hqdefault今日は柳好師のことです。好きな噺家さんの一人ですね。

【三代目春風亭柳好】1887年4月24日 – 1956年3月14日
今日は少し古いですが(私も生の高座は見たことがありません。なんせ生まれる前なので)当時大人気を博したと言われている噺家さんです。

・「出囃子」  『梅は咲いたか』

・「芸風」
「唄い調子」と言われる口調が特徴で、唄を歌うように噺をするのです。
四代目志ん生(鶴本の志ん生)師を真似たものだそうですが、見事な芸で、お客はおろか
黒門町をはじめ、談志師等を魅了しました。あの圓生師でさえ納得させたと言われています。
立川談志師は、柳好師について、あの『現代落語論』で触れています。
『ガマの油』で人気のあった春風亭柳好が、「梅は咲いたか」、の出ばやしで、高座へ上がると、パッと高座に花が咲いたように明るくなったもので、専売特許といってよい『野ざらし』、そして『棒だら』、ああいった噺はもう聞けないと思うし、聞いた者だけが自慢できる楽しみがあった。
柳好の芸の特徴は、噺の全篇を謳いあげるような雰囲気になり、先代の鶴本の志ん生もそうだったというが、噺全体がトーンのよく効いた音楽のような感じで、抑揚のよさ、緩急自在な呼吸、いうならばおとなの楽しむ一級の娯楽品、映画でいうと、さしずめ007といったところかもしれない。

・「芸歴」
1912年2代目談洲楼燕枝に入門し燕吉
1913年、1914年ころに春風亭錦枝
1917年に6代目春風亭柳枝の門下で柳好で真打ちに昇進

・「エピソード」
発売CDの奥付より
昭和31(1956)年3月14日に、専属だったラジオ東京(現在のTBS)のスタジオで『穴泥』を収録し、その後に向かった鈴本で脳溢血で倒れ、その夜に亡くなっている。翌日の追悼番組の中で放送されたが、このCDにはその際の正岡容のメッセージも併せて収録されており貴重な音源といえるだろう。明治20(1887)年生まれ、享年70歳。落語芸術協会の所属だった。
突然の死だったそうです。

・「得意演目」
「野ざらし」、「がまの油」、「鰻の幇間」、「電車風景」、「二十四孝」、「たちきり