はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

2009年12月

da4da1c6.jpg今日は、昨夜の生放送で流れた五代目痴楽師の「浮世床」です。
昨晩の生放送でお席亭が気に入ってくれた様で、こちらも聞きますか?
と聞いた処、聞きたいとの事なので、上げました。
こちらの方がテンポが良いかも。

写真は少し暗いのですが、橘蓮二氏の写真集からです。
少しトリミングを間違えてしまった・・・・

私は痴楽師は小痴楽時代に何回か、そして痴楽を襲名してからは、
2回程聞いています。(Liveで)
実は、ご自身四代目のネタも持っていて、「綴り方教室」等も聞いた事があります。
めったに演じられ無かった様ですが・・・

NHKラジオで以前放送していた「話芸、笑芸、当り芸」にも単独で
出演されて、その外にも色々な四代目の持ちネタを聞かせてくれました。

本当に残念でしたねえ・・・合掌

5e838ca7.jpg今日は、昨夜放送があった五代目柳亭痴楽師の放送から「天災」を上げました。昨日の生放送でリクを貰いましたのでさっそく上げました。

五代目を襲名して順調にいっていたのですが、病魔に倒れリハビリをしていたそうですが、復帰もままならず鬼籍に入られました。

北海道出身ながら江戸前の啖呵の切れる師匠で、その存在は貴重だったので、本当に惜しい師匠を亡くしてしまいました。

昨夜の放送は息子さんの小痴楽さんがゲストに呼ばれ、色々と闘病生活等を
話していました。その為落語の時間がいつもより短く、「天災」「浮世床」
ともども、本編のみとなってしまいました。
出囃子は「将門」なのですが、持って無いので「中の舞」を頭に足しましたので、違和感は有りますがカンベンして下さいなw。

昨夜の生放送で、お席亭から「共同オーナー・・・」と言われ、
少々面映くなってしまいました。
私なんかそんな資格が有るかどうか?
私が考えるに、namさんなんかはその資格が有るのではないでしょうか?
今回の「ニコ手本忠臣蔵」でも調べものをしたり、
その上げた噺の精密さと言い、私なんか関心のし通しでした。

私は、自分の出来る事で皆さんが喜んでくれたら、それで満足です。
いやほんとですよw

今日は、落語 「試し酒」 柳家権太楼を上げました。
何を上げようか迷った結果、先月でしたかliveで聞いた演目を選びました。
これからは毎日は上げられないかもしれません。
マイペースで上げていく予定です。

圓楽師の「鼠穴」も残っていますしね。なんとか上げます。
明日は、早稲田の穴八幡神社に一陽来復の御札を貰いに行くので、
うpやブログの更新はお休みします。
毎年の行事なものでしてね。
此処は”ゆうず”の神様で商売人の信仰が厚い処です。
また、疳切りでも有名です。私の娘も此処で切ってもらいました。
三代将軍家光公の由来の神社です。
朝、早いんですよね!7時半迄には行ってなくては・・・

そういう訳で、これからも宜しくお願いします。


今日は、八代目可楽師の「尻餅」を上げました。
季節ですのでね。志ん輔師の方はすでに上げてありますので・・・

昨夜は浅草に行きました。芸協の芝居ですね。
印象に残ったのは、「かわら版」に載ってた、鯉枝さん。
ほんとに出てくるなり怪しい雰囲気が漂います。
結構イケメンなんですがね。
マクラで、例の第一松倉荘の話をしてました。
演目は新作で自分の体験談から作ったと言う、アパートの部屋を借りる時の
噺で、抑揚のない喋りなんですが、これが兎に角面白い!
芸協に久々に現れた大化けするかもしれない噺家さんです。

昨日昼席は、なんと小遊三師の代演で、昇太さんが出たそうです。
もう会場は大騒ぎで盛り上がったそうです。
昼席から行きゃ良かった・・・

追伸、そうそう昨夜は浅草演芸ホールの傍で火事が有ったんですよね。
   新山真理さんの時でしたか、物凄いサイレンで高座の音が暫く
   聞き取れない程でした。
   真理さんは平気で喋っていましたが・・・
   後で表に出たら、奥山道に少し入った左側あたりdzった様です。
   もしかして、大火事になったら六区迄延焼が及んだでしょう。

今日は三遊亭圓楽の「弥次郎」を上げました。
昨夜のラジオ寄席からです。昭和68年の高座です。
同じ放送で「鼠穴」も放送されましたので、これもそのうち。

ところで、「弥次郎」って今回のくだりの他にも噺があり、
そちらは余り演じられない様ですね。
以前「落語研究会」に行った時、扇治さんが「弥次郎」を演じていたのですが、前半は全く聞いた事の無い件でしたので、もっと長い噺なのだと認識した次第です。

今日はもしかしたら、浅草の夜席に行くかも知れません。
今年最後かな・・・たぶん。

このページのトップヘ