e99b9be98d94『雛鍔』
 まだ寒いですが、お雛様も近いのでこの噺です。

【原話】
原話は、享保18年(1733年)に出版された笑話本「軽口独機嫌」の一遍である「全盛の太夫さま」で、
後に上方落語にも導入され、「お太刀の鍔」という演目で演じられるようになりました。
上方版では、金を知らない子供が、大富豪・鴻池の「ぼんち」という設定で、噺の筋は東京そのままです。

【ストーリー】
 八歳になる若様が、お屋敷のお庭散歩の途中で穴開き銭を拾いました。
丸くて四角い穴が開いて文字が書かれて裏には波模様がある、これは、きっとお雛様の刀の鍔だろう。
 これを聞いていたのが出入りの植木職人。銭を知らねぇんだと感心して家に帰ると同じく八歳の息子が銭くれぇ、お足くれぇと催促しますので、育ちでこうも違うのかねぇと落胆すします。
 そこへご隠居が訪ねて来て、先日来の仕事依頼の食い違いを謝罪し、植木屋の親方もこちらこそ申し訳ないと和解する。
 そのとき、「こぉ〜んな物拾った」植木屋の息子が「丸くて四角い穴が開いている、これはお雛様の刀の鍔だろう」と聞こえよがしにつぶやく。
これを聞いたご隠居は、銭を知らないとは育ちの良い子供だと感心して、習字手習いの道具を買ってやるという。
 親方が礼を言い、そんな不浄な物(銭)は捨てなさいと言うが、
「やだい、これで焼き芋を買うんだ」

【演者】
三代目金馬師が有名ですが、志ん朝師も良かったですね。
このあらすじは金馬師の筋です。志ん朝師は親方が家に帰ってきて、女房にお屋敷での事を、愚痴って話すと言う筋です。それ以来それが主流の様ですね。

【注目点】
武士が多かった江戸では、朱子学の影響もあり、武家の金銭を卑しむ思想に
大きな影響を受けていました。
落語の世界では、「黄金餅」「夢金」等例外はありますが、だいたいやせがまんの清貧思想が貫かれています。
上方版では商人の子供がお金を知らないと言う設定は?と思いますが・・・

『能書』
お屋敷で見聞したことに感心して、長屋でやってみて失敗するという、「青菜」などに似た噺です。銭に関する滑稽譚は数多く、ある大店の太夫が銭を知らないので評判が立ったのを真似して、小店の女郎が失敗する、という小咄もあります。

『ネタ』
一文銭と言いますが、俗に青銭と呼ばれたそうです。明治になり、貨幣制度の切り替えで2厘の補助通貨に規定されたそうです。