はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

寄席でおすすめの噺家さん

寄席で聴きたい  三遊亭遊雀師

mmwae4000026092008_3_0_e4落語協会の噺家さんが続きましたので、今回は落語芸術協会の噺家さんです
かって権太楼師の弟子だった遊雀師です。

【三遊亭遊雀】
1988年2月 - 落語協会の3代目柳家権太楼の下に入門。前座名「さん太」。
1991年10月 - 二つ目に昇進。「三太楼」に改名。
平成7年「NHK新人演芸大賞」落語部門大賞を受賞(演目:『反対俥』)。
2001年9月 - 真打昇進。
2006年 - 平成17年度彩の国落語大賞を受賞(演目:『初天神』
 とここまでは前途有望でその将来を嘱望されていたのですが、先日紹介した権太楼師と意見の食い違いが表面化して、一門を離れました。
 その後、笑点でおなじみの三遊亭小遊三師の一門に移籍します。
2006年10月 - 落語芸術協会の三遊亭小遊三門下に移籍。「遊雀」と改名。

出囃子  『粟餅』

【芸風】
 移籍する前は地味でしたが本格派で、玄人受けする噺家さんでしたが、移籍後は一皮むけて、狂気すら感じさせる芸風に変わりました。
 兎に角楽しい高座です。
【得意演目】
 『強情灸』『熊の皮』『堪忍袋』『真田小僧』『反対俥』他多数
【エピソード】
あくまでも噂ですが、本来、」かなり酒癖が良くないそうです。酒乱の傾向もあるとか?
酔っ払って灰皿で権太楼師匠の頭を殴ったとか言う話です。
移籍後に和解したのか、権太楼師の会にゲストで出演しましたね。
その辺も面白いです。

【ネタ】
その復帰のことですが、昇太師の会で復帰しました。その時の昇太師の口上です。
「私は落語芸術協会監事という重職を務めているのですが、最近、我が落語芸術協会にとっても嬉しいことがありました」と、“本日のスペシャル・ゲスト”遊雀を紹介。「ほんとはこんなに早い復帰は異例なんです。ところが彼に対しては落語協会もこちらの協会も、少しでも早く復帰させてやろうと、みんなが尽力したんですね。それは彼の芸が落語界に必要だと、みんなが認めているということなんです。そこで、今日、彼の三遊亭遊雀としての初高座を、僕の会でやってもらうことにしました」

それだけの人材だったと言う事ですね。是非、寄席でその狂気の高座を体験して下さい!

寄席で聴きたい  柳家権太楼師

 gontarou1今日は権太楼師匠です。当代は三代目ですが、初代は戦前から戦後の時代に一世を風靡しました。「猫と金魚」などで有名でした。
 二代目は、襲名して湯河原の旅館の主になってしまいました。その為、当代は、名前を300万で買ったと言う噂です。
 元々、名前を貰うと言う事は先代の生活の面倒を一切見る。と言う事だったそうです。今では、そんな風習は薄れましたが、先代の法事を行うのは当然だそうです。

1,970年 5代目柳家つばめに入門  ほたる(1970年 - 1974年)
1974年 師匠が亡くなったので、5代目柳家小さん一門に移る さん光
1982年 3代目柳家権太楼を襲名して真打昇進

【芸風】
 本格的な古典落語を演じますが、その内容も他の人とは、ちょっと変わっています。
 自分で噺を構築し直して口演します。その為、噺によっては登場人物が違っている時もあります。それでも、多くのファンが居て、寄席では抜群の人気を誇ります。
 
【得意演目】
代書屋、長短、不動坊、火焔太鼓、三枚起請他多数


【エピソード】
 腎臓がんを経験しましたが、見事にカムバックしました。

【健二のネタ】
その時の事ですが……
幕が上がると権太楼師がマスクをしたまま高座に上がったそうです。
そして次の事を話ました。
 
昨年(2010年)11月に腎臓にガンが見つかった事。
今年(2011年)1月に片方の腎臓を手術で除去し、3月に医者に勧められて抗ガン剤治療を1週間入院して行い、放射線治療も受けた事。
 今は通院になったそうですが、放射線と抗がん剤治療した事で
「白血球が減っているので人前に出る時はマスクを必ずする事」
 と医者に言われているそうです。そして
「マスクして、百年目は出来ないでしょう!」
と言って、会場は緊張が緩んで大爆笑だったそうです。
高座を降りる時は凄い拍手だったそうです。

寄席で聴きたい 古今亭志ん輔師

 shinsuke2今日は志ん朝師匠のお弟子さんで、寄席に良く出ている古今亭志ん輔師匠です。
1972年3月に3代目古今亭志ん朝に入門、前座名は朝助。
1977年3月に二つ目に昇進。師匠志ん朝の前名古今亭朝太に改名。
1985年9月に真打に昇進して志ん輔を襲名
 早くから将来を嘱望されていました。
出囃子 は「越後獅子」です。

【芸風】
 師匠の志ん朝師の芸風を良く受け継いでいます。単に受け継いでいるだけではなく、自分の個性を加味しているのは言う間でもありません。明るく陽気で、少し惚けた芸風が寄席の空気を明るいものに変えてくれます。

【得意演目】
 師匠同様幅広いですが、寄席でよく演じるのは「紙入れ」「替り目」「犬の災難」
 「豊竹屋」「夕立勘五郎」他多数

【エピソード】
 若手の育成に力を入れていて、自身でも「たまごの会」という会を作り協会に関係無く門戸を開いている。また神田に「連雀亭」という二つ目専門の寄席を拵え(協力者あり)これも広く開放している。(運営は二つ目に任せている)

【健二のネタ】
弟子になった頃はそれだけで目的が達した様な気分になり、あらゆる面で師匠の真似ばかりしていたそうです。
その時は何も言われなかったが、真打になって色々な事を言われる様になり。大変ありがたかったと……
弟子を持って判る事は如何に自分に弟子に伝えられる事が無いかを実感したことだそうです。
もう、師匠は亡くなってるから恩返しがしたくても出来無いので、その分噺を一つ一つ完成させて行く事だと
思いそして後輩達に自分が出来るかぎりの事をして恩返しをしたいと語っていました。

また、以前の事ですが、寄席や落語会で噺をしていると、突然、師匠の志ん朝師が降りて来たりしたそうです。

柳家喬太郎師を考察する!

01今日は恐らく日本でもかなり売れている噺家さんです。落語会のチケットの入手の困難さでは一番かも?
【柳家喬太郎】
1963年〈昭和38年〉11月30日 – 東京都世田谷区生まれ
1989年(平成元年)10月 – 柳家さん喬に入門、前座名「さん坊」
1993年(平成5年)5月 – 二つ目昇進、現在の「喬太郎」に改名
2000年3月 – 真打昇進(12人抜き)

【芸風】
古典も新作も両方共演じることが出来る人です。
古典落語は、エンターテイメント性に富む語り口ながら、古典の味わいをそこなうことなく、円熟した落語を聴かせてくれます。滑稽噺はもとより、師のさん喬師ゆずりの人情噺も演じています。

【得意演目】
新作
「午後の保健室」「純情日記池袋篇」「純情日記渋谷篇」
「純情日記中山篇」「純情日記横浜篇」「巣鴨の中心で愛を叫ぶ」
「寿司屋水滸伝」「すみれ荘二〇一号」
「諜報員メアリー」「バイオレンスチワワ」「白日の約束」「派出所ビーナス」
「八月下旬」「母恋いくらげ」「ハワイの雪」「ハンバーグができるまで」
「不二家残酷物語」「冬のそなた」「彫師マリリン」「ほんとのこというと」
「孫帰る」「夜の慣用句」「路地裏の伝説「ウルトラのつる」

古典
「時そば」「死神」「蛇含草」「擬宝珠」や「綿医者」「にゅう」他多数

【エピソード】
さん喬に弟子入りした当初、師匠に「嫌いなものはあるかい?」と聞かれた喬太郎が「納豆がダメです」と答えたところ、翌日「よし、昼メシに買いに行こう」と言われた言う。さん喬いわく「これから噺家としてやっていくなら、お客様や先輩方とのお付き合いもある。そんなときに、あれ食えない、これ食えないじゃ、話にならないよ」と言う意味だったそうな

【ネタ】
師の「時そば」は別名「コロッケ蕎麦」と異名を取る程の爆笑噺になっています。
古典の価値観さえ変えてしまうほどの出来です。

【私的考察】
古典でもその古典落語の風情をギリギリの線で保ちながら己の世界を構築することに成功しています。
その為、古典派、新作派の両方から注目を浴びています。
この先が、どう変わって行くのか大いに注目されていますね。

今一度 市馬師を聴いてみよう!

20101215_1678278【柳亭市馬】
今日は、落語協会の会長でもある市馬師です。
声が良いのが特徴で、ほぼ必ずと言って良い程、噺の中に歌を入れます。
まあ、歌手協会の会員でもあるので、歌も本職なんですが……
1961年生まれ、大分県豊後大野市緒方町出身で、本名は右藤泰幸。
1980年3月 5代目柳家小さん師に入門して小幸。
1984年5月 – 二つ目昇進で「柳家さん好」と改名。
1993年9月 – 真打昇進で4代目(8代目)柳亭市馬を襲名。
2010年12月 – 落語協会理事会にて副会長
2014年6月 – 落語協会理事会にて落語協会会長

出囃子は「吾妻八景」

【芸風】
肝心の噺はというと、これが本格派で、正に柳家の王道を歩んでいます。
個人的には次の小さんはこの人しかいない、と思っています。
なんなら今、名前を変えても良いと思いますが(笑
スケールの大きさを感じさせる噺家さんです。
前から注目されていたのですが、ここ10年位前あたりから噺に色気が出てきました。
一皮むけたという事ですね。
正直、以前はスケールの大きさは伺えるけど、色気に乏しい感じがしていました。
それが、今では登場すると高座が明るくなるのです。

一皮むけたのは師匠が亡くなった事も関係していると思います。
下の世代と上の世代に挟まれて、奮起したのかもしれません。

当たり前の落語を、誰よりも心地好く聴かせてくれる柳亭市馬師です。
一般的にイメージされる「面白い古典落語」を楽しみたい、という人には真っ先にお勧めしたいですね。
何とも素敵な噺家さんです。
よく寄席にも出ていますので、機会のある方は是非御覧になって下さい。
【得意演目】
「高砂や」、「青菜」、「堪忍袋」、「味噌蔵」、「掛取美智也」「転宅」「らくだ」
「付き馬」「花筏」「厄払い」「味噌蔵」「芋俵」「雛鍔」「御神酒徳利」「青菜」他

【エピソード】
五代目小さん一門は剣道が必須ですが、噺家になる前より剣道をやっていたので腕前は確か弟子の中ではかなり上級者です。

【ネタ】
先輩の権太楼師によると、色々と不思議な事を知ってるそうです。
王子の「扇屋」の卵焼きは一子相伝であるとか、以前は店で食べるのと持って帰るのは焼き方が違う、
なんて事を権太楼師に話していたそうです。
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ