はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

2011年06月

今日はあんまり暑いので「牡丹燈籠」の事でも書いて涼しくなろうかと考えたのですが、この長編噺を私ごときが書けるハズもなく、中途半端に成ることをお許しください。え、何時もだって・・・それはそれは申し訳ありませぬw 原話と言われる話がありまして、中国の「剪燈新…
>>続きを読む

え〜こないだに続きまた、浅草に行きました。 今回お目当ては遊雀さん。 芸協は浅草では5日間で番組が替わるので、こないだとはトリも出演する噺家さんもかなり替ります。 変わらない噺家さんもいますが・・・ 到着した時は六時少し前でコントD51さんがコント中。本来出番…
>>続きを読む

え〜今日は「反魂香」と言う噺です。 あらすじは・・・  夜中にカネをたたいて回向をしている長屋の坊主の所に、八五郎が夜、手水にも行けないと掛け合いに来た。 坊主は名を道哲と言い元・島田重三郎と言う浪人であった。吉原の三浦屋の高尾大夫と末は夫婦にとお互い惚…
>>続きを読む

大阪で天満天神繁昌亭を興行している上方落語協会に分裂の噂があります。 分裂と言っても発展的分裂を考えている様です。 詳しくはここで↓ http://npn.co.jp/article/detail/72109193/ でも、こうなると松竹芸能や吉本との関係はどうなるんでしょうねえ? また、一件の寄…
>>続きを読む

今日は怪談噺「妲己のお百」です。 暑いんでねえ〜もう参りました。(^^) あらすじは・・・  実は「妲己のお百」とあだ名されるとんでもない悪女は、今は美濃屋の”こさん”として女主人になっている。 そこへ元は芸者で目を患っている”みねき”ちが、娘”およし”を…
>>続きを読む