はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

2012年07月

昨日は休みでしたので、浅草に行きました。 途中でスカイツリータウンに寄ってみました。 夏休みで大変な賑わいです。 実は、この中にここだけでしか売っていないグッズがありまして、 それが欲しかったので、見物ついでに見てきました。 写真は4階のデッキから写したスカ…
>>続きを読む

今日は「しわい屋」です。 落語「位牌屋」の冒頭部分が独立して出来た噺です。 サゲの部分は1776年の「夕涼新話集」の「金もち」です。 ある吝嗇家の処にこれまたケチな男がケチの極意を教わりにやってきます。 まず扇子の使い方から始まって、ご飯のおかず梅干しを食べて…
>>続きを読む

今日は「もう半分」です。 原話は、興津要の説によると井原西鶴「本朝二十不孝」巻三の「当社の案内申す程をかし」とのことですが、 明確ではありません。 近年は志ん生師や今輔師が演じていました。 また、三代目三金馬師、十代目馬生師も演じました。 最近では小三治師や…
>>続きを読む

今日は「死神」です。 去年の今頃もやりまして・・・進歩がないと言う事でご勘弁を・・・(^^) 昨日ですね、我が街からオリンピック水泳代表に渡部香生子さんという高校生が選ばれているのですが、 その応援風景をNHKが取材しているのです。 それは良いのですが、我が「…
>>続きを読む

今日はこの時期にふさわしいかどうかですが「盃の殿様」です。 生粋の江戸落語ですが、原話その他、がハッキリとは分かってないそうです。 二代目柳家(禽語楼)小さん師の明治23年の速記(「殿様の廓通ひ」)を参考に、 六代目三遊亭円生が、十八番に仕上げた噺です。 今では…
>>続きを読む