f8cfac694a75da07d4568cdde2883017夏です! 梅雨も明けました!今回から暫くは、今、寄席で最もノッている噺家さんを紹介したいと思います。
最初は、落語界で現役では唯一の「人間国宝」の十代目柳家小三治師です。

【十代目 柳家小三治】 1939年12月17日生まれ
1959年 五代目柳家小さんに入門 小たけ
1963年 二つ目昇進 さん治
1969年 真打昇進 十代目 柳家小三治を襲名

【芸風】
この師匠の噺は実際に体験して戴きたいです。と言うのも、聴いているその場にいる観客を会場ごとその落語の世界に変えてしまうのです。
その力は枯れて若干衰えたとはいえ、見事なものです。かっての名人の圓生師や志ん朝師とも違うのです。
噺家一人ひとりに個性があるなら、師匠の個性は抜群と言えると思います。
CDやDVDでは体験出来ない小三治ワールドを是非体験してください!

【得意演目】
『あくび指南』『うどん屋』『かんしゃく』『看板のピン』『金明竹』『小言念仏』『子別れ』『死神』『芝浜』『大工調べ』『千早振る』『茶の湯』『出来心』『転宅』『道灌』『時そば』『鼠穴』『初天神』『富士詣り』『百川』『やかんなめ』等他多数

【エピソード】
沢山あるのですが、ひとつだけ上げるなら、修行時代に師匠小さん師に稽古をつけて貰っていて、自分の噺を聴いて貰っていました。演じ終わって師匠がひとこと
「お前の噺は面白くねえな」
この体験が小三治師の原点になっているそうです。
師匠はどんな意味で言ったのか?
それを考える所から始まっている気がします。

【健二のネタ】
以前、浅草演芸ホールの夜席に小三治師がトリなので聴きに行きました。
トリが出るのは夜の八時半前後です。九時には終わるので、三十分が演じる時間なのです。
師匠は出てくるとマクラを長々と演じました。師のマクラも芸のひとつでCDや本まで出ているほどですので、これはこれで嬉しいのですが、時間も迫って来たので「今日は落語はないな」と思ったのです。
しかし、師匠は九時を過ぎても終わりません。更にマクラを話して客を笑わせて、それから十五分も過ぎてから何と「小言幸兵衛」を始めたのです。それも端折りもせず最後まできっちりと演じてくれました。終ったのはもう十時になっていましたが皆満足して帰りました。
そんなお茶目なこともしてくれる師匠です。