はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

2018年05月

『ガマの油』 今日はこの噺です。暫く更新できないかも知れません。 【原話】 「両国八景」の一部が独立して噺として成立しました。 上方では「東の旅」の一部です。 【ストーリー】  大道商売の口上と言えば有名なのが「がまの油売り」 黒羽二重の紋付き袴姿で、さあさ、…
>>続きを読む

『厩火事』 今日はこの噺です。噺の中にトウモロコシが出て来るので夏の噺としました!(笑 題名はネタになっている孔子の故事からです。 【原話】 1807年の喜久亭壽暁のネタ帳「滑稽集」に「唐の家事」とありこれが元です。 生粋の江戸落語です。 【ストーリー】 髪結いで…
>>続きを読む

『後生鰻』 今日はこの噺です。季節的には早いですげど、うかうかしてると鰻が食べられなりそうですので(笑 【原話】 元々は『淀川』という上方落語の演目で、明治期に東京へ移植されたそうで、別題は『放生会』とも言います。 【ストーリー】 る大家の主人は超極端な信心…
>>続きを読む

『一眼国 』 少し間が空いてしまいました。申し訳ありません。 そこで今日はこの噺です。 【原話】 1842年の「綺談新編」のほか1847年の「噺の種」の「取りに来て取られた」あたりからです。 【ストーリー】 新しいネタを探している見世物小屋の主が、全国を歩いている六部…
>>続きを読む