昨夜の生放送は八代目可楽特集でしたね。
私はなぜか余り良く見れませんでした。
昔から、可楽でなくては夜も日も明けぬ位のファンがいますね。
私も好きな師匠です。

もうすぐ9月3日がやって来ます。
六代目圓生師匠の命日です。
心筋梗塞で亡くなったのですが、今ならステント治療で、
なんて事は無いのでしょうね。
お席亭はこの日も特集するかな?
今から何か上げておこうかと思い、「一つ穴」をあげました。
この噺は本当は、もっと長い噺なのだそうで、
上げた録音は再構成して、下の部分中心に話したそうです。
本来はサゲもあるのですが、今は完全に判らなくなってしまったので
圓生師はサゲをつけなかったそうです。

この後、権助が喧嘩の処に割って入って、旦那に「どうもおかしいと思ったら、お前が連れ込んだのだな、この犬め」と言われ、
権助が「お前さまは、おらの事犬と言うし、おかみさんは、一つ穴の狐
だと言った」とサゲます。
一つ穴のムジナとは言いますが、一つ穴の狐とは言わないので、確かに
判りにくいですね。
また、明日も圓生師匠をあげようかな・・・