img_2511a_1_1_1今回は池袋の西口にある池袋演芸場です。昔からお客が入らない寄席として有名でした。平成5年に建て替えられて近代的なビルの地下になりましたが、それ以前は映画館の三階にあり、お客より出演者の方が多いと言う有様でした。
 若き立川談志師が熱演していたのを思い出します。畳敷きだったので常連は寝転んで噺を聴いていましたね。

 歴史
1951年(昭和26年)に開場。
客が全く入らず、1970年(昭和45年)に席亭は閉鎖を検討するも、落語協会・6代目三遊亭圓生会長の説得により存続が決まり、以降は落語協会専門の定席となる。
1990年(平成2年)2月28日建て替えのため閉鎖。周辺の再開発のため建物は解体される。
1993年(平成5年)9月再開場。改装前と所在地は同じながら入口の通りが異なり、路地裏(現在のエビス通り)から駅前(西一番街中央通り)に進出した。現在はビルの地下に位置する。地下に位置する定席としては当席が唯一である。改築を機に、全席椅子席となる。

再開場時より、旧来のように落語芸術協会・落語協会両方の番組が組まれるようになりました。
座席数は93席であり、他の都内3件の落語寄席に比べ狭いので、どこに座っても演者の息遣いが分かります。また、定席以外でも下席夜の部に独特の企画を興行します。

客席はすべて椅子席であり座席には飲み物などを置く組み立て式のテーブルが付属しています。
近年になって固定席の端に追加する形でパイプ椅子が置かれるようになったため、上記よりも20席ほど多いですね。それでも混雑することがあり、その場合は立ち見することになります。


亡くなった十代目桂文治師は「ここは昔なら端席と呼んだんですよ」等と高座で語っていましたが、本当にお客が入らない寄席でした。個人的にですが良く経営が成り立っていたと思います。
各種披露興行等も定席としては一番最期になります。また座席数が少ない為、出演者が少ないのも特徴です。その為、一人の持ち時間が多く、噺をたっぷりと楽しめます。演者もここでは手を抜く訳には行かず。熱の篭った高座を見せてくれます。
お客も、落語好きが多く、通が通う寄席とも言えます。

アクセス

東京メトロ副都心線・丸ノ内線/東武東上線 池袋駅12番出口またはC10出口(副都心線)より徒歩1分
JR池袋駅北口より徒歩1分

西武池袋線、東京メトロ有楽町線の池袋駅の改札口からは少し離れています。