20101215_1678278【柳亭市馬】
今日は、落語協会の会長でもある市馬師です。
声が良いのが特徴で、ほぼ必ずと言って良い程、噺の中に歌を入れます。
まあ、歌手協会の会員でもあるので、歌も本職なんですが……
1961年生まれ、大分県豊後大野市緒方町出身で、本名は右藤泰幸。
1980年3月 5代目柳家小さん師に入門して小幸。
1984年5月 – 二つ目昇進で「柳家さん好」と改名。
1993年9月 – 真打昇進で4代目(8代目)柳亭市馬を襲名。
2010年12月 – 落語協会理事会にて副会長
2014年6月 – 落語協会理事会にて落語協会会長

出囃子は「吾妻八景」

【芸風】
肝心の噺はというと、これが本格派で、正に柳家の王道を歩んでいます。
個人的には次の小さんはこの人しかいない、と思っています。
なんなら今、名前を変えても良いと思いますが(笑
スケールの大きさを感じさせる噺家さんです。
前から注目されていたのですが、ここ10年位前あたりから噺に色気が出てきました。
一皮むけたという事ですね。
正直、以前はスケールの大きさは伺えるけど、色気に乏しい感じがしていました。
それが、今では登場すると高座が明るくなるのです。

一皮むけたのは師匠が亡くなった事も関係していると思います。
下の世代と上の世代に挟まれて、奮起したのかもしれません。

当たり前の落語を、誰よりも心地好く聴かせてくれる柳亭市馬師です。
一般的にイメージされる「面白い古典落語」を楽しみたい、という人には真っ先にお勧めしたいですね。
何とも素敵な噺家さんです。
よく寄席にも出ていますので、機会のある方は是非御覧になって下さい。
【得意演目】
「高砂や」、「青菜」、「堪忍袋」、「味噌蔵」、「掛取美智也」「転宅」「らくだ」
「付き馬」「花筏」「厄払い」「味噌蔵」「芋俵」「雛鍔」「御神酒徳利」「青菜」他

【エピソード】
五代目小さん一門は剣道が必須ですが、噺家になる前より剣道をやっていたので腕前は確か弟子の中ではかなり上級者です。

【ネタ】
先輩の権太楼師によると、色々と不思議な事を知ってるそうです。
王子の「扇屋」の卵焼きは一子相伝であるとか、以前は店で食べるのと持って帰るのは焼き方が違う、
なんて事を権太楼師に話していたそうです。