はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

2011年01月

東宝演芸場最後の日の録音

f7a5b837.jpgえ~、今日の志の輔ラジオは、五代目春風亭柳朝師の「義眼」でした。
この演目は、私がニコに上げていますが、
今日の音源はそれとは違った音源で、東宝演芸場最後の日の録音で、
1980年8月30日の事です。
噺の内容も少し違って居て、義眼を飲んでしまう設定が違って居ます。
そこも聴きどころかな。
やっぱり口調が良いですよね(^^)
来週の2月7日は師匠の命日ですね。

期限は何時ものように一週間です。

http://firestorage.jp/download/0cd4516bd7803956f023ee15808523b76f454334

柳朝師と言えば、こんな記事が金曜の日刊ゲンダイに載っていました。

日刊ゲンダイの「あのひとは今」のコナーに鶴田浩二さんの娘さんの
鶴田さやかさんが登場したのですが、其の中で
24歳の頃、春風亭小朝師と恋人関係にあった、と告白していました。
当時師匠は真打昇進後で、話題にもなっていた頃です。
モテまくっていた頃ですね。
当時のインタビューでも、
「色恋は芸の肥しですから」と言っていました。
遊んでいる事も隠そうとしていませんでしたね。
岸本 加世子さんと付き合ったのはその後ですかね?
まあどうでもいいんですがねw

今日は八代目正蔵師の命日

fa087b95.jpg今日は八代目正蔵師の命日です。
他には四代目志ん生師の命日でもありますね。
四代目志ん生は鶴本の志ん生とも言いますね。
四代目志ん生師の事はよく知らないので、八代目正蔵師について。

子供の何回かは高座を見ました。正直当時は聴き難い師匠だと
思っていました。神経を集中しないと効き難かったのです。
今、改めて聴いてみると、中々どうして、味の在る口調ですよね。

晩年、正蔵の名を返上したのですが、
正蔵の名前の変遷を調べていくと、海老名家に返上しなくても・・・・
と言う疑問も湧いて来ます。
海老名家は本来は小三治の名を持っていたのですよね。
その名前を取り上げられて、仕方なく正蔵を名乗ったのですから、
コレも借り物と言う訳です。
まあ、この研究に関してはWEBでも沢山の方が書いていますので、
ここでは書きませんがね。(^^)

それよりも正蔵師匠を偲んで、噺を聴きましょう!

http://firestorage.jp/download/cd04b09278eb360041b78e2716f7346fac9f27e5

演目は「山崎屋」です。期限は何時ものように、一週間です。

三遊亭圓窓師の「竹の水仙」

今日は、三遊亭圓窓師の「竹の水仙」です。

最近は七代目騒動も動きが無いようですが、どうなる事でしょうかね。

「竹の水仙」は元は講釈ネタですね。それを落語に移したと言う事です。
各演者によって宿場が違っていたり、宿屋の名前が違っています。
同じ左甚五郎の噺でも、「ねずみ」等はきちっと決まっていますね。
最も違うと話にならなくなりますが・・・

圓窓師のバージョンもチョット違っています。
何処が違うのかは聴いてのお楽しみです。

期限は何時ものように、一週間です。

https://www.webfile.jp/dl.php?i=844898&s=66494ca17735771a06f1

東京かわら版2月号を読んで

何とか体調は回復傾向にありまして、
インフルでは無かったみたいです。
でも39度と言うのは久しぶりだったので、少し驚きました。

昨日わが家に東京かわら版2月号が来たので、そこから少し・・・

まず表紙は菊之丞さんです。着物姿で梅の木の枝を愛でています。
多分、湯島天神じゃないだろか?
巻頭エセーは田畑智子さんで、映画「落語物語」の事を書いてます。
これを読んで絶対見に行こうと思いました。

インタビューは菊之丞さんです。技術的な事から色々と話しています。
すこし飛ばして、堀井ちゃんのコナーではトリネタの時間についてです。
其の中で、「浅草は座れない事があるので、余り行かない」と
書いてありました。
どうりでね、あれだけ行ってるのに一度しか見てないしね。

少し驚いたのが来月2月上席の池袋演芸場の夜席です。
出演者を書いてみます。
右太楼/初花
甚五楼
アサダ二世
歌之介
白酒
紫文
玉の輔
仲入り
菊之丞
一朝
二楽
三三
です。良いメンツでしょう。ねえ行きたくなりますよね。
ま、浅草も中席は夜のトリはさん喬師なんで、楽しみですが。
落語ファンとしては、東京に住んでいる事はメリットは大きいですね。
欠点としては上方落語に余り接する機会が少ない事ですか、
コレも昔に比べれば雲泥の差ですがね。
贅沢を言ってはいけませんね。

で、今日は上方創作落語の大御所、桂三枝師をうpしてみました。
演目は「夢いちもんめ/真珠王御木本幸吉物語」です
期限は何時ものように、一週間です。

http://firestorage.jp/download/9d1d5925cb0873fd5c7c53e2de8aa503d0adc786

浅草演芸ホール1月下席5日目

昨日は今年初めての寄席に行って来ました。
本来は24日の予定だったのですが、仕事の為昨日になりました。
ここを逃すと今月は行けないので、夕方から体調が悪いにも関わらず
無理して行きました。(我ながらバカだと思いましたw)

昨日はトリが馬生師の代バネで、入った時はアサダ二世さんの奇術でした。
川柳師が「ガーコン」ホント元気だわ!
世之介さんが小咄、はん治さんが「ぼやき酒場」、
白酒さんが、マクラで散々毒づいた後「町内の若い衆」
南喬師が「長短」ここで仲入り。
馬石さんが「反対俥」でした。
ここで体調がさらに悪くなり帰宅。
フラフラになりながら帰って熱を測ると、なんと39.0度げえー。
ポカリスエットを飲んで布団被って寝ました。
今朝、医者に行ったら、「熱が続く様ならインフルの検査をしよう」
とのこと。今朝は37度まで下がっていたので、違うのかも?

今回の事でよく分かった事は、体調が悪いと落語も楽しめないなあ~
当たり前でした(^^)
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ