57f24c26『小言幸兵衛』
今日はこの噺です。季節的なことは引っ越し絡みということで春かなと思うのです。

【原話】
1712年の「笑眉」の「こまつたあいさつ」が上方で「借家借り」になったと言われています。今では「搗屋幸兵衛」と「小言幸兵衛」とになりました。

【ストーリー】
麻布の古川に住む田中幸兵衛さんと言う人、朝、長屋を一回りして、小言を言って来ないと気が済まない気性で、親切心からつい小言が出るのだが、その度が過ぎるきらいがあり、中々店子が長続きしません。
しかし、造作が良いので、借りたい者は次から次へとやって来ます。
今日も豆腐屋さんが来たのですが、口の効き方が気に食わない事から始まって、色々と言います。
ついに豆腐屋さん切れて、啖呵を切って出て行って仕舞います。
次に来たのが仕立屋さんですが、始めは良く、上機嫌で話していたのですが、息子さんの事になると一変。
貸せないと言い出します。
理由を聴くと、「長屋に心中がでるから」と言う事。訳を聴いてみると……


【演者】
やはり六代目三遊亭圓生師でしょうね。黒門町の録音も残っていますが、正直余り出来は良くないというか普通です。
「搗屋幸兵衛」の方は古今亭志ん生師と息子の志ん朝師でしょうね

【注目点】
自分の所から心中なぞ出ようモノなら、大家さんの責任になりますので、うっかりとは貸せないのですがね。
大家さんは、普通は地主に雇われた家作(長屋を含む借家)の管理人ですが、
町役を兼ねていたので、絶大な権限を持っていました。
万一の場合、店子の連帯責任を負わされますからその選択に神経質になるのは当たり前で、
幸兵衛さんの猜疑心は、異常でも何でもなかったわけです。
こうやって考えると、幸兵衛さんは、親切で責任感の強い、イザとなったら頼りになる人物とも思えますね。
でもそれじゃ噺にならないので、少しエキセントリックにそして妄想癖がある様に描いていますね。

『能書』
圓生師は「この噺は格別難しい噺では無いのでテンポ良くやれば良い」と語っていますが、それは師ほどの方だから言える訳で……。

『ネタ』
落語に出て来る大家さんでも「髪結新三」に出て来る大家さんは少し”ワル”で、新三が無宿者と知ってても、店を貸しています。噺の中でも新三に向かって
「江戸中で無宿人に貸す大家がいると思っているのか……」
の様な台詞を言っています。知ってて貸している”ワル”なんでしょうね。
もし幸兵衛さんだったら、絶対貸さないでしょうね。