はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

2012年03月

今日は春風亭一朝師について書いてみたいと思います。 1950年東京足立区生梅田まれ。 私の所のすぐ側です。 1968年3月に 入門しました。五代目柳朝師の一番弟子です。 1970年4月 前座になる。名は朝太郎。 1973年9月 二つ目昇進し、一朝に改名しました。 出囃子は「菖蒲浴衣…
>>続きを読む

今日はむかし家今松師を取り上げたいと思います。 1945年松戸市生まれ 1965年1月 10代目金原亭馬生に入門、前座名は「駒次」。 1970年4月 二つ目昇進し、7代目むかし家今松を名乗る。この名は師匠馬生が戦時中の二つ目時代に名乗っていた名前です。 1981年3月 真打昇進、出…
>>続きを読む

今日は、左甚五郎の噺の中から、「三井の大黒」です。 講談から落語化されたもので、六代目円生師と三代目三木助師が、十八番としました。 とりわけ三木助師は、同じ甚五郎伝の「ねずみ」も事実上の創作に近い脚色をするなど、 甚五郎にはことのほか愛着を持っていたようで…
>>続きを読む

今日は「ガマの油」です。 元々は「両国八景」と言う長編落語の後半部だったものが、独立して一席になりました。  大道商売の口上と言えば有名なのが「がまの油売り」 黒羽二重の紋付き袴姿で、さあさ、御用とお急ぎでない方はゆっくりと見ておいで、と口上が始まります。…
>>続きを読む

今日は先代鈴々舎馬風師匠について書いてみたいと思います。 写真は随分若い頃ですねww 本当は四代目なのですが自称九代目と言っていました。 実家は浅草の仕出し屋で、少年時代は柔道に明け暮れていたそうです。 手のつけられない不良だったそうで、警察の世話なった事も…
>>続きを読む