tis-takayuki-ino-medium『子ほめ 』
 今日はこの噺です。
 前座噺などとも言われていますが、手練が演じると爆笑ものになります。

【原話】
原話は、安楽庵策伝著の『醒睡笑』に収録されています。これも、元は上方落語の演目で、3代目圓馬師によって東京落語に持ち込まれました。

【ストーリー】
 灘の酒を只の酒と勘違いした八っつあんが、ご隠居の家に行って、酒を飲ませろと言います。
 突然そんな言い方をしないで、まずは世辞愛嬌を言うものだ。年齢を四、五歳若く言われると誰でも悪い気はしないと教わります。
赤ん坊のほめ方はどうすればいいか質問をした。それに対し、隠居は『顔をよく見て人相を褒め、親を喜ばせばいいんだ』とアドバイス。
「例えば、これはあなた様のお子さまでございますか。あなたのおじいさまに似てご長命の相でいらっしゃる。栴檀(せんだん)は双葉(ふたば)より芳しく、蛇は寸にしてその気を表すと言います。私も早く、こんなお子さまにあやかりたい』とでも言えば良いんだ。」

表に出ると伊勢屋の番頭さんと出会ったので、早速やろうとすると、先を越されてしまいます。
おまけに、40の番頭さんに厄そこそこと言って失敗して仕舞います。
今度は子供でやろうと思い、昨夜、竹さんとこで子供が生まれたからと、子供をほめに行きます。
「竹さんほめに来たぞ、どこにいるんだい」
「ありがとうよ、そこで寝てるよ」
「これかい、随分大きいね」
「大きい子だって産婆もほめてくれたんだ」
「おじいさんにそっくりだね」
「そりゃ本人が昼寝しているんだよ」
「おお、こっちか、こりゃまた小さいね。先だって亡くなったおじいさんにそっくりで」
「止せよ、聞こえるよ」
「この子はまるで人形見たいだね」
「そんなに可愛いかい?」
「ううん、腹押すと、ピーピー泣くからさ」
「よせよ、死んじゃうよ」
「ときにこのお子さんはお幾つでしょうか」
「生まれたばかりだから一つだよ」
「一つにしちゃお若く見えます、どう見ても只だ」

【演者】
 寄席でもよく掛かる噺ですね。前座さんも良くやってます。

【注目点】
 この噺が中学の国語の教科書に載りました。落語が教科書に載ったのはこれと圓朝師の「塩原太助一代記」以来だそうです。
『ネタ』
上方だとサゲが違っていて、
「そんな赤ん坊に年を尋ねるもんがあるかい、今朝生まれたとこや」と言うので、
「今朝とはお若う見える、どうみてもあさってくらいや」
又、違うサゲもあるそうです。米朝師などはこれでサゲていました。