10c67346『粗忽の使者』
  コロナで外出が制限されている今日ですが、何やら東京二十三区でも西の方は雪になっているそうです。
 そういう訳で今日は「粗忽の使者」です。


「原話」
 原話は、元禄14年(1701年)に出版された笑話本『軽口百登瓢箪』の第二巻の「そそうな寄合い」からです。
 同じ原話から成立した上方落語があり、そちらの方は『月並丁稚』というタイトルで故春團治師が演じていました。

「ストーリー」
 杉平柾目之正の家臣、地武太治部右衛門が、殿の使者として赤井御門守の屋敷を訪れました。
 使者の間に通され、田中三太夫が使者の口上を問うが思い出せません。
切腹すると言い出したが、説得すると、幼い頃より父に居敷を抓られて思い出すのが癖になっているので、三太夫に居敷を抓ってくれるように頼みます。
 三太夫がつねるが、蝿が留った程にも感じない、指先に力量のある御仁はおられぬか?
 と、これを聞いていたのが大工の”留っこ”で、素手じゃ敵わねえが、道具を使えば大丈夫とばかりに名乗り出ました。
 困っていた三太夫は、大工のままでは都合が悪いので、中田留太夫と侍の名を付けて羽織りに着替えさせます。留公が、踵みたいなタコになっている尻を閻魔でつねると、おお思い出しそうだ、もそっと手荒にと。尻の柔らかいところを探して全力で抓ると、
「おお、思い出した」
 すかさず次の間の三太夫が
「してご口上は」
「聞かずに参った」

「演者」
 志ん生師を始め、小さん師など多くの噺家さんが演じています。個人的には志ん朝師ですかねえ。現役では市馬師がよくやってますね。

「注目点」
今では演じられませんが、この後、治部右衛門が使者に失敗した申し訳に腹を切ろうとし、九寸五分の腹切刀と扇子を間違えているところに殿様が現れ、
「ゆるせ。御門守殿には何も用がなかった」
と、ハッピーエンドで終わる続きがあります。

「ネタ」
落語に出て来る殿様(大名)は赤井御門守と大体決まっていますが、
石高は、123,456石7斗8升9合半と言われています。
赤い御門があるので、将軍家とは姻戚関係があります。
ご先祖は公卿・算盤数得卿玉成で、任官して「八三九九守」となった人とか・・・ホントかよww
結構、いい暮らしをしてるとみえ、火焔太鼓を買ったりして気前の良い処もありますし、
「初音の鼓」ではしっかり負けさしています。
「妾馬」では八五郎を面白がって士分に取り立てています。