rakugoshinju_201809_08_fixw_730_hq 落語ファンの間で話題だった? NHKドラマの「昭和元禄落語心中」が昨夜最終回を迎えました。
 個人的にはこの作品は原作を読みアニメも録画してドラマも視聴、録画しました。それなりに見ているので感想などを書いてみたいと思います。
 原作者の雲田はるこさんはBL作家としてかなり知れられています。ですから原作を読み始めた頃は落語の世界を背景にしたBLものだと思っていました。
 ですが原作ーアニメードラマと変遷されるにつれBL臭は薄くなりました。まあ天下のNHKでBLドラマをやる訳には行かないでしょうね。
 ドラマは孤高の噺家、有楽亭八雲の人生を軸にその周りを取り巻く人物にも焦点をあてて描いています。
 特に幼少期から青年期まで共に過ごした初太郎(助六)との絡みが全体の半分を使って描かれています。
 天賦の才に恵まれた初太郎に嫉妬しながらも惹かれて行く八雲(菊比古)二人は正反対の資質を持つ噺家に成長していきます。
 この辺の描き方は原作、アニメ、ドラマ、ともそう変わりはありません。モデルとしては、初太郎(助六)が志ん生師、八雲(菊比古)が圓生師でしょうね。それに実際の噺家のエピソードを加えてあります。
 初太郎が満州に慰問に行くことや、菊比古が芸の為だけに少女と付き合うことなどです。でもそこらへんは余り重要では無いですね。
 若手真打と成長した二人は戦後の落語界をリードして行きますが、助六は師匠と対立して破門されてしまいます。そこにみよ吉という女性が絡んで噺は愛憎劇に変わって行きます。
 都落ちした助六とみよ吉は四国の温泉地に居ました。既に小夏という娘を儲けて暮らしています。しかし落語を奪われた助六は腑抜け同然。毎日みよ吉の稼ぐお金で酒を呑んで暮してる有様です。そこに菊比古が尋ねて来ます。一緒に東京に帰って噺家に戻ろうと説得します。菊比古にとってはライバル足る助六がどうしても必要だったからです。
 東京に帰ることを納得した助六は菊比古と一緒に、温泉地で「二人会」を開きます。演目は菊比古が「明烏」助六が「芝浜」でした。
 盛況のうちに会は成功したのですが、その夜とんでもない事が起きます。みよ吉と助六が事故で亡くなってしまったのです。
 菊比古は二人の葬儀を出して生き残った娘の小夏を連れて東京に帰って来て、養女にします。そして今まで拒否していた八代目有楽亭八雲を継ぐことを了承します。小夏には嘘を言って誤魔化します。それ以来小夏は八雲を恨むようになります。
 ここまでが過去編で約半分です。この後時代は昭和の末に飛びます。
 物語の最初は昭和です。この時に今まで弟子を取らなかった八雲がどういう訳か、刑務所の慰問で八雲の芸に惚れ込んだ与太郎が入門します。その与太郎が三代目助六を襲名した真打に昇進します。ここから現代編が始まります。
 老いてなお八雲は素晴らしい芸を披露していますが、本人は衰えを自覚しています。この現代編ではドラマでは原作の絡み合ったストーリーを上手く整理しています。(分かりやすくなっています)
 脚本家の力でしょうね。ストーリーを知ってる者が見ても、見ごたえのある作品になっていました。
 原作では後半は与太郎の物語となるのですが、ドラマでは二人のバランスを取っています。老いる八雲と伸びて行く与太郎の対比が見事です。
 ドラマの改変は小夏が両親の死の真相に気がつくがどうかです。原作やアニメでは小夏は気が付かず、松田さんの証言で与太郎や樋口先生(ドラマでは殆ど登場せず)が真相を知りますが、それを小夏には言いません。与太郎と小夏は夫婦になり第二子を設けますが、「長く生きていれば人に言えないこともある」と自分に諭すように口にします。このあたりから長男の信之助の父親捜しがファンの間で始まりましたが、ここでは取り上げません。
 ドラマでは真相を知り、小夏は自分を育ててくれたことを八雲に感謝します。その後入門の許可を取った後に八雲は寿命を全うします。原作やアニメでは黄泉の国の助六やみよ吉と再開しますが、ドラマではそこは簡単に表現されました(時間の都合でしょうね)
 それから16年後、与太郎は九代目八雲を襲名します。また信之助は菊比古を襲名するのでした。ドラマではその高座を亡くなった三人が眺めています。

 ドラマはこんな感じで終わるのですが、ドラマならではの見どころもあります。それは、若い頃の菊比古が噺で協会をクビになった老噺家(喬太郎師!)に「死神」の稽古をつけて漏らうのですが、そのシーンが出色の出来でした。裏話によると喬太郎師のアドリブがかなり入っているそうですが、さもありなんと思いました。(第4話)
 また、全体的に八雲に焦点が当たっているので彼の苦悩が伝わりやすかったですね。繰り返し読む事が出来る漫画と見たら終わってしまうドラマの違いなんでしょうね。
 兎に角、この秋から冬にかけてのドラマでは一番の見ごたえがありました。
 来年3月にはDVDとBDも発売されるそうです。