sinobazuike1『唖の釣り』
 今日はこの噺です。これが秋の噺がどうかは疑わしいですがね。

【原話】
 原話は京都辻ばなしの祖とされる初代露の五郎兵衛が元禄11年(1698)に刊行した「露新軽口ばなし」中の笑話「又言ひさうなもの」です。
上方では「昆陽の御池」となりました。
 東京には八代目正蔵師が、大阪の二代目三木助師に教わったものを移しました。

【ストーリー】
 馬鹿の与太郎に、釣をする奴は馬鹿と言われた七兵衛さん、思わず怒って、殺生禁断の不忍池で鯉を密猟して売って儲けている事を話して仕舞います。
 弥太郎に弱みを握られ、連れて行く羽目になってしまいます。そこで七兵衛さん、
「見張りの役人に見つかったら、どうせ4発は殴られるので、出る涙を利用し
『長の患いの両親に、精のつく鯉を食べさせたいが金がなく、悪いこととは知りながら孝行のため釣りました。親の喜ぶ顔さえ見れば名乗って出るつもりでした』と云えば、孝行奨励はお上の方針、見逃してくれる」
 と悪知恵をつけます。ところが与太郎、あまりに簡単に釣れるので大はしゃぎ。騒ぎすぎで、案の定捕まって10発も余計に殴られたのですが、教えられた泣き落としが何とか効き、お目こぼしで許され、やっとの思いで逃げていきます。
 一方、七兵衛さん、池の反対側でせっかくこっそり釣っていたのに、与太郎のとばっちりで役人に見つかり、これまたポカポカ。
 恐怖と痛さで腰が抜け、ついでにあごも外れてしまう。そこはベテラン、これを利用して、アーウーアーウーと身振り手振りで説明します。
 役人、口がきけない奴ではしかたがないと、これまた釈放されます。許してつかわすと言われて思わず
「ありがとう御座います」
 役人「おお、器用な唖だ口を利いた」

【演者】
 八代目正蔵師が良く高座にかけていましたが、亡くなった後でも一門が良く高座にかけています。先日は浅草で六代目柳朝師で聴きました。また芸協の芝居でも聴くことが出来ます。小南師などが板にかけていますね。

【注目点】
 江戸時代、寺社の池はどこも仏教の殺生戒により、殺生禁断が寺社奉行より申し渡されていましたが、上野の近辺は寛永寺の将軍家御霊屋があるため、不忍池では禁忌が特に厳しく徹底されていました。
 浅草寺の近辺の河川も禁止になっていたそうです。墨田川等も一部禁止されていました。

『ネタ』
 仏教で言う「五戒」とは殺生、偸盗、邪淫、妄語、飲酒で、これを厳しく禁じています。だから寺社の敷地ではこれらは一切禁止となっています。