はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

2010年09月

bc5aa65f.jpg昨夜浅い時間に生放送がありましたね。
後半だけ参加させて戴きました。

お席亭が、コミュの活動の縮小を宣言をしましたね。
ここでのコメントで語っていた通りでした。
私も本質的には賛成というか、しょうがないだろうなと。
コミュ動画が1300を超え、落語のタグが付いた動画も1800を変えている
と言う現状では、当初の目的はほほ達成した感があります。
生放送が無くなるのは寂しいですが、致し方無いと思います。

さて最近、大好きな柳家さん喬師匠ですが、
個人的に何かオカシイのではないかと思います。
師匠は現代の落語会ではトップに居る噺家さんだと思いますが、
柳屋の噺ばかりでなく、人情噺や圓生ネタにも手を出されていますね。
正直言って、「どうしたのか?」と思います。

柳屋の噺でみせたキレの良さや、鮮やかさ、優しさ等は影を潜め、
演技過剰でいわゆる臭い噺になっている気がします。

実は、今春「落語研究会」で演じた「明烏」をうpしようとした
のですが、個人的には出来が良くないと思い、やめました。
臭いんですよ・・・・・
他のたいした事ない噺家なら何とも思いませんが、
さん喬師がこれではねえ・・・納得がいきません。
私が以前うpした「雪の瀬川」も出来が悪かったですねえ。
人物がまるで出ていませんでした。
圓生師と比べるとですがねw

柳屋の滑稽噺と比べると、同じ噺家とは思えないです。
私には無理をして三遊系の噺を演じている様な気がして・・・
CDを売らんが為とかね、周りにそんな人物が居るのかも。

元々江戸落語は旧江戸の範囲、
つまり朱引の範囲の客しか相手にしていない芸能ですからねえ。
これは、堀井憲一郎さんも自署で述べています。
江戸前の噺とはそういう芸能ですよね。

さん喬師の弟子の喬太郎師は今一番の人気者ですが、
彼の芸は完全な江戸前ではありません。
新作はわざととも言える臭さで陽気に演じています。
うって変わって古典では二刀流を使い分けています。
寄席でも客により、江戸前と現代風とを使い分けています。
途中で変えたり、変幻自在です。
今はそれで良いと思います。
この先師匠と同じ道を行くのか、興味があります。

ある人は、小三治師を引き合いに出しました。
五代目小さんの芸(つまり柳屋の芸)を完璧に継承し
自身の芸に昇華させた小三治師と、
完全には至っていないさん喬師の差だと。

私は「雪の瀬川」を聞いた時、掛けた回数が少なく、
完全に自分のモノになっていないと思いました。
現在は変わっている可能性がありますが、
「明烏」を見て同じ失敗をしている気がしたのです。
師匠はわざと路線転換をしているのでしょうか?
それなら、このまま見守りたいと思います。
落語会や寄席で師匠をこれからも見続けます。

師匠の「明烏」は季節になったらいつもの処にうpするか考えます。
今は聴く気にならんでしょ?
もし、その気ならコメント下さいw

a3b878be.jpg明日は初代林家三平師匠の命日です。

三平師匠くらい生前と亡くなった後で評価が変わった噺家さんはいないでしょうね。
何しろ、生前はろくに噺家扱いさえされていませんでした。
その高座が爆笑なのはもちろんなのですが、
立ち高座で、アコーディオンの伴奏付きですから、
当時の評論家からは冷たい仕打ちを受けていました。
大体が皆、色物に近い噺家さんと言う考えでした。

病に倒れた後、リハビリの為、上野公園をよく散歩してました。
上野に行くたびに、その姿を見ました。
とても気さくで、温かい人でした。

死後、「昭和の爆笑王」とか「昭和の名人」とか言われ始めましたが、
なんか可笑しくってね・・・・
一番そんな評価を本人が望んでいなかっただろうと思うのです。

実は古典も演じたのが残っています。
私の持っている音源から二席うpしました。
「清書無筆」「たらちね」の二席です。

いつものごとくzipですので解凍して聞いて下さい。
期限は一週間です。
聞いてみて皆さんはどう思いましたか?

https://www.webfile.jp/dl.php?i=784159&s=70426ca9c40276b53bd9

016e300d.jpg少し涼しくなったなあ〜と思ったら、体調を崩してしまいました。

この前も書いた事ですが、古今亭右朝師の音源が入っているCD-ROMを、
頼みまして、来ましたw 「江戸/東京 芸能地図」です。
聞いてみたのですが、やっぱり良い音質とは言えませんw
mov形式で録音されており超圧縮されています。
出囃子(小鍛冶)も無く、マクラもありません。
いきなり噺に入っています。
それでも、やっぱり良いです!
右朝師匠やっぱりウマイですねえ〜
で、ここをご覧になっている方だけに、聞いて欲しいので、
webfileに「居残り佐平次」「品川心中」「文七元結」の三席をMP3に変換し、upしましたので、是非DLして聞いて下さい。
ZIP形式ですので解凍して聞いてください。
なお、期限は今日から一週間です。それを過ぎるとDLできません。

https://www.webfile.jp/dl.php?i=783563&s=7bb98d7445adf7a2167a

残りの演目を一応書いておきます。
「宿屋の富」「船徳」「目黒のさんま」「小言幸兵衛」「道灌」
「文違い」「三方一両損」「星野屋」「百川」
聞きたい演目があればコメント下さい。
なお、申し訳ありませんが、ニコにはうpしませんので
誰か、代わりに・・・・

今日上げた小三治師の「ニューヨークひとりあるき」を削除しました。

コメントに「あーあ、とうとうCD丸揚げしちゃったよ、他の動画もまとめて削除されたらどうしてくれるんだろうね」

と書き込みがありました。
何か言われてまで、うpしておく気は私にはありませんのでねw

他の方の迷惑になるのなら、私の上げてある落語の動画全て削除しても
いいですよ。
そのくらいの気構えでいます。

正直、折を見てペースを落とすか、一旦止めるかと考えていた処でした。
10/1の志ん朝師匠の命日にあわせて「浜野矩随」をうpして、
それを最後にしようと考えていたのですが、少し早くなりましたが、
しばらく休ませて戴きます。

ここは何か落語について書くつもりです。

かなりボケが進行してるかも?
馬生師の「花瓶」もダブりを気がつかず。
生活でも少しオカシイのです。
TVを見ていても最後まで見ていたのに、
ストーリーの最後が全く思い出せない。
と言うより見たと言う記憶だけしかない。

とまあ情けない有様でしてね・・・・
ボケ進行防止の為にも何か書きます。


お席亭へ・・・・右朝師の演目の入っているCD-ROM買ってしまいました。
        詳しくは品物が来たら書きますw
    今まで有難うございました。

今日は春風亭小朝師の「巌流島」です。

以前持っていた音源が台風で殆どダメになったのですが、
その中でも比較的損害のないテープ等を取っておいたのですが、
さらにその中から掛けられるモノを選んでいます。
以前うpした志ん朝師の「野ざらし」等はそんな状況で
復活させました。
まあ酷くなっていましたが、何とか聞けると思いましてね。
で、コレもその内の一つです。
大分加工してあります。それでこのレベルですw
一部分音がよれている処もありますが、聞ける範囲内だと思いうpしました。小朝師の音源は若い頃出したテープとCDだけですからね。
もう少し出して欲しいなあ・・・・

このページのトップヘ