70387792寄席紹介の最後は国立演芸場です。ここは、千代田区隼町の国立劇場の一部として
1979年(昭和54年)に開場した国立の演芸場です。その為国立劇場の隣と言うか裏手にあり、最高裁判所は隣となります。およそ寄席らしくない環境です。

 兼ねてから寄席演芸の関係者が陳情をおこなったり署名を集めたりして開設にこぎつけました。
座席数は300席で寄席としても丁度よい大きさで、舞台端から最後列座席まで13.6mと近く、寄席の醍醐味を満喫することができます。

公演形態は上席(1日〜10日)と、中席(11日〜20日)でこの辺は通常の寄席と同じですが、基本的には、寄席にはある下席(21日〜30日)はありません。(貸出となっています)
原則的に昼の部のみですが、金曜等には夜の部が行われる事もあり、昼の部と同じ出演者が二回目も勤めます。
開設当初は独特の顔付けを行っていましたが、今は落語協会と落語芸術協会がそれぞれ上席と中席を分け合っています。
 但し、月に一度行われる「国立名人会」は独特の顔付けを今でも行っていて、落語協会の噺家さんの後に立川流の噺家さんが出る事もあります。
 一人の持ち時間が長いのも特徴で、噺そのものを楽しむ事が出来ます。

1階には演芸資料館があり寄席演芸ファンなら覗くのも面白いと思います。



所在地 〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1
TEL 03-3265-7411
最寄り駅 [地下鉄] 半蔵門線 「半蔵門駅」 1番 出口より徒歩8分
有楽町線・半蔵門線・南北線 「永田町駅」 4 出口より徒歩5分
    [都バス]都03 「晴海埠頭―四谷駅」 三宅坂下車徒歩1分

料金
 公演により変わって来ますが、定席の場合の料金を書いておきます。
 大人 2100円
 学生 1500円
 シニア1300円
 小学生1100円    
国が補助するので料金は安いのだそうです。                    
尚、全ての公演で中入り後は三割引となっています。