はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

2019年01月

『首提灯』 え〜毎日寒いですねえ。そこで今日はこの噺です。これ冬の噺なんですね。 【原話】 原話は、安永3年(1774年)に出版された笑話本・「軽口五色帋」の一遍である『盗人の頓智』だそうです。 もともと小ばなしだったのを、明治期に四代目橘家円蔵が一席にまとめたも…
>>続きを読む

『夢金』 大寒に入り寒さも峠ですが、今日は真冬の寒さが身にしみるようなお噺です。 【原話】 安永2年(1773年)に出版された笑話本・「出頬題」の一遍である『七福神』。別題として「欲の熊蔵」「錦嚢」などがあります。 【ストーリー】 欲深い船頭の熊は、今夜も二階で「…
>>続きを読む

寒くなって参りました。大寒ももうすぐですね。という訳でこの噺です。 『味噌蔵』 木枯らしが吹く頃のケチンボさんのお噺です。そのしみったれが笑いを誘います。 【原話】 1736年頃の「軽口大矢数」に載っている米澤彦八作「田楽の取り違へ」が元のお噺です。 【ストーリ…
>>続きを読む

「季節も「小寒」に入りまして、これから暫くが一番寒い季節になります。インフルエンザが猛威を奮っているそうですが、くれぐれもお気をつけ下さい。と言う訳でこの噺です。 『二番煎じ 』  寒くなって来ましたらやはり鍋が恋しくなりますね。そんなお噺です。 【原話】 …
>>続きを読む

『一目上がり』 今日はこの噺です。この噺は別名「七福神」とも言われています。まあ今のうちしか出来ない噺ですね。 先日NHKの大河ドラマ「いだてん」を見たのですが、ビートたけしさんが古今亭志ん生師を演じていました。彼は以前に民放のドラマ「赤めだか」で立川談志師を…
>>続きを読む