asakusa今日はホームグラウンドの浅草の夜席を見て来ました。

到着すると可龍さんが「桃太郎」を演じていて下げにかかるところでした。気のせいかも知れませんが何か痩せた感じがしました。
 一階はほぼ満員でしたので二階に行くと数える程しかいませんでした。中央の一番前に座ります。
 次は幸丸さんで漫談でしたね。健康診断のネタでした。ひでや、やすこさんの夫婦漫才の後は遊雀さんの登場です。今日は「締め込み」に似た「夫婦喧嘩」のネタでした。切れっぷりが凄かったです。

 次が代演で圓丸師で「後生うなぎ」でしたが、女将さんが投げ込まれるバージョンでした。残念です。これは赤ん坊が投げ込まれるから、うなぎ屋と隠居の二人の狂気が浮かび上がるのだと思うのです。これではナマクラな刀と言った感じです。

 初音さんの太神楽の後は仲入り前の高座で雷蔵さんでした。演目は「粗忽長屋」でしたが、ちょっと「死んでる」と言い過ぎでしたね。もう少し言葉を選んだ方が良いと思いました。出来が悪く無かったので残念です。

仲入り後の喰い付きはやはり代演で歌助さんで「都々逸坊や」でした。先日のバージョンとは違いオリジナルのままでした。
 そしてコントD51さんのコントが終わると、これも代演で南なんさんで「転宅」でした。これは南なんさんの持ち味が出ていて良かったと思います。泥棒が良かったですね。

 お次が楽輔さんで、漫談でした。今日は花粉症なのかやたらに鼻を触るのが気になりました。年中触っていたのが気になり噺に集中出来ませんでした。

 京丸京三さんの漫才の後が桃太郎さんで「浮世根問」でした。お魚バージョンでしたね。
 膝代わりはボンボンブラザースさんです、何回見ても見事ですね!

 そしてトリの歌春さんです。例によってマクラをたっぷりやり「鮑のし」に入りました。トリなのでキッチリ時間を掛けて下げまでやり、大熱演でしたね。

 総じて今日は天気が悪かったせいか、噺を投げる人はいませんでした。皆さんかなりの熱演でした。
 やはり通い慣れてる浅草はくつろげますね。