tanikazw_otaki『佐野山』
 今日はこの噺です。暑くて秋という感じはしないのですがね。

【原話】
江戸時代に実在した力士の噺です。
モデルになつた力士は佐野山條助と言い、文化年間の力士ですが噺としては寛政になっています。
ちなみに今の親方の名前は、佐ノ山龍二で現役の頃は大関の千代大海です。

【ストーリー】
江戸の相撲取り、佐野山は幕内にまで入った力士でしたが、、母親が病気になり、看病に時間を費やすうち、相撲の成績がジリ貧に。
とうとう幕下の一番下まで下がってしまいました。
「ああ、これでおれの相撲もおしまいか」そんな佐野山の嘆きを耳にした横綱・谷風は佐野山との取り組みを希望します。
当時全盛の横綱・谷風と連敗続きの佐野山の取り組みに相撲贔屓は驚きます。
「あんなに実力差があったんでは勝負になるまい」という声や、
「明日の取り組みは遺恨相撲で、女をとられた谷風が佐野山を投げ殺すらしい」などという噂が飛び交います。
魚河岸や大旦那連中は100両、200両、花柳界のお姉さんまで佐野山に祝儀約束をします。
それもそのはず、勝てる見込みは無いから、みんな言いたい放題、無責任に言っている始末。 
さて、いよいよ千秋楽結びの一番。
谷風には思惑があったのでした……。

【演者】
五代目春風亭柳朝師や十代目馬生師が有名です。現役では権太楼師が演じていますね。

【注目点】
横綱・谷風は実在した力士ですが、佐野山に関しては?居なかったという説もあるそうですが、佐野山は確かに実在の力士で、この噺のモデルは江戸時代の文化頃に活躍した人物だと思います。

『能書』
江戸時代の大横綱で谷風梶之助は名人を通り越して人格者でした。その
谷風が生涯一回だけ八百長相撲をヤッタという噺ですが・・・創作ですw

『ネタ』
当時の相撲興行は晴天十日でしたから、十日で終わる事は少なかった様です。
雨が続くと10日が2倍にも3倍にも興行日が延びてしまうのですね。
もちろん会場は両国の回向院で開催されました。