はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

2017年12月

『掛取万歳』 いつかちゃんとやろうと思っていたのですが、一年の最後を締めくくる噺として相応しいと思います。 【原話】 、初代林家蘭玉師の作と記載されていまして、その後2代目桂蘭玉師が大きくアレンジし、 現在の形に近い物になったそうです。 最も最近は演者の得意な…
>>続きを読む

 本当に寒くなって来ました。皆様も健康には充分ご注意下さいね。と言う訳で今回からはこの噺を取り上げてみたいと思います。 ・『富久』 江戸時代の実話をもとに、円朝師が創作したといわれる噺ですが、速記もなく、詳しいことは分かりません。 ・【ストーリー】  久蔵は…
>>続きを読む

『芝浜』 寒くなってまいりました。毎日「今年一番の冷え込み」とかマスコミで言ってますね。 皆様もどうか、お気をつけ下さい。 と言う訳で年末の噺と言ったらこれと「富久」ですね。 【原話】 この噺は三代目三木助師によって飛躍的に有名になりました。 原作は三遊亭圓朝…
>>続きを読む

『文七元結』 今回は冬の噺でも大物のこの噺です。 【原話】 圓朝師の創作で有名ですが、八代目正蔵師の説によると、それ以前に同種の噺があり、圓朝師が自分の創作部分を加えて、人情話に作りなおしたそうです。真意はわかりませんが、きっと全く違った噺になっているので…
>>続きを読む