mmwae4000026092008_3_0_e4落語協会の噺家さんが続きましたので、今回は落語芸術協会の噺家さんです
かって権太楼師の弟子だった遊雀師です。

【三遊亭遊雀】
1988年2月 - 落語協会の3代目柳家権太楼の下に入門。前座名「さん太」。
1991年10月 - 二つ目に昇進。「三太楼」に改名。
平成7年「NHK新人演芸大賞」落語部門大賞を受賞(演目:『反対俥』)。
2001年9月 - 真打昇進。
2006年 - 平成17年度彩の国落語大賞を受賞(演目:『初天神』
 とここまでは前途有望でその将来を嘱望されていたのですが、先日紹介した権太楼師と意見の食い違いが表面化して、一門を離れました。
 その後、笑点でおなじみの三遊亭小遊三師の一門に移籍します。
2006年10月 - 落語芸術協会の三遊亭小遊三門下に移籍。「遊雀」と改名。

出囃子  『粟餅』

【芸風】
 移籍する前は地味でしたが本格派で、玄人受けする噺家さんでしたが、移籍後は一皮むけて、狂気すら感じさせる芸風に変わりました。
 兎に角楽しい高座です。
【得意演目】
 『強情灸』『熊の皮』『堪忍袋』『真田小僧』『反対俥』他多数
【エピソード】
あくまでも噂ですが、本来、」かなり酒癖が良くないそうです。酒乱の傾向もあるとか?
酔っ払って灰皿で権太楼師匠の頭を殴ったとか言う話です。
移籍後に和解したのか、権太楼師の会にゲストで出演しましたね。
その辺も面白いです。

【ネタ】
その復帰のことですが、昇太師の会で復帰しました。その時の昇太師の口上です。
「私は落語芸術協会監事という重職を務めているのですが、最近、我が落語芸術協会にとっても嬉しいことがありました」と、“本日のスペシャル・ゲスト”遊雀を紹介。「ほんとはこんなに早い復帰は異例なんです。ところが彼に対しては落語協会もこちらの協会も、少しでも早く復帰させてやろうと、みんなが尽力したんですね。それは彼の芸が落語界に必要だと、みんなが認めているということなんです。そこで、今日、彼の三遊亭遊雀としての初高座を、僕の会でやってもらうことにしました」

それだけの人材だったと言う事ですね。是非、寄席でその狂気の高座を体験して下さい!