048420_桂米朝落語見出し人間国宝で上方落語の重鎮、桂米朝師匠が19日午後7時41分、肺炎のため死去致しました。89歳でした。

 正直、もう高座は無理だとは思っていましたが、やはり残念でなりません。
噺家さんが亡くなると噺もそうですが、それを支えていた知識も無くなってしまうのが辛いですね。
謹んでご冥福をお祈りします。

我が街の師匠、柳家小袁治師の今日のブログで知ったのですが、4月から落語協会のHPが縮小されるそうです。
理事会で「重きを置く必要無し!」と決まったとか!
柳家小袁治師のブログ
何でも会長の市馬師自体が協会のHPを見たことがないというから呆れます。
正直、歌なんか歌ってるより重大ですよこれは!
これからは代演の情報も載らなくなるのでしょうか?
4月以降のHPを見ないと何とも言えないがHP委員は職を解かれるそうです。

この記事に関してはいずれ続報を載せます!
今日はこれを聴いてください

三代目桂米朝 1925年(大正14年)11月6日 -
出囃子『三下り鞨鼓 重要無形文化財保持者
平成27年3月20日死去