はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

2014年05月

いよいよ明日から「菖蒲まつり」が始まります。  明日は「大和太鼓」等のデモンストレーションや抹茶のサービス?(一部有料?)やお琴の演奏があります。 園内の花も段々咲いてきました。 正門の前です。飾りも終わりました。 何時もの場所です。 少し奥の場所です。 …
>>続きを読む

やっと咲き出した花菖蒲ですが、いくらか他の種類も咲き始めました。 園に入って一番最初の田圃です。色々な種類がります。 ここには200種類の花菖蒲があります。 少し奥の方です。固まって咲いています。 更にその奥です。良く見ると雑種の黄金菖蒲が咲いています。 ち…
>>続きを読む

5月も後わずかとなりまして、我が菖蒲園も花菖蒲が咲き始めました。これからひと月ほど、我々の目を楽しませてくれます。 未だほんの少しですが咲いている田圃の一部です。 中側から正門を見たところです。 寄ってみます。 白い花で「五月晴」でしょうか!? 薄紫の花も咲…
>>続きを読む

 今朝ほどですが小三治師が「お茶汲み」を落語研究会で演じたのを放送していましたね。 志ん朝師や志ん生師がやった型とはちがってテンポがゆっくりでしたね。 悪く無かったですが、小三治師こそ生で見て欲しい噺家さんです。  と言う訳で、今日は「今戸の狐」です。 戸中…
>>続きを読む

今日は「碁泥」です。 上方落語の「碁打ち盗人」を三代目小さん師が、大阪の桂文吾師に教わり、大正2年ごろ、東京に移しました。 小さん師は、初め「芝居道楽」などのマクラとして演じ、後に独立させ一席の噺としました。 門弟の四代目小さん、孫弟子の五代目小さんと継承…
>>続きを読む