yosiwara_emap『お直し』
今日は志ん生師で有名なこの噺です。

【原話】
1807年の喜久亭壽暁のネタ帳「滑稽集」に「なおし」とありまして、これが元です。
現在のは三代目小さん師から志ん生師に伝わり、今になっています。
昭和31年度の芸術祭賞を受賞したのは、余りにも有名です。

【ストーリー】
 吉原の女郎と牛太郎が許されない関係に落ちて仕舞います。
ところが、店の旦那は二人を一緒にした上で、女郎はおばさんとして引続き働かせてくれました。
 しばらくまじめに働きましたが、やがて男が博打に手を出してしまい、借金が残りました。
 どうしようか、途方に暮れているところに、けころに空店があるが商売をしないかと誘いがあったので、カミさんが女郎になり、男が若い衆として女郎屋を始める事にしまいした。
  けころでは、線香一本が燃え尽きる時間で料金が加算されて延長するのを「お直し」というのです。
 カミさんが客に色良い返事をする度に
「直してもらいな」
「あら、お直しだよ」
 と言う調子で一人目の客をあしらった後で男でしたが、段々面白く無くなってきて
「止めた、止めた、馬鹿らしくてやってられねぇ、俺と別れてあの客と一緒になるのか」
「馬鹿だねこの人は、客あしらいに決まっているだろ。こんなに妬かれるなら止めるよ」
 止められては困ってしまうから、もう妬かねぇから、もう一度頼むよ。
そこへさっきの客が戻って来て  
「直してもらいなよ」

【演者】
やはり志ん生師なんでしょうね。息子の志ん朝師もいい味出しています。

【注目点】
都合五回「直してもらいなよ」がありますが、志ん生師が言うのには、一度目は職業的に、二回目は元気よく、三度目は少し不安になって、四回目は捨て鉢に、そして五回目は爆発的に言うのだそうです。

『能書』
ケコロというのは、江戸の各所に出没していた最下級の私娼の総称の事です。
吉原では、羅生門河岸という所に居まして、京町2丁目南側、お歯黒どぶといわれた真っ黒な溝に沿った一角でした。
表向きは、ロウソクの灯が消えるまで二百文が相場ですが、「お直し、お直しお直しィッ」と、
立て続けに二百文ずつアップさせ、結局、素っ裸にむいてしまうという正に羅生門という感じだったのですね。

『ネタ』
蹴殺(けころ)というのは、もともと吉原に限らず、江戸の各所に出没していた最下級の私娼の総称です。(蕎麦の川柳にも出て来ますね。二回で三杯食べる奴です)
 でも、吉原では、寛政(1789−1801)の頃には絶えていたそうです