、柳若(りゅうじゃく)となる。 1977年師匠が廃業した為、柳昇門下となる。 1980年2月、二つ目昇進。愛嬌…
>>続きを読む

今日は寄席で一番の美声、市馬師についてです。 一応、柳亭としては四代目ですが三遊亭でも襲名している名前なので、合わせると8代目だそうです。 確か八代目正蔵師の所に預かり弟子で市馬という方がいましたね。 談志師に、自分の名前を「英語だと、スリープレイハンド・・…
>>続きを読む

今日は春風亭一朝師について書いてみたいと思います。 1950年東京足立区生梅田まれ。 私の所のすぐ側です。 1968年3月に 入門しました。五代目柳朝師の一番弟子です。 1970年4月 前座になる。名は朝太郎。 1973年9月 二つ目昇進し、一朝に改名しました。 出囃子は「菖蒲浴衣…
>>続きを読む