mDSC_8635今日は「松曳き」です。
粗忽の噺の一つですが、この噺に登場してくるのは、実はお殿様なのです。
主人であるお殿様と家臣の三太夫さんがともに物忘れのたちで粗忽者。
お互いに噛み合わないことを言い立てるうちに状況がどんどん混乱してくるという構成になっています。

江戸詰のさる殿様が家臣の田中三太夫を呼び出します。
このお殿様と三太夫さんは、物忘れが激しいうえに粗忽者。
二人はいつも周囲の混乱を招きます。
お殿様は庭の築山横にある赤松を泉水べりへ移そうと提案しますが、三太夫さんは先代の植えた松が、万が一枯れるようなことがあってはいけないと直言します。
「餅は餅屋と申します」と本職の植木職人に移植が可能かどうか訊ねますが、なぜか「餅屋!これ餅屋!」と餅屋を呼びに行ってしまう。やっと呼び出された植木職人が殿様と対面し、松の移植について言上するが、三太夫に「言葉は丁寧に。あたまに”御”、おしまいには”奉る”の言葉をつけるように」とアドバイスされたので、滅茶苦茶な会話になって仕舞います。
そうこうするうち、三太夫に国表(故郷・地元)から書面が届く。書面に目を通した三太夫さんは顔色を変えます。
そこには、「国表において御殿様、姉上様、御死去」、つまり殿の姉が死んだという趣旨が書かれていたのです。
三太夫さんは急いで殿の元へ戻り、このことを報告しますが、実は書面を詳しく読まずに急いで来てしまったので、再び書面を確認しに、帰宅すると、そこには『国表において、御貴殿、姉上様、御死去』、つまり自分の姉が死んだという内容だったことに気いたのです。
このことを改めて殿に謝罪しますが、お殿様は激怒し、三太夫に切腹を申しつけます。
三太夫が腹を切ろうとすると、しばらく考えていたお殿様、
「これ、切腹には及ばん。考えたら、余に姉はなかった」

五代目小さん師を初め、談志師が得意にしていました。
今では白酒さんが得意にしています。
今日は白酒さんで聴いてください。

三代目桃月庵白酒 1968年生 本名 愛甲尚人、出囃子は「江戸」、1992年五街道雲助に弟子入り。「はたご」
1995年6月 二つ目「喜助」、2005年9月真打昇進「桃月庵 白酒」を襲名、
平成22年度国立演芸場花形演芸大賞受賞。平成22年度彩の国落語大賞受賞。