a89661b6『首提灯』
え〜毎日寒いですねえ。そこで今日はこの噺です。これ冬の噺なんですね。

【原話】
原話は、安永3年(1774年)に出版された笑話本・「軽口五色帋」の一遍である『盗人の頓智』だそうです。
もともと小ばなしだったのを、明治期に四代目橘家円蔵が一席にまとめたものです。

【ストーリー】
博打で懐の暖かい江戸っ子の酔っぱらいが芝山内を通りかかりました。
最近辻斬りや追いはぎが出るのでぶっそなので、景気付けに大声で通り抜けようとしたら武士に呼び止められました。
 辻斬りか追い剥ぎかと一瞬ビックリしましたが、その様でもなさそう。
安心して酔っぱらった勢いで武士に反抗し毒づきます。
武士は、「麻布にめえるにはどうしたらいいか 」と聞いてきたが、道の聞き方を改めて説教し、さんざん武士に楯をつきます。
「切りたかったら、切りやがれ」と悪口狼藉。
その上、痰を紋服に吐きかけて悪口を並べる始末。
 武士の顔色が変わると改めて、もう一つ吐きかける。さすがの武士も我慢が出来ず、雪駄をならして後ろから腰をひねって「えぃ!」。
チャリーンと鞘に収める早業は目にも止まらぬさまで、その後、謡曲を謡いながら去って行きました。
それでも後ろ姿に毒ずきます。、品川の女郎との一人のろけをしていると、「俺の首はこんな建付が悪くは無いんだがな?声がかすれてどこからか声がもれているぞ」。ガックと首が落ちそうになる所をかろうじて両手で直し、もしかしたらと、首筋を触って血が付いているのを見つけ、「野郎、やりやがったな」
そこに近くで火事が出て、人が大勢出てきて混み合ってきました。
弓張り提灯を持った人が駆けて来るし、「じゃまだ、じゃまだ!」とぶつかる者も出始めます。
「こちとら壊れ物を持っているのだ、落っこどしては大変」
と自分の首を 提灯のようにヒョイと差し上げ「はいゴメン、はいゴメン、はいゴメン!」

【演者】
圓生師匠はこの噺で芸術祭賞を受賞しています。
他には正蔵師、小さん師、志ん朝師等が演じています。特に圓生師、正蔵師は、四代目円蔵師直伝だそうです。
志ん朝師は剣道の達人であった小さん師に刀の使い方を見てもらったそうです。

【注目点】
八代目正蔵師だと火事見舞いに行く途中という設定であるのに対し圓生師だと単なる火事見物なんですね。そこら辺が面白いですね

『能書』

江戸時代、芝山内と呼ばれた増上寺の境内は、暗がりで常夜灯が置かれていたそうです。
それだけ暗くて寂しい所だったのですね。

『ネタ』
圓生師によると「酔っているのだが本当に酔っていては噺が成り立たない」ので、その加減が大事だそうです。