img2007090800101-sanma今年はサンマが何故か高いのですが、皆さんはもう食べられましたでしょうか?
私は先日、やっと食べました。高かったけど美味しかったです。

そこで今日は「目黒の秋刀魚」です。

と言う屁理屈を付けて、もう9月ですのでこの噺と言う事になります。
かなり古くから語られている噺で、生粋の江戸落語です。大体、武士が出て来る噺は江戸が多いですね。

江戸城に居る上様が不意に野駆に出かけると言い出し、さっさと馬に乗り出かけて仕舞います。
中目黒あたり迄来たのですが、弁当を持ってこなかったので、昼時になると腹が減ってしかたありません。
その時どこからか、魚を焼くいい匂いがします。聞くと秋刀魚と言う魚だと言う。

供は「この魚は下衆庶民の食べる下衆魚、決して上様のお口に合う物ではございません」と言う。
上様は「こんなときにそんなことを言っていられるか」と言い、供にさんまを持ってこさせた。これはサンマを直接炭火に突っ込んで焼かれた「隠亡焼き」と呼ばれるもので、上様の口に入れるようなものであるはずがない。
とはいえ食べてみると非常に美味しく、上様はさんまという魚の存在を初めて知り、かつ大好きになります。

それ以来、寝ても覚めても秋刀魚の事ばかりが頭に浮かびます。
ある日、御三家が揃っている処で、上様は秋刀魚の事を聞きますと、水戸様が「我が領地は秋刀魚の産地です」と答えるのを聴いて、「ではさる重陽の節句の時に皆に馳走してくれ」と頼みます。
当日、城内は秋刀魚の山ばかり、これを焼いたものだから、凄い煙が火事だと思い、火消しが来る始末です。
思い通りに秋刀魚を食べた、上様ですが・・・
「これが水戸の本場か?」と訪ねます。
「はい、御意にございます」
「いや〜秋刀魚は目黒に限る」

この筋は、正蔵師のパターンです。他の噺家さんとは違っています。
普通の筋はhttp://blog.livedoor.jp/isogaihajime/archives/1529208.html#more

目黒に限らず、江戸の郊外は将軍家の御鷹狩の場所でした。
ですので、鷹狩と言うと大げさになるので、お忍びでの野駆けと言うのが本当の処でしょうね。

上様が食べた秋刀魚ですが、江戸時代には目黒は芋の産地で行商が盛んに行われていたそうです。
「目黒のいも」の大需要地が、東海道品川宿と、大きな魚市場が当時存在していた芝であったので、
目黒を朝早く出て両地にて芋を売り、その代金で「芝のサンマ」を買って、昼過ぎに歩いて目黒に帰るのが行商人のパターンの一つだったという事です。
ですから、昼過ぎには間に合ったのですね。

秋刀魚は当時は、保存の為、産地(銚子等)で塩を軽く振り、鮮度の維持に努めました。その後船で一昼夜かけて、日本橋に運び込まれたので、一般の人々が食べる頃は、塩味が付いていて、
そのまま焼いても美味しかったそうです。
正蔵師できいて下さい

八代目林家正蔵 明治28(1895)年5月16日〜昭和57(1982)年1月29日 享年86 前名=五代目 蝶花楼馬楽
出囃子=菖蒲浴衣(あやめゆかた) 本名=岡本義