はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

2010年07月

暑いですね、頭を冷やしながら考えていたら、昔の事を思い出しました。 初めて寄席に行った日のことを・・・ 父親に言わせると、もっと小さい頃にも連れて行ってくれたそうですが、 私自身覚えているのは、小学生低学年の頃でした。 日曜に当時のNETテレビ(今のテレビ朝…
>>続きを読む

今日は立川談笑師の「堀の内」です」。 古典でもオリジナルのくすぐりを沢山いれてる師匠らしい噺に 仕上がっています。むしろ大人しいほうかな? サゲは立川流らしく変えてあります。 個人的には面白いけど、甚兵衛さんの人格までもが 変わってしまう様な気がします。 …
>>続きを読む

今日は、昨夜の「真打共演」から菊之丞師の「湯屋番」です。 中々達者な処を聞かせてくれます。 菊之丞さんもホントに将来は大物になるでしょうね。 マクラも豆腐の買出しの話を入れて、たっぷり演じています。 でもね、噺家さん自身もそうですが、評論家さん達も 「…
>>続きを読む

今日は予告通り、権太楼師の「死神」です。 あまりマクラを振らずに噺に入りましたね。 最も編集されている様な感じですが・・・ もし編集しているなら、プロとしては少し乱暴かな。 素人だって今は色々できる時代ですからねえ。 権太楼師のことだから、サゲは小三治…
>>続きを読む

今日はうpはおやすみです。 なんか沢山上がったので聞き役に回りますw 今朝の「らくごでデート」は、五代目春風亭柳朝師の「船徳」でした。 14分23秒という長さです。 志ん朝師や小三治師と同じ様に徳さんの目に汗が入り、 前が見えなくなって、「お客さん前から船…
>>続きを読む