はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

2014年09月

 今日はお休みなので、浅草に行ってきました。toshiさんから譲られた招待券を有効に使いたいという目的もありました。  早くから行くつもりでしたが用事が重なり到着したのは仲入り後でした。高座には喬志郎さんが上がって新作をやっていましたが、急いで行ったのと、暑さ…
>>続きを読む

 今日は「孝行糖」です。 明治初期に作られた上方落語の「新作」といわれますが、作者は未詳です。 三代目円馬師が東京に移植、戦後は三代目金馬師の十八番として知られ、 四代目金馬も演じています。 「本場」の大阪では、現在は演じ手がないと言う事だそうです。 孝行糖…
>>続きを読む

今日は「付き馬」です。これはほんとうは江戸弁で「つきんま」と言うそうです。  原話は元禄5年(1692年)に出版された笑話本・「噺かのこ」の第四巻、「薬屋にて人参を騙りし事」です。又の題を「早桶屋」とも云い、圓生師はこの名で演じていました。  吉原で「今は持ち合…
>>続きを読む

今日は、休みなので、用事を済まして浅草に直行しました。お目当ては喬太郎師です。七割程埋まった客席に座って聴き始めました。 喬之助 ……寄合酒  肴の種類を変えて上手く纏めていました。この人はフラがあるのでいいですね。 ホームラン……漫才 栄枝   ……自分…
>>続きを読む

明後日五日は六代目笑福亭松鶴師の命日です。 そこで、松鶴師を取り上げます。 本名は、竹内日出男(たけうち ひでお)。出囃子は「舟行き」 生まれは1918年8月17日 で命日が1986年9月5日です。68才の生涯でした。 5代目笑福亭松鶴師の子供として生まれました。母は落語家6…
>>続きを読む