はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

2017年01月

本当は暮れにやる噺ですが、お許し下さい。 『尻餅』 今日は「尻餅」と言う本当に季節限定の噺です。今でも暮れになると寄席でもこの噺がかかかります。ちょっと色っぽい噺でもあります。 【原話】 享和2年(1802年)に出版された笑話本「臍くり金」の一遍である『もちつき』…
>>続きを読む

今日はこの噺です。寒い冬ならではの噺だと思います。 【原話】 明治時代に、先々代立川談志師の作を今輔師が直した噺です。ある意味新作落語なのかもしれませんが、同じ時期に出来た圓朝師のは噺が古典扱いされてるので、こちらも古典でいいのかもしれません。 「目黒のさ…
>>続きを読む

『富久』  年末になるとジャンボ宝くじが売り出されますね。皆さんはお買いになられたでしょうか? 世の中には当たった方がいらっしゃるですよね。羨ましいような……。一攫千金を願うのはいつの時代も変わらぬようで、今日は「富久」です。 【原話】 江戸時代の実話をも…
>>続きを読む

本ブログにお立寄りなされた皆様、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 と言う訳で今日は「芝浜」です。 このブログでは余り取り上げていない噺だと思います。 『芝浜』 今日は暮れの噺の大作、「芝浜」です。 【原話】 この噺は三代目三木…
>>続きを読む