59913441『蜘蛛駕籠』
今日は談志師の最後の演目と言われているこの噺です。

【原話】
上方落語「住吉駕籠」が三代目小さん師によって東京に移されました。

【ストーリー】
鈴が森で客待ちをしている駕籠(かご) 屋の二人組。
ところが、前棒がおめでたい野郎で、相棒がはばかりに行っている間に、茶店のおやじをつかまえて
「だんな、へい駕籠」と遣る始末です。
次に来たのが身分のありそうな侍で、「ああ駕籠屋、お駕籠が二丁じゃ」「へい、ありがとう存じます」
「前の駕籠がお姫さま、後ろがお乳母殿、両掛けが二丁、お供まわりが四、五人付き添って」
と言うから、てっきり上客と思い、喜び勇んで仲間を呼びに行きかけたら
「そのような駕籠が通らなかったか」・・・
その次は酔っぱらい。
女と茶屋に上がり、銚子十五本空にして、肴の残りを竹の皮に包んで持ってきたことや、
女房のノロケをえんえんと繰り返し、おまけにいちいち包みを懐から出して開いてみせるので、
駕籠屋は閉口。
今度は金を持っていそうなだんなが呼び止めるので、二人は一安心。
酒手もなにもひっくるめて二分で折り合いがつき、天保銭一枚別にくれて、
出発前にこれで一杯やってこいといってくれたので、駕籠屋が大喜びで姿を消したすきに、なんともう一人が現れて、
一丁の駕籠に二人が乗り込みます。
帰ってきた駕籠屋、やせただんなと見えたのにいやに重く、なかなか棒が持ち上がらないので変だと思っていると、中からヒソヒソ話し声が聞こえるから、簾をめくるとやっぱり二人。
文句を言うと、江戸に着いたらなんとでもしてやるからと頼むので、しかたなくまたヨロヨロと担ぎ出します。
ところが、駕籠の中の二人、相撲の話になり、ドタンバタンと取っ組み合いを始めたからたまららない。
たちまち底が抜け、駕籠がすっと軽くなります。
下りてくれと言っても、修繕代は出すからこのままやれ、オレたちも中で歩くからと、とうとう世にも不思議な珍道中が出現します。
これを見ていた子供が、
「おとっつぁん、駕籠は足何本ある?」
「おかしなことォ聞くな。前と後で足は四本に決まってる」
「でも、あの駕籠は足が八本あるよ」
「うーん、あれが本当のクモ駕籠だ」

【演者】
広く演じられていますが、やはり柳派の噺家さんが多いようです。

【注目点】
住吉大社が舞台ですが、舞台を鈴が森に変えました。
五代目小さん師は「この噺はトントンといかないと駄目だそうです。

『能書』
雲助は芝居や時代劇では悪く描かれていますが、事実は落語の様に善良な人が多く、米朝師も噺の中で、
「こういう(住吉街道のような人通りの多い)ところの駕籠屋は、街中の辻駕籠同様、いたってタチがよかったもので」と語っています。

『ネタ』
籠の底が抜けて、客が歩く部分の原話は享保12年の笑話本「軽口初賣買」中の「乗手の頓作」ですが、
実在した大坂・船場の豪商で奇人として有名だった河内屋太郎兵衛の逸話をもとにしたものともいわれます。